2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« やっぱりNik Bärtschは面白く,心地よい。 | トップページ | Brad Mehldauの新譜”Finding Gabriel”は美しさとスリルを共存させたコンセプト・アルバム。実に面白い。 »

2019年5月20日 (月)

出張中に見た映画:「ハンターキラー 潜航せよ」

Hunter-killer 「ハンターキラー 潜航せよ("Hunter Killer")」('18,米/英/中)

監督:Donovan Marsh

出演:Gerald Butler,Gary Oldman,Common, Michael Nyqvist,Linda Cardellini

先日,短期で韓国に出張したのだが,搭乗したのは成田~釜山便。沖縄に行くより搭乗時間は短いので,映画を見るには中途半端。基本的に往復で1本を見られればいいって感じである。そこで選んだのがこの映画である。

潜水艦ものってのは映画のネタとして,結構な数がある。私の中では「眼下の敵」が最高と思っているが,「レッド・オクトーバーを追え!」も面白かったねぇ。潜水艦ものってまぁそれなりに楽しめる作品もあると思いつつ,実は機内エンタテインメントで見るには結構厳しいという実感が私にはある。以前出張時に「真夏のオリオン」という日本の潜水艦映画を見たことがあるのだが,当然のことながら,海中/海底シーンが多いと画面が暗い。機内エンタテインメントのモニター画面は以前に比べれば改善しているが,そこはエコノミー・クラスの画面に多くを求めてはいかん。だから,この映画を選ぶ時にも「真夏のオリオン」同様に見づらいところがあるだろうなぁと思っていた。結局はそれは今回も同じだったが...。

この映画,それでもって潜水艦映画によくある「男の友情」みたいなものが描かれてしまうところは極めて予定調和的。一方でロシアでクーデターが起こって,現職大統領が拉致されるというある意味無茶苦茶な展開もあるが,海側からだけでは不足と感じたか,陸上側の対応もかなりの時間を割いて描かれている。

ではあるのだが,このストーリー展開の遅さは一体何なのかと思ってしまった。往路で見ていて,どれぐらい時間が経過したかと確認してみるとまだ30分しか経っていない。トータル2時間越えの映画の中で,この緩い展開にはさすがに何とかしてくれと思っていた。まぁ,それでも現在の潜水艦技術,あるいは対魚雷対策ってこんな感じなのねぇと妙なところで感心する部分もあった。それにしてもこれはやはりストーリーに無理があるし,ご都合主義的展開も感じられる凡作。星★★☆。

それにしても,このポスターを見ると,Gary Oldmanが主役級の扱いになっているが,基本的には特別出演的な感じで,別にGary Oldmanじゃなくたっていいじゃんというレベル。

« やっぱりNik Bärtschは面白く,心地よい。 | トップページ | Brad Mehldauの新譜”Finding Gabriel”は美しさとスリルを共存させたコンセプト・アルバム。実に面白い。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱりNik Bärtschは面白く,心地よい。 | トップページ | Brad Mehldauの新譜”Finding Gabriel”は美しさとスリルを共存させたコンセプト・アルバム。実に面白い。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作