2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 重量級トリオなのだが,結果は微妙なKenny Barronの"Wanton Spirit"。 | トップページ | 保有していることすらすっかり忘れていたDusko Goykovichのボサノバ・アルバム。 »

2019年1月23日 (水)

ヴォーカルを大して聞かない私でさえ痺れるIrene Kralのバラッド集。

"Where Is Love?" Irene Kral(Choice)

_20190114_5主題の通りである。私はジャズ・ヴォーカルを大して聞かない。前にも書いたが,大御所はある程度聞くが,決してジャズ・ヴォーカルが音楽鑑賞の中心になることはない(と開き直る)。そんな私にはジャズ・ヴォーカルを語る資格なんてないだろうと言われれば,その通りである。

だが,私にも夜の帳が降りた後に,しっとりとした音楽を聞きたくなることもあるのだ。そんな時に,ふとプレイバックしてしまう代表はAnn Burtonだったりする。Ann BurtonにはAnn Burtonなりのよさがあるが,それをはるかに凌駕するアルバムがこれだと思っている。

まさに夜,一人で聞くのにこれほど適した音楽があるだろうか。ウイスキーでも片手に聞けば,ついついグラスの数を重ねてしまうのではないかと思える,実に素晴らしいバラッド集である。

名手Alan Broadbentのピアノだけをバックに歌われるここでの歌は,カクテル的に響くのではないかと思えるが,声,歌唱,そしてBroadbentのピアノのどれもが一級品であり,しかも選曲が渋い。まさしく芸術品である。そして,収められているのが決して有名な曲ばかりではないところがいいのだ。このアルバムで初めて聞いたような曲もあるが,こんなアルバムを聞かされたら,傾聴するもよし,聞き流すもよし,そしてこのアルバムは,私にとっては,ほかにノイズの極力入らない環境で,小音量で聞くのが最適なのだ。

誤解を恐れずに言えば,こういう音楽は子供や若者には理解できなくてよい。ある程度年齢を重ねた大人にこそ訴求する音楽。星★★★★★。まじで痺れる。最高だ。

Recorded in December, 1974

Personnel: Irene Kral(vo), Alan Broadbent(p)

« 重量級トリオなのだが,結果は微妙なKenny Barronの"Wanton Spirit"。 | トップページ | 保有していることすらすっかり忘れていたDusko Goykovichのボサノバ・アルバム。 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 重量級トリオなのだが,結果は微妙なKenny Barronの"Wanton Spirit"。 | トップページ | 保有していることすらすっかり忘れていたDusko Goykovichのボサノバ・アルバム。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作