最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 感動した!Joni Mitchellのワイト島ライブ。 | トップページ | 「ガリレオ」シリーズ久々の新作:相変わらず面白いねぇ。 »

2018年10月31日 (水)

Lars DanielssonとPaolo Fresuが紡ぐショート・ストーリーズって趣。

"Summerwind" Lars Danielsson & Paolo Fresu (ACT)

_20181028今年の秋,私が聞いている新譜はほとんどECMで占められてしまっているが,それらがすべからくいい出来であり,まさに豊作と言ってもよい状態だ。そうした中で,ECMの諸作以上に,私の中で期待値が高まっていたのが本作。何と言っても,Lars DaielssonとPaolo Fresuのデュオなのだ。期待するなって方が無理なのだ。聞く前からこの二人による詩的な世界が広がることは大いに期待できた。

そうした中で,組み合わせの関係でなかなかデリバリーがされなかった本作がようやく届いたのだが,こちらの期待通りと言うか,想定通りの音が出てきて嬉しくなってしまう。そして,本作では最長の「ローズマリーの赤ちゃん」からの"Sleep Safe And Warm"でさえ,4分24秒,多くの曲が2分台という短い曲が並んでいて,二人の静かな対話によって紡ぎだされる短編小説集のような趣である。

やや,エレクトロニクスの風味も加えながら,演じられる15曲は穏やかな演奏に終始するが,秋口から冬場への音楽生活を,瑞々しいものにすること必定と言いたくなるような演奏群なのだ。もちろん,本来のジャズ的な強烈な刺激のある音楽ではない。しかし,こうした音楽を受け入れられないことの,度量の狭小さこそ馬鹿馬鹿しいと言いたくなるような優れたデュエット作品。間にバッハのカンタータ「目覚めよと我らに呼ぶ声あり」なんて曲(ってより,私にとっては「シューブラー・コラール」と言った方がわかりやすい)が挟み込まれるが,これこそそうした原理主義的リスナーに聞かせたいって感じである。

これだけ琴線に触れる演奏をされてしまっては,私としては星★★★★★とせざるをえない。たまらん。まいりました。

Recorded on May 14 & 15, 2018

Personnel: Lars Danielsson(b, cello), Paolo Fresu(tp, fl-h)

« 感動した!Joni Mitchellのワイト島ライブ。 | トップページ | 「ガリレオ」シリーズ久々の新作:相変わらず面白いねぇ。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

閣下、トラバと五つ星、とても嬉しいです!!
本人たちになりかわり、お礼を言いたい!!きぶんです。笑
あぁ、、本当に、、この二人で来日しないでしょうかねぇ。。

この二人がデュオでアルバムを出すなんて、、生きててよかった盤です。
最小限の音数で、哀愁溢れる叙情豊かな世界で、想像力豊かな2人にしか生み出せない世界ですよね。
私たちの心はもちろん、きっと互いの心に響き合う息のあってるんだとおもいます。

トラバしますね!

Suzuckさん,おはようございます。TBありがとうございます。返信が遅くなりました。

まぁ,Suzuckさんが萌え~となることは予想通りですが(笑),私ごときでも十分満足できる作品ですね。この二人らしい演奏を堪能しました。私は幸いFresuはOmar Sosaとのライブを見ることはできましたが,全くいらないタップ・ダンサーとかいて,う~むな部分もありました。ということなので,本当はこの二人で来日して欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67321558

この記事へのトラックバック一覧です: Lars DanielssonとPaolo Fresuが紡ぐショート・ストーリーズって趣。:

» 互いの心に響き合う演奏 『Summerwind / Lars Danielsson Paolo Fresu』 [My Secret Room]
スウェーデンを代表するベーシスト、ラーシュ・ダニエルソンとイタリアを代表するトラ [続きを読む]

« 感動した!Joni Mitchellのワイト島ライブ。 | トップページ | 「ガリレオ」シリーズ久々の新作:相変わらず面白いねぇ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作