2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 2018年の回顧:ライブ編 | トップページ | 2018年の回顧:映画編 »

2018年12月25日 (火)

年末になって届いたFred Herschの未発表ライブ音源がいいねぇ。

"Trio '97@ the Village Vanguard" Fred Hersch (Palmetto/King International)

_20181224Fred Herschにとって,名門Village Vanguardはホームグラウンドのようなもので,来年も新年早々に出演が決まっている。そんなFred Herschが自身のトリオでVanguardに初出演したのが1997年のことだそうである。その時の音源が残っていて,それがこの度めでたくリリースされた。

録音されてから既に20年以上の時が経過しているので,現在のFred Herschのスタイルよりはやや力感が強いように感じられる。まぁ,その間には昏睡状態に陥っていた時期がはさまれているので,違いがあるのは当然と言えば,当然かもしれない。

しかし,ここで聞かれる音楽は,その後に通じるFred Herschの美学が表れていて,実に素晴らしい。私にとってはホリデイ・シーズンのギフトとして大いに楽しんだ。それはFred Herschのファンにとっても同様のはずで,彼のキャリアを振り返る時に,非常に意味のある音源の発売を素直に喜びたい。

今回,私が珍しくも国内盤を購入したのは,それは偏にボートラの"The Neaness of You"が聞きたいがゆえである。ライブの場でなら,アンコールとしてソロで演奏されてもよい曲だと思うが,ここでのしっとりしたトリオ演奏で締めくくられるディスクは,行く年を送るに相応しい余韻を残すと言えるだろう。リリースされたことを喜ぶという意味も込めて,甘いとは知りつつ星★★★★★としよう。

Recorded Live at the Village Vanguard on July 18, 1997

Personnel: Fred Hersch(p), Drew Gress(b), Tom Rainey(ds)

« 2018年の回顧:ライブ編 | トップページ | 2018年の回顧:映画編 »

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末になって届いたFred Herschの未発表ライブ音源がいいねぇ。:

« 2018年の回顧:ライブ編 | トップページ | 2018年の回顧:映画編 »

Amazon検索

2018年おすすめ作