2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Elvis CostelloとSteve Nieveのデュオ・ライブの最終回はNY。 | トップページ | 年度末は忙しい...。 »

2019年3月 7日 (木)

休暇中に見た映画:「女王陛下のお気に入り」。

「女王陛下のお気に入り("The Favourite")」('18,アイルランド/米/英,Fox Searchlight)

The_favourite 監督:Yorgos Lanthimos

出演:Olivia Colman, Emma Stone, Rachel Weisz, Nicholas Hoult, James Smith

今年,私はリフレッシュ休暇の対象となっており,本来であれば,5営業日連続で休みを取ることになっているのだが,スケジュール的に無理があり,1日ずつ取るような形になってしまった。そうは言っても,休みは休みなので,映画でも見るかってことで,観に行ったのがこの映画であった。

今年のオスカーの主演女優賞はGlenn Closeが本命と言われていたし,確かに「天才作家の妻 40年目の真実」における彼女の演技は優れたものであったことは事実である。その下馬評をひっくり返したのが,本作におけるOlivia Colmanだったのだが,私がこの映画をチョイスしたのは,その演技を見てみたいと思ったからにほかならない。そして,製作は昨今,オスカーの獲得率が高いFox Searchlightであるから,更に注目度が高まる。

舞台は18世紀,アン女王時代の英国であり,時代背景は事実に即しているが,Rachel Weiszが演じたSaraも,Emma Stoneが演じたAbigailも実在の人物である。しかし,ここでのストーリーが本当だとしたら,実にえげつないと思いつつ,こうしたコスチューム・プレイは実に面白く,ストーリーラインは英国版「大奥」みたいな感じである(笑)。そうした中でOlivia Colmanが演じるQueen Anneはやはり強烈な演技であり,これならオスカーの主演女優賞を受賞したことも肯かせる演じっぷりであった。

そして,彼女を囲むEmma StoneもRachel Weiszもこれまた強烈。二人揃って,オスカーの助演女優賞候補となったこともわかるって感じだが,どちらかと言えば,Emma Stoneが放送禁止用語も連発して,実にエグい。彼女って何でもできるねぇって感じである。Rachel Weiszも実に嫌らしい感じを出していて,ある意味では,3人そろって主演だろうって気もする。

ラスト・シーンはウサギをどう解釈するかにもよるが,わかったようでわからない気がする。しかし,これは映画的にもよく出来ていて,実に楽しめる。この映画をコメディと評することもあるようだが,私にとっては全くコメディでも何でもない極めてまじめに作られた映画だと思えた。これをコメディと考えるならば,相当ブラックだよねぇ。星★★★★☆

« Elvis CostelloとSteve Nieveのデュオ・ライブの最終回はNY。 | トップページ | 年度末は忙しい...。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

これ、エンド・ロールまで恐ろしかった。。です。。。。

Suzuckさん,続けてこんばんは。

これは実によくできたコスチューム・プレイだったと思いますが,セリフは放送禁止用語の使い方は完全に現代的な感じでしたね。いずれにしても実に面白い映画だったと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 休暇中に見た映画:「女王陛下のお気に入り」。:

« Elvis CostelloとSteve Nieveのデュオ・ライブの最終回はNY。 | トップページ | 年度末は忙しい...。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作