2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今日はFleetwood Macの全盛期のライブ盤でも...。 | トップページ | "Stan Getz Quartet in Paris"をこれまた久々に聞く。 »

2019年1月19日 (土)

Pat Methenyの新バンドをブルーノートで聞いた。

7d657b9542c74be89bfbac90d49f6ba9

今年の初ライブとして,Pat Methenyが新しいバンド,"Side Eye"を結成し,そのお披露目ライブが日本で開催されるということで,ブルーノート東京に行ってきた。今回のバンドのキモは私にとってはドラムスのNate Smithである。

Nate SmithがPat Methenyとどのような相性を示すのかについては,冒頭の“All the Things You Are”での二人のバトルのような演奏を聞かされた段階で,私は大いに興奮させられたことからも明らかな通り,全く問題なしである。素晴らしくタイトなNate Smithのドラミングは,Antonio Sanchezに勝るとも劣らないと言ってよいだろう。。

そして,Pat Methenyとしては珍しいブルーズの演奏や,”Little Wing“的に響く曲での,Eric Claptonを彷彿とさせるフレージング等は大いに楽しめた。これが新バンドの新機軸なのか,手慣らしなのかはわからないが,実に興味深い演奏であった。

しかし,今回のライブには大きな問題があった。PAの不調である。それはPat Methenyがセミアコでソロで美しいフレーズを弾きだした時に起こった。ノイズを拾っているのか,エフェクターの接点が不調なのかのような音が,フレージングに被さってきて,気持ち悪いこと甚だしく,私は一気に冷めた。ギター・シンセの演奏時には問題なかったので,セミアコ側の問題だろうが,あれではせっかくの演奏が台無しである。

そもそもPAについては,James Franciesのピアノのイコライザーを効かせまくったような,キンキンした音がした段階で印象が悪かったが,あのギターのノイズで私のストレスは高まってしまった。バカ高いチャージを取るなら,サウンド・チェックぐらいちゃんとやってもらいたいものだ。ファースト・セットはどうだったのかと思ってしまう。専属のPA担当者を連れてきていたようだが,あれではプロの仕事とは言えないだろう。

そんなこともあって,終演後,彼らにスタンディング・オベーションを贈る聴衆を横目に見ながら,座ったまま,内心毒づいていた私であった。

ということで,Nate Smithの優秀さを再確認できたのはよかったし,Pat Methenyのギター・プレイはいつもながらではあったが,やはりあのPAは許しがたい。ということで,私としては不満も残るライブであった。尚,写真はブルーノートのWebサイトから拝借したもの。

Live at ブルーノート東京 on January 17, 2ndセット

Personnel: Pat Metheny(g), James Francies(p, key, org), Nate Smith(ds)

« 今日はFleetwood Macの全盛期のライブ盤でも...。 | トップページ | "Stan Getz Quartet in Paris"をこれまた久々に聞く。 »

ライブ」カテゴリの記事

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pat Methenyの新バンドをブルーノートで聞いた。:

« 今日はFleetwood Macの全盛期のライブ盤でも...。 | トップページ | "Stan Getz Quartet in Paris"をこれまた久々に聞く。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作