2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 随分と印象が変わってきた平野啓一郎:「ある男」 | トップページ | またもユーミン。今日は「悲しいほどお天気」。 »

2018年12月 9日 (日)

Art Ensemble of Chicagoのボックスが届く。いつ聞くねん?(苦笑)

"The Art Ensemble of Chicago and Associated Ensembles" Various Artists(ECM)

Aec_and_associated_ensembles一部の好き者の間(爆)で話題のボックス・セットである。ECMにおけるArt Ensemble of Chicago(AEC)のアルバムと,AECのメンバーが参加したアルバムを集成したものであり,18アルバム,21枚組のセットである。正直なところ,これを全部聞くのは大変だなぁと思いつつ,私はECM好きの割に,ここに入っているかなりの数のアルバムを保有していなかったので,丁度ええわということで購入である。

なぜ,かなりの数を私が保有していないか?それは不勉強ゆえにAECの音楽の魅力がよくわかっていなかったということが一番大きい。そうは言いながら,AECが山下洋輔と共演した"First Time"やら,Brigitte Fontaineとやった「ラジオのように」とかも聞いているし,Lester Bowieのリーダー及び参加アルバムは比較的持っている。結局のところ,AEC単独での活動,あるいはそこで展開される音楽にやや苦手感があったのかもしれないなぁと思っている。ということで,今日は18アルバム中"I"となっている"Nice Guys"をプレイバックしている。

"Nice Guys" The Art Ensemble of Chicago(ECM)

Nice_guys思えば,私はこのアルバムを,昔LPで保有していた。多分買ったのは10代の後半だったと思うが,その頃には全くこういう音楽を理解できていなかったというのは上述の通りである。だから売り払うのも早かった。その後,私はどっぷりとECMというレーベルにはまっていくわけだが,それでもAECはフォローの対象からははずれていたのである。

ということなので,このアルバムを聞いたのは何十年ぶりってことになってしまうが,やっぱり変わっているというか,この人たちにしかできない音楽だなぁって気がする。完全なフリーではなく,それこそ「アンサンブル」として演じられるところが,この人たちの面白さなのかなぁと改めて感じた私である。でも,最後に収められた"Dreaming of the Master"とかの路線は非常によかった。多分,以前はB面のこの曲まで行きつかなったんだろうなぁ(笑)。星★★★★。

Recorded in May 1978

Personnel: Lester Bowie(tp, celeste, b-ds), Joseph Jerman(ts, ss, as, sopranino, cl, fl, conch shell, vib, gongs, congas, whistles, vo), Roscoe Mithcell(as, ts, ss, piccolo, fl, oboe, cl, gongs), Malachi Favors Maghostut(b, perc, melodica), Famoudou Don Moye(ds, bells, bike horns, congas, tympani, marimba, bongos, chimes, conch shells\, whistle, wood blocks, cowbells)

« 随分と印象が変わってきた平野啓一郎:「ある男」 | トップページ | またもユーミン。今日は「悲しいほどお天気」。 »

ECM」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

偶然ですが、Amazonで安い時があったので、それを狙って正解でした。箱の下を見ると、限定6千BOXの生産のようですね。

実は今日、このBOXのことをブログにアップしようとしたのですが、クレジットがコピペにしても煩雑過ぎて、放ってあります。それにしても、けっこう集めてありますねえ。New Directionsまで入れる必要があったのかどうかは置いておいて。

TBさせていただきます。

とうとう何にも聴かないでブログアップしてしまいました。今回は未発表録音がなかったようなので、そうしておいて後からゆっくり聴こうかなと思ってます。いくつかは重たいのですが、それに向かうのは嫌いでもないので...。でも21枚というのは多いですねえ(笑)。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

以前の私にとっては“Nice Guys”というアルバムは敷居が高かったですが,それも抵抗なくなったってことはやはり経験値ゆえかなって気がします。それでもやっぱり変わってるって感覚には変化はないですが。

いずれにしてもこうして聞き直すチャンスができたことはよかったと思います。

910さん,続けてこんばんは。ボックスの方もTBありがとうございます。

このボックス,1曲でもAECのメンバーが参加していれば入れるという徹底ぶりですから,Lester Bowie全面参加のNew Directionsははずれません。でもAECの音楽と落差はありますよね。

ということで,こちらも追ってTBさせて頂きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Art Ensemble of Chicagoのボックスが届く。いつ聞くねん?(苦笑):

» Nice Guys/Art Ensemble Of Chicago [ジャズCDの個人ページBlog]
Nice Guys/Art Ensemble Of Chicago(ECM 11 [続きを読む]

» The Art Ensemble Of Chicago And Associated Ensembles [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMの21枚組CDBOXが届きました。実は未発表録音などはないようなので、買お [続きを読む]

« 随分と印象が変わってきた平野啓一郎:「ある男」 | トップページ | またもユーミン。今日は「悲しいほどお天気」。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作