2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 真夏のような暑さの中で”Blue”を聞く。 | トップページ | Kendrick Scott Oracleの新作:驚きはないが,よく出来たアルバム。 »

2019年5月27日 (月)

今回も素晴らしい音場を聞かせるBill Frisell~Thomas Morganのデュオ・ライブ。

_20190526-2 "Epistrophy" Bill Frisell & Thomas Morgan(ECM)

Bill FrisellとThomas Morganのデュオによるライブ,"Small Town"がリリースされたのが2017年のことであった。それから約2年を経て,同時期に同じくVillage Vanguardで録音された姉妹編ライブがリリースされた。前作が出た時,私はVanguardのような場所でこういう演奏が展開されたことに驚きを覚えた(記事はこちら)のだが,今回もメンツが同じなのだから,同一路線であることは当然である。しかし,こうして2枚目が出るってことは,ボツにするには惜し過ぎるとManfred Eicherが感じたからなのかもしれない。まぁ,それも納得できる演奏である。

それにしても面白いレパートリーである。「ラストダンスは私に」とか,「007は二度死ぬ」のテーマ,"You Only Live Twice"とかをやってしまうってのがそもそも普通ではない。だが,こういう曲がタイトル・トラックであるThelonious Monk作"Epistrophy"や"Pannonica"と並んでいても,何の違和感もないってのが逆に凄い。まぁ,前作でも"Goldfinger"をやっていたから,結構007好きなの?と思ってしまう(笑)。年齢からするとビルフリの趣味だろうが...。いずれにしても,"You Only Live Twice"はイントロから,原曲のメロディ・ラインを結構忠実に弾いていて,へぇ~と思ってしまった。こういうのも大いにありだなとも思う。

上述の2曲を除けば,選曲からすれば,結構ジャズ的なチョイスと言うこともできるのだが,サウンドとしては,もはやこれはジャズ的と言うよりも,私にとってはアンビエント的な感覚さえ覚えてしまう。だが,これはやはり中毒性があると感じてしまうアルバムである。甘いの承知で星★★★★☆

Recorded Live at the Village Vanguard in March 2016

Personnel: Bill Frisell(g), Thomas Morgan(b)

« 真夏のような暑さの中で”Blue”を聞く。 | トップページ | Kendrick Scott Oracleの新作:驚きはないが,よく出来たアルバム。 »

ECM」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏のような暑さの中で”Blue”を聞く。 | トップページ | Kendrick Scott Oracleの新作:驚きはないが,よく出来たアルバム。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作