2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« “Solomon’s Daughter”:こんなものの拡大盤が出るとは... | トップページ | Coltrane愛炸裂,早くも今年2枚目のOndřej Štveráčekの新譜。 »

2019年4月15日 (月)

Vijay IyerとCraig Tabornという才人2人によるフリー・ジャズと現代音楽のハイブリッドって感じの素晴らしい作品。

_20190413-2"The Transitory Poems" Vijay Iyer / Craig Taborn(ECM)

どちらもECMにおいてリーダー・アルバムを持つVijay IyerとCraig Tabornがピアノ・デュオでのライブを行った際の音源である。私なんかの世代でピアノ・デュオと言えば,Herbie HancockとChick Coreaのそれを思い出してしまうが,あっちとは随分と雰囲気が違う。まぁ,HerbieとChickのデュオにおいても,バルトークの「オスティナート」とかをやっていたが,Vijay IyerとCraig Tabornによる演奏は,より現代音楽的なアプローチを感じさせる。主題ではフリー・ジャズと現代音楽のハイブリッドと書いたが,基本的には調性の枠内なので,フリー感はそんなに強いわけではない。しかし,6曲目の"Clear Monolith"と7曲目の"Luminous Brew"はそれぞれフリー・ジャズ界の巨人,Muhal Richard AbramsとCecil Taylorに捧げられているので,やはりフリー的な感覚と言ってもよいかもしれない。

そして2曲目"Sensorium"とラストのメドレーも,2018年に亡くなったJack Whitten(芸術家)とGeri Allenに捧げられており,このライブ全体を彼らへのオマージュとして捉えているとライナーにも書いている。アルバム収録時にはCecil Taylorはまだ存命だったので,オマージュというのは後から生まれてきた感覚だろうが,このアルバムを聞いていると,少なくともこのライブ以前に亡くなった3名に対してはそうした彼らの思いが打ち出されている感覚が強く,決して聞き易い音楽とは言えないこの演奏が,実に心に響いてくる。そして,彼らにとってみれば,よくよく考えてみると,演奏中にCecil Taylorが降りてきたような気が後になってしたのかもしれない。確かに7曲目の冒頭の低音部には私もTaylor的なところを感じた。

Roscoe Mitchellのバンドで共演歴があった彼らにとっても,このライブは特殊な機会,あるいは一期一会的なものだったのかもしれないが,ここで聞かれる集中力は大したもので,私はこの響きに大いに感動したのであった。星★★★★★。やはり才人たちのやることはレベルが違う。

Recorded Live at Frantz Liszt Academy of Music, Budapest on March 12, 2018

Personnel: Vijay Iyer(p),Craig Taborn(p)

« “Solomon’s Daughter”:こんなものの拡大盤が出るとは... | トップページ | Coltrane愛炸裂,早くも今年2枚目のOndřej Štveráčekの新譜。 »

現代音楽」カテゴリの記事

ECM」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

閣下、コメントをありがとうございます。m(_ _)m

どちらも大好きなピアニストで、2人が仲が良かったなんて、、びっくり。
でも、こんな世界を創り出せるって、すごいことだとおもいます!
難しいことは、わからないので音楽に身を任せてしまいました。

ヴィジェイ・アイヤーが、久しぶりに来日しますよねぇ。。
行きたいですね。。

URLをありがとうございます。こちらも貼っておきますね!
http://mysecretroom.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-eb15af.html

Suzuckさん,おはようございます。リンクありがとうございます。

このコンビ,ハイブラウでありながら,知性炸裂ですよねぇ。インプロビゼーションでこのレベルは凄いですね。

Vijayのライブは楽しみに待ちたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “Solomon’s Daughter”:こんなものの拡大盤が出るとは... | トップページ | Coltrane愛炸裂,早くも今年2枚目のOndřej Štveráčekの新譜。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作