2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« やっぱり凄いトリオだったChick Corea Trilogy@Blue Note東京。 | トップページ | 部屋を片付けて久々にLPを聞く。今日はBarney Kessel。 »

2019年4月 8日 (月)

Brad Mehldauの新作,"Finding Gabriel"は5/17リリース予定。これはまたまた問題作と言われそうだ。

Finding-gabriel NonesuchレーベルのWebサイトでも告知されているが,Brad Mehldauの新作"Finding Gabriel"が5/17にリリースされる予定である。本作はシンセサイザーとMarc Giulianaのドラムスでベース・トラックが構成されたようであるが,そこにAmbrose AkinmsireのトランペットやJoel Frahmのテナーが加わるだけでなく,今回のアルバムのキモはおそらくはヴォーカリストの参加であろう。

既にアルバムからは"The Garden"の1曲だけ,ストリーミングで聞けるし,映像もついたものがYouTubeでも公開されているが,これだけ聞いていると,プログレと言ってもよいような響きと言っては言い過ぎか。ヴォーカルはあくまでもサウンドの一部としてのものであり,歌詞はない。アルバムではBrad Mehldauの完全独演(オーバーダビングあり)による演奏も3曲あるようだ。Brad Mehldauの音楽の多様性は前々からわかっていることではあるが,これは問題作扱い確実なアルバムとなるだろう。

そしてこのジャケである。何がBrad Mehldauに起こったのかと言われても仕方ないような,いまだかつてないテイストであるが,YouTubeで公開されている"The Garden"の映像を見ても何のこっちゃって気もするので,これは確信犯だろうなぁ。いずれにしても5/17を楽しみに待つことにしよう。

« やっぱり凄いトリオだったChick Corea Trilogy@Blue Note東京。 | トップページ | 部屋を片付けて久々にLPを聞く。今日はBarney Kessel。 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

私もBrad Mehldauには一目も二目も置いているのですが、そして音楽の追及の心も解りますが・・・・やっぱりオーソドックスなピアノ・トリオが好きですね(それは私の勝手なのかも)。
このような曲は他にませてもいいのではとも思いますが・・・?

風呂井戸さん,こんばんは。

おっしゃることはよくわかります。普通の方はそれでいいと思います。ただ,私の場合はコンプリートを目指す立場なので,全てを聞かねばなりませんし,徹底的に追い掛ける必要がありますので,いかなる音源も来るもの拒まずです(笑)。

これもシンセやコーラスが効いていますが,Ambrose Akinmusireの鋭いトランペット・ソロとか聞きごたえは相当あると思っています。惚れた弱みってやつですかねぇ(笑)。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱり凄いトリオだったChick Corea Trilogy@Blue Note東京。 | トップページ | 部屋を片付けて久々にLPを聞く。今日はBarney Kessel。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作