2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ようやく到着:Norman SeeffによるJoni Mitchell写真集 | トップページ | 今日はFleetwood Macの全盛期のライブ盤でも...。 »

2019年1月17日 (木)

Michel ColombierによるPhillipe Labro監督作のサントラのコンピレーション盤

"L'Heritier/L'Alpaguer" Michel Colombier (Universal)

_20190113私もいろいろなCDを持っているもんだと思ってしまうが,これなんかなんでこんなものまでって感じのCDである。これはPhillipe Labroが監督した3作品の音楽を集めたオムニバス盤である。3作品のサウンドトラックの全曲が入っている訳ではなく,セレクションとなっている。

Michel Colombierと言えば,豪華なメンツを迎えた自身のリーダー作やFlora Purimのアルバムにより,今でも記憶に残る人である(記事はこちらこちら)。リーダー作の記事にも書いたが,Phillipe Labro監督作品である「相続人」,「潮騒」,そして「危険を買う男」の3作をMichel Colombierは担当しているが,私がこのアルバムを買ったのは,「相続人」のテーマが聞きたかったからである。今聞いても,冒頭に入っている「相続人」のテーマはかなりカッコいい。

実を言うと,私は上記3作のうち,「相続人」だけ見ていないのだが,「潮騒」は梅田の映画館で見て,「危険を買う男」は試写会で見たはずである。だが,私が見た2本がヒットしたって話は聞いたことがないし,内容だってよく覚えていない(爆)。そもそもJean Paul Belmondoは日本ではあまり集客力があるとは思えないし,「潮騒」はYves MontandとKatharine Rossの共演という要素はあっても,それだけではやはり難しいだろう。まぁ,それはさておき,「相続人」のテーマである。正直それ以外はいかにもサントラ的な音なので,こういうのは別に持ってなくてもねぇって感じなのだが,まぁいいや。

昨今のフランス映画熱が高じて,このCDも久しぶりに引っ張り出してきたのだが,まぁ,ご関心のある方はどうぞってところだなぁ。それにしても下の「潮騒」のチラシをよく見てもらうと,Katharine Rossの名前がYves Montandより前に出てるってのが,当時の日本におけるポピュラリティの状況を示しているなぁ。フランス本国(って言うより日本以外)では絶対にありえない(笑)。

Philippe_labro

« ようやく到着:Norman SeeffによるJoni Mitchell写真集 | トップページ | 今日はFleetwood Macの全盛期のライブ盤でも...。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ようやく到着:Norman SeeffによるJoni Mitchell写真集 | トップページ | 今日はFleetwood Macの全盛期のライブ盤でも...。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作