2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久々にMichael Nymanの"The Piano"を聞く。 | トップページ | ようやく到着:Norman SeeffによるJoni Mitchell写真集 »

2019年1月15日 (火)

Quatrette Oblique:ベタな選曲って話もあるが,このメンツには魅かれる。

"Quartette Oblique" (Sunnyside)

_20190112_2FBのお知り合いが取り上げられていて知ったアルバム。昨年秋口のリリースだが,新譜扱いとさせてもらおう。バンド・リーダーのMichael Stephansには申し訳ないが,そのほかのメンツに魅かれて購入したことは間違いない。だってDave Liebman,Marc CoplandにDrew Gressでっせ。

やっている曲はMiles関連が3曲にスタンダード2曲,そして,ジョンアバことJohn Abercrombieと,Drew Gressのオリジナルがそれぞれ1曲ずつ。Milesとスタンダードは相当にベタな選曲と言ってもよいのだが,このメンツでやるとどうなるのかは極めて興味深いのだ。そして,まさにこれが一筋縄ではいかない作りである。中でもDave Liebmanのプレイぶりはやはり突出した感じがある。馴染みの曲をやっても普通にはならないのである。同じ"Nardis"でもBill Evansがやる"Nardis"とここでの"Nardis"の違いの顕著なことよ(当たり前だが...)。

Marc Coplandについては,私は相当のファンだと言ってもよいが,正直なところ,管入りのアルバムはあまり食指が動かないというか,私が保有しているアルバムのほとんどはソロかベースとのデュオかトリオという極端な聞き方をしていると言っても過言ではない。それはDave Liebmanとて例外ではない。Marc CoplandはこれまでもDave Liebmanとのアルバムを何枚か残しているが,それでさえ頑ななまでに買わずにおいてきた。そんな私がこのアルバムに興味を抱いたのは,このベタな選曲によるところが大きいのだ。

ここでのMarc Coplandは相変わらずの美的なトーンと言えて,ここでのLiebmanとの共演ぶりには,私がMichael Breckerとの共演盤に感じたような違和感(記事はこちら)はなかった。特にジョンアバ,Drew Gressのオリジナルにおいて,そうしたMarc Coplandの美感が際立ってところだろう。しかし,"So What"ではかなり激しいフレージングを聞かせて,いろいろできるっところを実証している。

惜しむらくは,公式盤にしては録音状態がイマイチなことか。特にドラムスが奥に引っ込んだ感じだが,別に音楽を聞く上では大した問題ではない。ということで,このメンバーによるユニークな解釈を楽しんだ私である。星★★★★。

Recorded Live at the Deer Head Inn on June 3, 2017

Personnel: Michael Stephans(ds), Dave Liebman(ts, ss), Marc Copland(p), Drew Gress(b)

« 久々にMichael Nymanの"The Piano"を聞く。 | トップページ | ようやく到着:Norman SeeffによるJoni Mitchell写真集 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67583510

この記事へのトラックバック一覧です: Quatrette Oblique:ベタな選曲って話もあるが,このメンツには魅かれる。:

« 久々にMichael Nymanの"The Piano"を聞く。 | トップページ | ようやく到着:Norman SeeffによるJoni Mitchell写真集 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作