2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 意表を突いたところにあったBrad Mehldauのデジタル音源。 | トップページ | “Solomon’s Daughter”:こんなものの拡大盤が出るとは... »

2019年4月13日 (土)

これぞ本物のブルーズと思わせるAlberta Hunter。

Alberta-hunter "Amtrak Blues" Alberta Hunter(Columbia)

部屋の片づけをして,アナログ・ディスクが再生できる環境を整えてからは,もっぱら手持ちのLPを聞いている私である。このアルバムはリリースされてから久しくしてから,中古盤でゲットしたものだが,これが実に素晴らしいブルーズ・アルバムである。このアルバムを吹き込んだ頃は83歳とか84歳ぐらいのはずだが,年齢を感じさせない歌唱とはこれのことである。もちろん,年相応の枯れた味わいも出しているのは言うまでもないが,聞けば聞くほどいいアルバムである。

ある意味,このレコードを聞いていると,時間がゆったり流れていくような感覚さえ覚えるが,そうした感じを生み出すのも,この人のキャリアの成せるわざ,あるいは余裕から来るってところか。聞いていて思うのは,これぞ本当のブルーズだってことだが,聞けば聞くほど味が出る。とにかくこれは持っててよかったと思えるブルーズ・アルバム。喜んで星★★★★★としよう。本物ってのはこういうものだ。

Personnel: Alberta Hunter(vo), Gerald Cook(p), Aaron Bell(b), Jackie Williams(ds), Billy Butler(g), Vic Dickenson(tb), Doc Cheatham(tp),Frank Wess(ts, fl), Norris Turney(ts, cl)

« 意表を突いたところにあったBrad Mehldauのデジタル音源。 | トップページ | “Solomon’s Daughter”:こんなものの拡大盤が出るとは... »

ブルーズ」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 意表を突いたところにあったBrad Mehldauのデジタル音源。 | トップページ | “Solomon’s Daughter”:こんなものの拡大盤が出るとは... »

Amazon検索

2018年おすすめ作