最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Hans Otte: このミニマルな響きがたまりまへん。 | トップページ | 安値で入手したMatthew Stevensの初リーダー作。 »

2018年10月23日 (火)

一聴,KeithのEuropean Quartetを想起させたTrygve Seimの新作

"Helsinki Songs" Trygve Seim((ECM)

_20181021書きかけていながら,途中で止まっていた記事を今更ながらアップしよう。振り返ると,1カ月近く放置してしまった。

豊作が続く秋のECMレーベルであるが,これまたいいアルバムである。サックス奏者,Trygve Seimが,ピアノにこれもECMにおける注目株であるKristjan Randaluを迎えた新作だが,一聴して思い浮かべたのがKeith JarrettのEuropean Quartetであった。特に冒頭の"Sol's Song"に聞かれる牧歌的にも,フォーク的にも響く展開がそう感じさせたのは間違いないところで,そうした第一印象を与えるに十分な響きであった。

曲によっては,静謐な展開もあり,まぁ必ずしもKeith的ではないなぁと思わせるが,全編に渡って,粒揃いの曲が並んでいて,これは結構多くのリスナーに受け入れられるのではないかと思わせる。

タイトルに"Helsinki Song"とあるのは,ライナーにあるように,リーダー,Seimがフィンランド,ヘルシンキにあるフィンランド作曲家協会のアパートメントの滞在中に,ここに収められた曲のほとんどを作曲したことによるものだろう。Trugve Seimはノルウェイの人だが,やはり地域的な近接性で通じ合うところもあるんだろうねぇ。

Trygve Seimはその見た目からは想像できないような(笑),リリカルな旋律を生み出しているが,それを支えるKristjan Randaluのピアノが楚々として美しい。こういう音楽を聞いていると,私はまんまとECMの総帥,Manfred Eicherの思うつぼにどんどんはまり込んでいっている気がするが,それでも好きなものは仕方ないのだ。

これもECM好きにはすんなり入ってくる音楽だと思うが,一般的な音楽,あるいはジャズのリスナーにとってはどうなのかなぁと思わせる部分もある。しかし,このスタイリッシュな響きを聞いていれば,私には満足度が高かった。ということで,原則,私はECMには星が甘いがこれも,星★★★★☆としてしまおう。

Recorded in January, 2018

Personnel: Trygve Seim(ts, ss), Kristjan Randalu(p), Mats Eillertsen(b), Markku Ounaskari(ds)

« Hans Otte: このミニマルな響きがたまりまへん。 | トップページ | 安値で入手したMatthew Stevensの初リーダー作。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

全部ではなくても、1曲目でこういう美メロ曲を持ってきたところなんか、反則技ですねえ(笑)。メンバーの良さもあるし、最近はECMは印象的なアルバムが多いと思います。前はTrygve Seimはもっと地味だと思っていましたけど...。

TBさせていただきます。

910さん,続けてこんばんは。こちらもTBありがとうございます。

確かに1曲目は確信犯的なところも感じますが,まぁいい演奏だからいいんじゃないでしょうか。今やKeithにEuropean Quartetの再編を望んでも無理ですから。

いずれにしても,リスナーの心をつかむのがつくづくうまいManfred Eicherって気がしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67195761

この記事へのトラックバック一覧です: 一聴,KeithのEuropean Quartetを想起させたTrygve Seimの新作:

» Helsinki Songs/Trygve Seim [ジャズCDの個人ページBlog]
ECMレーベルの新譜聴き3日目。Trygve Seimってこんなにメロディ美しか [続きを読む]

« Hans Otte: このミニマルな響きがたまりまへん。 | トップページ | 安値で入手したMatthew Stevensの初リーダー作。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作