最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Rachael Yamagataの新譜EPにしびれる。 | トップページ | これまた久しぶりに山下洋輔の"Sakura"を聞く。 »

2018年10月26日 (金)

超懐かしいBenoit~Freeman Project

"The Benoit Freeman Project" David Benoit / Russ Freeman(GRP)

_20181021_3私がNYCに在住していた1990年~92年の期間,私の生活のかなりの部分(少なくとも自宅にいる時間帯)は,FM放送に相当世話になっていた。特にWQCD-NY,またの名をCD101.9には本当に世話になった。時はスムーズ・ジャズ全盛期。WQCDのジングルにもほとんどの場合,Smooth Jazzという言葉が差し挟まれていたのも懐かしい。

スムーズ・ジャズってのは結局のところ,クロスオーバー/フュージョンの耳心地を更によくして,イージー・リスニング的な要素を強めていた音楽だと言ってよいだろう。代表的なミュージシャンはKenny Gだったり,今回の主役であるDavid Benoitだったり,Russ Freemanだったりした。そういう意味では,ハイブラウなジャズを志向するリスナーにはかなりバカにされるタイプの音楽だったと言ってもよいだろう。だが,私にとってはRuss FreemanがRippingtonsでやっていた音楽は,リズムが結構強調されていて,心地よいドライビング・ミュージックだったと言ってよいと思う。一方のDavid Benoitの方は,Richard ClaydermanとBill Evansをミックスしたような感じだとずっと思っていた。そんなDavid BenoitがRuss Freemanのライブ盤に1曲ゲストで出てきたときには,へぇ~と思ったのも懐かしい。まぁ,ダブルビルでライブをやって,前半にBenoitが出て,後半のRippingtonsのライブに出てきたってことだろうが...。

そうした中で,当時,フュージョン系のミュージシャンを皆傘下に収めていたレーベルが,この2人を共演させるというのはわからない訳ではないが,本当にやってしまうか~っていうことで,実は大いに期待してこのアルバムを購入したのも非常に懐かしい。出てきた音楽は,まさにこの2人のハイブリッドって感じだったが,そこにKenny Logginsが華を添えたりということで,レーベルとしても相応のセールスを期待したことは間違いないだろう。

このアルバムも,多くの曲が2人による共作で占められていることから,単なるセッション・アルバムではなく,ちゃんと,「プロジェクト」として作ったアルバムであることは好感度を高める要素となっていると思うが,出てくる音はまぁ予定調和的である。それをよしとするかしないかでこの音楽に対する感覚は大きく違ってしまうのは当然である。私の場合は,まぁいいんじゃないって感じだが,それでも結構取り出しやすいところに置いてあるってことは,結構好きなのだ(笑)。正直言ってしまうと,このアルバムはずっと実家に置いてあったものを帰省のタイミングで持ち帰ったものなのだが,安定した音は今聞いても楽しいって感じか。不思議と古臭さを感じさせないのは,打ち込みとかを使わず,ちゃんと演奏しているからだろうと思うが,今の時代でもこういう音楽を作る人はいるよねぇなんて思ってしまう。

いずれにしても,リリースされてもはやほぼ四半世紀ってのも信じがたいが,それでもこういう音楽が,引き継がれて今はChris Bottiが当時の彼らの役割を果たしているってことなのかなぁなんて思ってしまった。今にして思えば,ちょっと甘めの星★★★☆ぐらいには評価してもいかなぁってところか。毒にも薬にもならないって声も上がりそうだが,それが何か?(爆)

Personnel: David Benoit(p), Russ Freeman(g, b, key, synth, perc), Nathan East(b), Abe Laboriel(b), John Robinson(ds, perc), Mike Baird(ds), Tony Morares(ds), Steve Reid(perc), Kenny Loggins(vo), Phil Perry(vo), Vesta(vo), Anjani Thomas(vo), Steven George(vo), Jerry Hey(tp, fl-h), Gary Grant(tp), Dan Higgins(as) with Strings

« Rachael Yamagataの新譜EPにしびれる。 | トップページ | これまた久しぶりに山下洋輔の"Sakura"を聞く。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67298826

この記事へのトラックバック一覧です: 超懐かしいBenoit~Freeman Project:

« Rachael Yamagataの新譜EPにしびれる。 | トップページ | これまた久しぶりに山下洋輔の"Sakura"を聞く。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作