2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« “Con Brio“,我が家に来る。 | トップページ | これぞ本物のブルーズと思わせるAlberta Hunter。 »

2019年4月11日 (木)

意表を突いたところにあったBrad Mehldauのデジタル音源。

Thank-you "Thank You." Mark Guiliana Featuring Brad Mehldau(ダウンロード)

ブログのお知り合いのkenさんからの情報でその存在を知った音源である。これはMark Guilianaの名義でBandcampで販売されているのだが,作曲はGuilianaながら,演奏はBrad Mehldauが一人で行っているようである。この曲は亡くなったMark Guilianaのお母さんの生前に,Mark Guiliana自身が演奏した最後の曲だそうである。それを演奏するのに最適なのはBrad Mehdauということで,演奏を依頼したものらしい。

これが実にしっとりした演奏である。Mark Guilianaの母への感謝が静かに表現されていて,それをBrad Mehldauが演奏するのだから,これは痺れる。誰よりもMark Guiliana自身が,この演奏を聞いて感涙にむせんだかもしれないと思うのは私だけか。いずれにしても美しい友情と親子愛が生んだ麗しい演奏。

kenさん,ご紹介ありがとうございました。

Personnel: Mark Guiliana(composer),Brad Mehldau(p, synth)

« “Con Brio“,我が家に来る。 | トップページ | これぞ本物のブルーズと思わせるAlberta Hunter。 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “Con Brio“,我が家に来る。 | トップページ | これぞ本物のブルーズと思わせるAlberta Hunter。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作