2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Antonio Sanchez同様に,怒りを音楽へと昇華させたWayne Escoffery。 | トップページ | 2018年の回顧:ライブ編 »

2018年12月23日 (日)

年末で記事の更新が滞ってしまった。ってことで,今日はECMのAndrew Cyrille作。

"Lebroba" Andrew Cyrille(ECM)

_20181223先日,海外出張から帰国してから,体力的な限界を感じる中,年末の飲み会とか,ゴルフとかもあり,音楽をゆっくり聞いている暇もなかったというのが実感だ。そのため,記事の更新が滞ってしまったが,ここにも何度か書いているように,以前だったら,投稿の間を空けることに抵抗があったが,最近はそうでもなくなってきたというところに,私も加齢を感じるとともに,ブログへの向き合い方にも若干の変化を感じる。できるときにやればいいのであって,無理に書く必要もないってところである。それによって,PV数は伸びなくなるが,まぁ素人なので,別にそれは大したことでも,クリティカルなことでもない。そうは言いつつ,やめる気もないのだが...。ってことで,今日はこのアルバムである。

Andrew CyrilleってECMとあまり結びつかないイメージだったのだが,Ben Monderのアルバムに参加して,更にはリーダー作として,"The Declaration of Musical Independence"を発表して,そして本作につながる訳だが,全てが総帥Manfred Eicherではなく,Sun Chungのプロデュースという共通項がある。Eicherが引退した後のECMレーベルは,このSun Chungに引き継がれていくと思うが,以前にも書いた通り,この人のプロデュース作には独特なアンビエンスが感じられるという印象が強い。

そして,今回はドラムス~ギター~トランペットという変則的な編成で演じられるが,前作にも参加していたビルフリはさておき,このアルバムのキモは私はWadada Leo Smithのラッパだと思う。比較的静謐な音場を切り裂くWadada Leo Smithのトランペットは静かな中にも,独特の興奮を生み出していて,これはいいと思えてしまう。以前のECMにもこういう変則的な組み合わせのセッション・アルバムが存在したが,そうした感覚を思い出させるものとも言える。

ビルフリはベースレスでも関係ないわって感じで,独特な音場を構築しながら,フレージングはらしさをとことん打ち出してきて,Andrew Cyrille名義のアルバムでありながら,3者のコラボ的な部分が強く感じられるし,曲も持ち寄りであるから,緊密な連携作であることは間違いない。

いずれにしても,このアルバム,ECM的なカラーを持たせながらも,こういうアンビエンスはどうよ?って感じの音作りで,私は大いに気に入ってしまった。でもやっぱり本作はWadada Leo Smithがその価値を高めたのは間違いない。星★★★★☆。

Recorded in July, 2017

Personnel: Andrew Cyrille(ds),Wadada Leo Smith(tp), Bill Frisell(g)

« Antonio Sanchez同様に,怒りを音楽へと昇華させたWayne Escoffery。 | トップページ | 2018年の回顧:ライブ編 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

ECMのフリー系の方は、かなりな難物まで聴いていて何ともないのですが、このアルバムの空間の多さで、逆にちょっと、と思う面も出てきてしまいました。これが私のECMに対する壁かな、とも思います。ただ、評価の高い人が中年音楽狂さん含めて複数いらっしゃるので、自分の耳が悪いのかな、と思って聴き直しましたが、印象的にはほぼ同じでした。う~む。

TBさせていただきます。

910さん,TBありがとうございます。

評価はすべからく同じではないと思いますし,合う,合わないってありますから,それはそれでいいのではないでしょうか。私にとっては,リーダーには悪いですが,これはWadada Leo Smithを聞くためのアルバムだと思っています。

プロデューサーのSun Chungは空間系の音作り指向が強いと思われますが,逆に910さんがこのアルバムへの反応がイマイチなのが私には意外でした。しかし,世評の高いアルバム全てがいいとは思えないのは当然ですし,人が駄作というものに魅力を感じる部分もありますから,ご自身の趣味を大事にされた方がいいと思います。私にとっても,人は人,自分は自分ってところはありますから。

ということで,追ってこちらからもTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67512749

この記事へのトラックバック一覧です: 年末で記事の更新が滞ってしまった。ってことで,今日はECMのAndrew Cyrille作。:

» Lebroba/Andrew Cyrille [ジャズCDの個人ページBlog]
11月末近くなってECMの新譜が1枚届いていて、自分たちのライヴも終わったので聴 [続きを読む]

« Antonio Sanchez同様に,怒りを音楽へと昇華させたWayne Escoffery。 | トップページ | 2018年の回顧:ライブ編 »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作