最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 聞いていて嬉しくなってしまうPedro AznarとDavid Lebonのデュオ作。 | トップページ | 一聴,KeithのEuropean Quartetを想起させたTrygve Seimの新作 »

2018年10月22日 (月)

Hans Otte: このミニマルな響きがたまりまへん。

"Das Buch der Klänge" Herbert Henck(ECM New Series)

_20181019_3Hans Otteという作曲家については今まで聞いたこともなかったが,Herbert HenckがECMで弾いているんだから,これも買ってしまうのが「性」である。

一体どんな音楽なのかということで,プレイバックした瞬間から,美しい和音に彩られたミニマルな響きに思わず嬉しくなってしまった私である。この音,私の好物なのだ(笑)。Hans Otteという人は作曲家でありながら,同時代の現代作曲家を招聘したコンサート・シリーズも開催していたようだ。そうした点を考えれば,このミニマルな響き具合はどういうことなのかとも思えるが,ネット上の情報によると,この人のほかの曲は結構小難しい中,この作品だけが例外のようにも受け取れる。

だが,例外だったとしても,この美しい響きに身を委ねれていれば,私は満足してしまうのだが,Hans Otte自身,この音楽について,"Rediscovers the listners as a partner of sound and silence, who in the quest for his world, wishes for once to be totally at one with sound"なんて言っているようだから,これってやっぱりECMのコンセプトに合致するよなぁなんて思ってしまう。一部アブストラクトな響きも出てくるが,それも含めて心地よい。

この曲のタイトルは英語にすれば,"The Book of Sounds"である。「響きの書」とはまさに言い得て妙。ECMらしいサウンドと相まって,私はこのアルバムのプレイバック中,結構な至福感に浸っていたことを告白してしまおう。いや~気持ちよかった。星★★★★★だ。

Recorded in September, 1997

Personnel: Herbert Henck(p)

« 聞いていて嬉しくなってしまうPedro AznarとDavid Lebonのデュオ作。 | トップページ | 一聴,KeithのEuropean Quartetを想起させたTrygve Seimの新作 »

ECM」カテゴリの記事

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

このアルバムを聴いたのは、もう12年ほど前になるんですが、文章を読み返してみて、はっきりしたメロディが無くて、サウンドの雰囲気だったり、アルペジオだったり、そういうもので成り立っていたのだなあ、と思います。これもミニマルかなあ、なんてことを私も書いてますが、印象的にはけっこうあったと思います。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

私は以前は頑ななまでにECM New Seriesは買ってなかったんですが,人間変われば変わるもんだと思います(苦笑)。SchiffやKremer,そしてReichによって抵抗がなくなり,今や現代音楽系はピアノは買っちゃいますからねぇ。大いなる変節ですね(笑)。

それにしてもこのアルバムは,非常に心地よかったです。やっぱり私はミニマルに惹かれるんだと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67290785

この記事へのトラックバック一覧です: Hans Otte: このミニマルな響きがたまりまへん。:

» Das Buch Der Klange/Hans Otte [ジャズCDの個人ページBlog]
Das Buch Der Klange/Hans Otte(ECM New Se [続きを読む]

« 聞いていて嬉しくなってしまうPedro AznarとDavid Lebonのデュオ作。 | トップページ | 一聴,KeithのEuropean Quartetを想起させたTrygve Seimの新作 »

Amazon検索

2017年おすすめ作