2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« コレクターはつらいよ(23):Crane Like the Birdsの新作に1曲客演。 | トップページ | "Cityscape":Michael Breckerの見事な歌心。 »

2019年1月28日 (月)

これも保有していることを忘れていたEnrico Pieranunzi盤。

"Current Conditions" Enrico Pieranunzi(CAM Jazz)

_20190126CDラックを眺めていて,こんなものを保有していたか?と思うことが増えた今日この頃(爆)。結局聞いてないからそうなるんじゃん,と言われれば反論の余地なしなのだが,これもそんな一枚。

私はEnrico Pieranunziのアルバムを結構保有しているが,もとからかなりの多作家であるから,全部を押さえるなんてことはない。しかし,まぁ重要だろうと思われるアルバムは保有しているし,今やかなりの高値で取引されるIDA原盤のアルバムも何枚か保有している。そうしたEnrico Pieranunziであるが,アルバムのクォリティは玉石混交と言ってもよい。しかし,彼がMarc Johnson,Joey Baronというリズムと組めば,決しておかしなことにはならないと予想できる。なので,私としてはこのトリオによるアルバムもある程度は保有している。

Current_conditionsにもかかわらず,である。このアルバム,ちょっと印象が薄いのはなぜなんだろうなぁと思うわけだが,久しぶりに聞いてみると,いつもの安定度の高いPieranunziトリオであった。CAM Jazzのオリジナルとジャケが違うのも印象が薄いりゆうかもしれない(が,オリジナルのジャケも「空の青さ」ばかりが印象に残るなんてことないジャケだが...)。その後に出る同じメンツによる"Dream Dance"のような強度はないが,これはこれで十分楽しめる星★★★★には値する佳作。

私が珍しくも国内盤を買ったのはボートラ狙いだとは思うが,いい演奏とは認めつつ,別にこれはなくてもねぇって感じのソロ演奏で,あくまでもオマケとして捉えている。さて,またラックの探索でもすることにするか(笑)。

Recorded Live at Radiotre, Rome on November 28, 2001

Personnel: Enrico Pieranunzi(p), Marc Johnson(b), Joey Baron(ds)

« コレクターはつらいよ(23):Crane Like the Birdsの新作に1曲客演。 | トップページ | "Cityscape":Michael Breckerの見事な歌心。 »

ジャズ(2019年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これも保有していることを忘れていたEnrico Pieranunzi盤。:

« コレクターはつらいよ(23):Crane Like the Birdsの新作に1曲客演。 | トップページ | "Cityscape":Michael Breckerの見事な歌心。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作