2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Will Vinson:意欲作=傑作ではないという典型。 | トップページ | 正月休みに見たDVD:懐かしの「ポセイドン・アドベンチャー」 »

2019年1月10日 (木)

"Trilogy 2":これを今年の新譜と言ってよいのかはさておき...。

"Trilogy 2" Chick Corea(Stretch)

_20190106本作は昨年12月にリリースされたものであり,昨年のベスト・アルバムに挙げられている方もいらっしゃるので,これを新譜として紹介することには若干の抵抗があるが,発売されてから1カ月しか経っていないので,まぁよしとしよう。

Chick CoreaがChristian McBride,Brian Bladeというトリオで"Trilogy"をリリースしたのは2013年のことであったが,私はそのアルバムを購入したものの,このブログに記事もアップしていないし,ちゃんと聞いたかもはっきりしない。実にいい加減なものである。しかし,まぁこのメンツであれば,食指が動くのは当然ってことになるが,音源としては2010年から2016年までの複数のヴェニューでの演奏が収められており,純粋に新しい演奏ばかり集めた訳ではない。

だが,このメンツである。時間が経過しようと,演奏の質に大きな違いが生まれる訳ではなく,全編に渡って,Chick Coreaの超有名オリジナルに加え,スタンダードやモダン・ジャズ・オリジナルが満遍なく収められて,これは十分に楽しめるアルバムとなっている。このトリオで4月には日本にやって来るが,生でも聞いてみたいと思わせる(でもチャージが高いので悩む...)。特にここで聞かれるBrian Bladeの歌心に満ちたドラミングを聞いたら,これは間違いなくよいライブになるだろうと思わせるのだ。

その中でも注目は”Now He Sings, Now He Sobs"のオリジナル以来の再演ということになるらしい。これがなかなかにスリリングな演奏であり,Brian Bladeの鋭い切込みにぞくぞくさせられる。16分を越えるアルバム一番の長尺であり,そして最も聞きごたえがあると言っても過言ではない。

もう1曲,Chick Coreaのこれまでのレパートリーとは明らかに異なる,Stevie Wonderの"Pastime Paradise"も注目されるところであったが,正直なところ,これはChick Coreaに合っていると思えなかった。Christian McBrideがアルコのソロで頑張りを見せようと,私にとっては,これを聞くぐらいならStevie Wonderのオリジナルを聞いている方がずっといいと思えてしまったところに限界も感じる。

もちろんここに収められた演奏が非常によく出来たものであり,質の高い演奏であることは否定しないが,予定調和って言ってしまえばそうとも言える訳で,このメンツならではの,もう一段上の驚きがあってもいいように思えなくもない。特にそう思わせるのはMonkの2曲かなって気がする。なので,私としては満点の演奏とは言えないが,星★★★★には十分値する。ってことで,4月のライブに行くかどうかが悩ましい私である。

Recorded Live at Various Venues in 2010, 2012 and 2016

Personnel: Chick Corea(p), Christian McBride(b), Brian Blade(ds)

« Will Vinson:意欲作=傑作ではないという典型。 | トップページ | 正月休みに見たDVD:懐かしの「ポセイドン・アドベンチャー」 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

音楽狂さん、こんにちはmonakaです。
永く聞いていると、振られかたがいろいろ出てきますね。
私この1曲目でやっぱりコリアってすごいと思いました。
貴殿と同じような振れが実は昨年のECMのピアノものに感じて記事にできませんでした。

なんと、別PCからだとコメントが書けます。書き込み不能になったのは、ブラウザFirefoxのアップデートと関係しているのかもしれません。調べてみます。

このアルバム、11月末でベスト3を締め切らないで、12月5日の発売を待って聴いてからにしたいとも思いましたが、祖rはそれで次回の楽しみにとっておきたいと思います。

TBさせていただきます。

閣下、悩んだのですね。笑
私は、ブライアン・ブレイド教の信者なので、悩みません。爆

と、、いわゆる時代の最先端の音楽ではないですよね。
でも、、ジャズの最高峰をゆく演奏であるとおもいます。
私は、去年のベストには、たぶん、、入れなかったとおもいますが、、
それは、嗜好の問題かな、、って。

トラバしますね。

monakaさん,こんにちは。

私も冒頭の"How Deep Is the Ocean"には圧倒されました。全体的に優れた演奏ですが,"How Deep Is the Ocean"のようなトーンで全編貫かれていたら,私も間違いなく最高評価だったと思います。

それにしても,monakaさんが感じられたECMピアノ作での「振れ」って非常に気になりますね。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

ブラウザーによって,結構不具合が出てくるってありますよね。私もIEだとちゃんと表示されないコンテンツって増えていますし。

それはさておき,このアルバム,レベルは高いものの,全編通して全部がいいと思えなかったっていうのが,私の感覚です。でもライブは観てみたい人たちです。

Suzuckさん,こんにちは。TBありがとうございます。

「最先端の音楽ではなく,ジャズの最高峰」っていいことおっしゃいますねぇ。

録音された場所の違いもあって,私には演奏のクォリティにばらつきが感じられるってのが正直なところです。いい演奏は無茶苦茶いいですが,あんまりいけてないのもあるってところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Trilogy 2":これを今年の新譜と言ってよいのかはさておき...。:

» トリロジー2/チック・コリア・トリオ [ジャズCDの個人ページBlog]
最近更新間隔が開いてますが、今月1日に2時間も人前で演奏をやったのはアマチュアに [続きを読む]

» 参りましたっ!  『TRILOGY 2 / Chick Corea Trio』 [My Secret Room]
77歳にして、バリバリの現役、レジェンド・ピアニストのチック・コリア。 彼のスペ [続きを読む]

« Will Vinson:意欲作=傑作ではないという典型。 | トップページ | 正月休みに見たDVD:懐かしの「ポセイドン・アドベンチャー」 »

Amazon検索

2018年おすすめ作