最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 今回もKenny Wheelerを想起させたWolfgang MuthspielのECM作 | トップページ | 追悼,Roy Hargrove。 »

2018年11月 4日 (日)

Shai MaestroのECMデビュー作。これもいいねぇ。

"The Dream Thief" Shai Maestro(ECM)

_20181103ブログのお知り合いの皆さんは,以前からこのShai Maestroについては記事にされておられたが,私はほとんど縁のないまま過ごしてきたと言って過言ではない。例外はCamila Mezaの"Traces"ぐらいである。そのアルバムもMezaの声にはまいっていても,伴奏までは全然触れていない(爆。記事はこちら)。Theo BleckmannのECMレーベル作"Elegy"にも参加しているが,それは購入していても,レビューをアップしていない。この辺りに,私の彼に対する関心の低さが表れていると言っても過言ではない。

しかし,そのShai MaestroがECMからアルバムをリリースするとなっては,事情は変わってくる。ここではECMらしい詩的で抒情的なピアノを中心とした演奏を聞かせており,このレーベルのファンにとっては納得の出来と言ってもいいのではないか。昨今,ECMは有望なピアニストを傘下に収めて,いいアルバムを連発しているが,そこにこの一枚も加わったってところだろう。

それにしてもタイトルが「夢泥棒」ってのが,いかにもそれっぽいが,唯一演奏されるスタンダード,"These Foolish Things (Remind Me of You)"で聞かせるソロ・ピアノはKeith Jarrett的な感覚もありながら,やはり美しいという表現しか出てこない。その一方,最後の"What Else Needs to Happen"では米国前オバマ大統領の銃規制のスピーチをコラージュして,音とは違って硬派な主張も打ち出し,通常のECMとはちょっと違った雰囲気も出している。

いずれにしても,非常に聞き易いトリオ演奏であることは間違いなく,この響きに単純に身を委ねていれば,心地よく時間は過ぎていく。まぁ,私としては夢見心地の間に,心を奪われたって感じで,まさにこれが本当の「夢泥棒」。星★★★★☆。

Recorded in April, 2018

Personnel: Shai Maestro(p), Jorge Roeder(b), Ofri Nehemya(ds)

« 今回もKenny Wheelerを想起させたWolfgang MuthspielのECM作 | トップページ | 追悼,Roy Hargrove。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

とにかくECMらしいアルバム。アイヒヤーもかなり力を入れたようですね。静かな情景と美しさを描く手法は希有なトリオ演奏世界、どこか心の奥に迫りが感じるのだが、そこには優しさが残る不思議なアルバムでした。イスラエル臭さも抜けたマエストロが聴けた良盤というところでしょうか。

風呂井戸さん,こんにちは。TBありがとうございます。

「イスラエル臭さも抜けた」というのはその通りかもしれませんね。イスラエル出身のミュージシャンはそこはかとなく,出自を示すような音使いってあると思いますが,ここではECMカラーで脱色,脱臭されているって感じでしょうか。私にとってはそれはいい意味でですが,いずれにしても,この美的感覚は素晴らしいですね。

ということでこちらからもTBさせて頂きます。

リーダー作としては初シャイ・マエストロですが、他レーベルからのリーダー作はイスラエルっぽさがもっと前面に出ていたものもあったようですね。ECMから出るなら、静かな欧州っぽさになるか、それとももっとエキゾチックになるか、だと思いますが、前者で正解だったんじゃないかと思います。いいアルバムですね。

TBさせていただきます。

910さん,続けてこんにちは。TBありがとうございます。

「静かな欧州っぽさになるか、それとももっとエキゾチックになるか、だと思いますが、前者で正解」というのはまさしくおっしゃる通りですね。私のようなリスナーには,あまりエキゾチズムが強いのは...って感じで,こういう美的な感覚で攻めてもらうというのがいいですねぇ。今後のECMでの活動にも期待したいです。

閣下、トラバをありがとうございます。m(_ _)m

皆さまのおっしゃる通り、イスラエル臭は薄いのですが、でも、イスラエルというアイデンテティを持ってないとECM的にはダメなことも事実だとおもうんですよね。
なので、ECM臭で薄まって、いい塩梅って、感じなのでしょうか。。

細い線で丹念に描かれた絵画のような、繊細で美しい瞬間瞬間が収められていて、内省的で、瞑想的な独自な世界でしたね。

トラバいたします!

Suzuckさん,こんばんは。TBありがとうございます。

「細い線で丹念に描かれた絵画」って相変わらずうまいことをおっしゃいますねぇ。詩的だ。

まぁ,イスラエル風味ってのはアイデンティティとしてあるのは当然ですので,それを否定するものではありません。ECMカラーというのはそうしたアイデンティティさえも薄めるってのはある意味罪作りだとは思いつつ,多分こういう方が好きってのが,リスナーのわがままですね。

いずれにしてもいいアルバムでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67341559

この記事へのトラックバック一覧です: Shai MaestroのECMデビュー作。これもいいねぇ。:

» シャイ・マエストロ Shai Maestro Trio 「The Dream Thief」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
流麗なメロディ中に内省的思考が支配 <Jazz>Shai Maestro Tri [続きを読む]

» The Dream Thief/Shai Maestro [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベル新譜2枚目で一段落。シャイ・マエストロは初めて聴くかなあ、と思って [続きを読む]

» 繊細で瞑想的な世界 『The Dream Thief / Shai Maestro』 [My Secret Room]
イスラエルのピアニスト、シャイ・マエストロのECMリーダー・デビュー作。 ペルー [続きを読む]

« 今回もKenny Wheelerを想起させたWolfgang MuthspielのECM作 | トップページ | 追悼,Roy Hargrove。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作