2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Larry Grenadierの初リーダー作がベース・ソロ・アルバムとは...。さすがECMである。 | トップページ | 待望!Chris Potterの新作は強烈なエレクトリック路線へ。 »

2019年3月 2日 (土)

Elvis CostelloとSteve Nieveのデュオ・ライブの4回目はボストン。

"Boston" Elvis Costello & Steve Nieve(Warner Brothers)

Costello__nieveElvis CostelloとSteve Nieveのデュオ・ライブEPの4回目はBostonのThe Paradiseでのライブである。"All This Useless Beauty"のプロモーションのため,今回もアルバムから3曲,そして"Imperial Bedroom"から"The Long Honeymoon",そして"My Aim Is True"から"The Angels Want to Wear My Red Shoes",それに大スタンダード"My Funny Valentine"というセレクションである。そのうち2曲はElvis Costelloの弾き語りだが,"Little Atoms"はCostelloの喋りが多くて若干冗長感ありって感じだ。

_20190224_4 やはりここでは"My Funny Valentine"をElvis Costelloがどのように歌うかが注目されるところとは思うが,前にも書いたが,Costelloのような魅力的な声を持っていれば,これは悪くなるはずはないのだ。3分そこそこで終わらせるのがもったいないかなとも思うが,それぐらいあっさりやってもちゃんと印象に残る仕事をするのがプロってことだろう。もう少し突出した個性を感じさせることもできたのではないかと思えるはちょいと残念だが,これぐらいで丁度いいのかもしれないな。

Recorded Live at the Paradise on May 20, 1996

Personnel: Elvis Costello(vo, g), Steve Nieve(p)

« Larry Grenadierの初リーダー作がベース・ソロ・アルバムとは...。さすがECMである。 | トップページ | 待望!Chris Potterの新作は強烈なエレクトリック路線へ。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Elvis CostelloとSteve Nieveのデュオ・ライブの4回目はボストン。:

« Larry Grenadierの初リーダー作がベース・ソロ・アルバムとは...。さすがECMである。 | トップページ | 待望!Chris Potterの新作は強烈なエレクトリック路線へ。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作