2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 部屋を片付けて久々にLPを聞く。今日はBarney Kessel。 | トップページ | 意表を突いたところにあったBrad Mehldauのデジタル音源。 »

2019年4月10日 (水)

“Con Brio“,我が家に来る。

Con-brio "Con Brio" Con Brio(Plug)

このアルバムは,先月末で惜しくも閉店となった新橋のテナーの聖地,Bar D2で何度も聞かせて頂いたものである。マスターの河上さんがお持ちのLPからCD-Rに落とされたものを,お店でプレイバックされていたのだが,Jerry Bergonziが強烈なアルバムとしてそれはそれは燃える演奏なのである。

本作は非常にマイナーなアルバムなので,CD化もされていないが,少なくとも中古盤屋で見たことはなかった。だが,お店の閉店が近づく中,改めてこのアルバムを聞かせて頂いて,猛烈に欲しくなってしまったのであった。そうすると,探せばあるものである。というか簡単に見つかり過ぎて拍子抜けしてしまった。しかも安い。未開封盤が$9.99なのだ。送料が多少かかろうともこれは「買い」なのであった。でもほぼ価格の2.5倍の送料にはまいったが,まぁいいや。

そのアルバムがようやく米国からデリバリーされたのだが,本当にシールドである。35年以上前のアルバムが未開封で残っていたこと自体奇跡的だが,早速聞いてみると,やっぱりこれは素晴らしいと思えるサウンド。しかも我が家のしょぼいオーディオでも,家人がいない隙に結構なボリュームで再生すると,これが燃える。もうこれは手に入れられただけで星★★★★★にしたくなる作品。くぅ~っ,たまりまへん。

Recorded in October 1982 and March 1983

Personnel: Jerry Bergonzi(ts), Mick Goodrick(g), Bruce Gertz(b), Jeff Williams(ds)

« 部屋を片付けて久々にLPを聞く。今日はBarney Kessel。 | トップページ | 意表を突いたところにあったBrad Mehldauのデジタル音源。 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 部屋を片付けて久々にLPを聞く。今日はBarney Kessel。 | トップページ | 意表を突いたところにあったBrad Mehldauのデジタル音源。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作