2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Giovanni Guidi@イタリア文化会館参戦記 | トップページ | 中年音楽狂 in バンコク »

2019年2月 3日 (日)

敵ながらあっぱれであったカタール代表。日本代表は発展途上ってことで。

アジアカップが終わった。日本代表は最終的に優勝を逃したが,準決勝におけるイラン戦において,このチームの可能性を感じさせたことには収穫があった。しかし,それまでの戦いぶりにはストレスがたまることも多かっただけに,このチームはまだ発展途上なのだということを改めて感じさせた今回の大会であった。

決勝戦は,次回W杯開催国であるカタール代表との一戦だった訳だが,前半の2失点が痛かった。特に2点目のミドルは完全に相手をフリーにしてしまったところ,ゴール左隅に見事に叩き込まれてしまったのは,心理的なダメージが大きい。1点目のオーバーヘッドも,当たりはよくなかったにもかかわらず,飛んだコースがよかっただけって感じもするだけに,その辺りも士気に影響した部分もあろう。しかし,2点目に関しては明らかにディフェンスの寄せが遅れたってことだろう。それにしても,特に前半のカタール代表の前線のスピードには驚かされた。日本代表のディフェンスは相手のスピードについていけず,振り切られるシーンのなんと多かったことか。スピードという強力な武器を持つカタール代表の攻撃は見事なものであった。日本代表も浅野が怪我をしていなければ,同様の攻撃オプションを仕掛けられたようにも思うが,いかんせん今回は途中離脱も含め,怪我人が多過ぎた。

そして,決勝戦においては大迫へのマークが厳しく,決定的なシーンをあまり作れなかったが,後半,運動量が落ちたカタール代表を1点差に追い込んだところでの,吉田のハンドによるPK献上は痛かった。あの3点目で,カタール代表は元気を取り戻してしまった感が強く,明らかに動きが回復していた。

終わってみれば,完敗と言ってもよい試合だったと思うが,特に前半のいいようにやられてしまった感は,今後の日本代表が進化していく上でいい薬になったと考えることにしよう。そして,後半あれだけコーナー・キックをもらっておきながら,そこから得点できなかった攻撃陣をどうするのかという課題も残る。森保監督が今回の結果を受けて,どのような強化を図っていくのかを見守っていきたい。3月にはコロンビア,ボリビアとのテスト・マッチがあるが,そこでどのような選手を試し,どのような戦術を仕掛けるのかに期待しよう。

いずれにしても,あれだけの帰化選手への依存というのはどうなのよ?という指摘はあろうとも,カタール代表の戦いぶりは称賛されるべきものと思う。敵ながらあっぱれであった。 

Almoezali

« Giovanni Guidi@イタリア文化会館参戦記 | トップページ | 中年音楽狂 in バンコク »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Giovanni Guidi@イタリア文化会館参戦記 | トップページ | 中年音楽狂 in バンコク »

Amazon検索

2018年おすすめ作