最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 「ガリレオ」シリーズ久々の新作:相変わらず面白いねぇ。 | トップページ | Shai MaestroのECMデビュー作。これもいいねぇ。 »

2018年11月 3日 (土)

今回もKenny Wheelerを想起させたWolfgang MuthspielのECM作

"Where the River Goes" Wolfgang Muthspiel(ECM)

_20181028_2前作"Rising Grace"から比較的短いインターバルでリリースされたWolfgang MuthspielのECMにおけるリーダー作である。前作は約2年前の今頃のリリースだったはずだが,結構豪華なメンツをまたも集めるというのは,ECMレーベルにとっても相当なことである。ドラムスがBrian BladeからEric Harlandに代わっているが,優秀なミュージシャンであることには変わりはない。だが,私にとっては,Brad Mehldauの参加が本作のキモであることは,前作同様である(きっぱり)。

前作を聞いた時に,私はECMの先祖がえりと評した(記事はこちら)が,今回もその印象は変わらない。Ambrose Akimsireのラッパを聞いていると,どうしてもKenny Wheelerの往時のアルバムを思い出してしまうのである。そして,本作のメンバーは必ずしもECMゆかりの人ばかりではないが,セッション・アルバムとしてリリースするところはまさに70年代から80年代のECMにはよくあったことだ。思うに,異種格闘技とまでは行かないが,メンツをとっかえひっかえしながら,アルバムを作っていたようなところもECMにはあった。本作はドラムスを除いて,前作とメンバーは一緒だから,必ずしもそうした企画とは違う。しかし,出てくる音がどうしてもKenny Wheeler的に聞こえてしまうのだ。だが,それは決して悪いことではなく,むしろ私にとっては歓迎すべき音作りだったと言ってよい。

ブルージーな感覚が強いBrad Mehldauのオリジナル"Blueshead"以外が,リーダーMuthspielのオリジナルだが,全編を通じて決して「熱く」ならないのが,ECMらしいところである。まぁ,このジャケットで,ゴリゴリのジャズが出てきたら,逆に笑ってしまうが...。Brad Mehldauとしては助演に徹しているって感じが強いが,やはりこれだけのメンツが揃えば,レベルは高いねぇ。ってことで,毎度のことながらECMには甘い私だが,星★★★★☆。

Recorded in February 2018

 Personnel: Wolfgang Muthspiel(g), Ambrose Akinmsire(tp), Brad Mehldau(p), Larry Grenadier(b), Eric Harland(ds)

« 「ガリレオ」シリーズ久々の新作:相変わらず面白いねぇ。 | トップページ | Shai MaestroのECMデビュー作。これもいいねぇ。 »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

ECMは時々ビックリするくらいのメンバーを集めてきますが、同じミュージシャンで2度目とは(少し入れ替わりはありましたが)。メルドーはメンバーの中では、ミキシングもありますけど、自分としては目立っていた方だと思います。このメンバーでこういうサウンドも、好きですねえ。

TBさせていただきます。

910さん,こんにちは。TBありがとうございます。

長年ECMを聞いていると,こういう感じのアルバムって,なんか懐かしい感じがしますよね。演奏もECMらしいですし,Ambrose Akinmsireがこういうラッパっていう意外感が強いのかもしれませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67322914

この記事へのトラックバック一覧です: 今回もKenny Wheelerを想起させたWolfgang MuthspielのECM作:

» Where The River Goes/Wolfgang Muthspiel [ジャズCDの個人ページBlog]
また新譜が届いたので聴いていきます。今日は今回届いた2枚のECMの1枚目。前も「 [続きを読む]

« 「ガリレオ」シリーズ久々の新作:相変わらず面白いねぇ。 | トップページ | Shai MaestroのECMデビュー作。これもいいねぇ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作