2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 久しぶりに聞いたLyle Maysの初リーダー作 | トップページ | 今更ながら超豪華な作りに驚くLinda Ronstadtの”Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind" »

2018年10月13日 (土)

Michael Nyman, アンビエントだ...。

"Decay Music" Michael Nyman(Obscure)

_20181010同じようなことをしょっちゅう書いているような気もするが,つくづく私もいろいろなCDを持っているものだ。保有していることは認識していても,ほとんど聞かない。そんなCDは実はいくらでもある訳だが,これなんか,クロゼットの奥深くに眠っていた訳ではなく,比較的取り出しやすいところに置いておきながら,ほとんど聞いたこともないのではないかと思えるアルバムなのだ。

もともとこのアルバムはEnoが主宰したObscureレーベルからリリースされたもので,基本的には現代音楽として捉えていいものだろう。かつ,これがMichael Nymanのデビュー・アルバムである。冒頭に収められた"1-100"は100種類の和音を延々弾き続けるというものであり,このゆったりしたテンポは,まさにアンビエントと呼ぶに相応しい。ひたすら奏でられる和音は,どうやってもリスナーに睡魔をもたらす。それが心地よいと思えるか,退屈と感じるかで,この音楽に対する感覚は全く違うものになってしまうだろう。因みに私は当然のことながら前者である(きっぱり)。

2曲目のパーカッションのみで演じられる"Bell Set No. 1"になると,ややアブストラクトな感覚が増すが,それでも音量を落とせば,これも完全にアンビエントの世界である。本CDにはボーナス・トラックとして"1-100"の"Faster Decay"が収録されているが,全然高速感はなく,ここでもアンビエントそのものである。こういう音楽って評価が難しいよなぁと思いつつ,環境と一体化した音楽としては確かにそんな感じである(笑)。

後々,Michael Nymanは映画音楽への取り組みを強化していくが,これが彼のもともとの音楽性の一つってことで,興味深いアルバムである。ただ,これって本当に誰が聞くのかと思いつつ,CDは廃盤らしく,とんでもない値段がついているが,ストリーミングで簡単に聞けるので,何も購入する必要もないかもしれないなぁ。星★★★★。

Personnel: Mychael Nyman(p, perc), Nigel Shipway(perc)

« 久しぶりに聞いたLyle Maysの初リーダー作 | トップページ | 今更ながら超豪華な作りに驚くLinda Ronstadtの”Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind" »

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67257885

この記事へのトラックバック一覧です: Michael Nyman, アンビエントだ...。:

« 久しぶりに聞いたLyle Maysの初リーダー作 | トップページ | 今更ながら超豪華な作りに驚くLinda Ronstadtの”Cry Like a Rainstorm, Howl Like the Wind" »

Amazon検索

2019年おすすめ作

2018年おすすめ作