最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« またも素晴らしい作品をリリースしたMarcin Wasilewski。痺れた。 | トップページ | 安定のJLFだが,このジャケはなんとかならなかったのか? »

2018年9月17日 (月)

これも当時は未発表音源の発掘だったStan Getzのライブ。

"My Foolish Heart: Live at the Left Bank" Stan Getz (Label M)

_20180902_4昨今のStan Getz聞きの流れで,これも久しぶりに聞いた。このアルバムがリリースされたのは2000年頃のことのはずだが,これも当時は未発表だったライブ音源がリリースされたものである。このアルバムにおいては,Stan Getzのハード・スウィンガーぶりがよく感じられると言ってよい。

基本的にバラッドはタイトル・トラックと"Spring Is Here"ぐらいで,あとはリズム・セクションもあって,結構ハードに吹いている。バックを支えるRichie Beirach,Dave Holland,Jack DeJohnetteと言えば,Dave Liebmanの"First Visit"のバックのメンツと同じなのだ。そりゃ,いつものGetzとは違うわな~。だからと言って,GetzがLiebmanのようになるかと言えばそんな訳はないのだが(笑)。

しかし,冒頭の"Invitation"から始まって,全編を通じて快調そのもののGetzだ。Jack DeJohnetteはそんなに暴れている感覚はなく,どちらかと言えば,しっかりとGetzを支えているって感じだが,それでもやはりこのリズム・セクションは強烈で,私にはDave Hollandが効いているように感じられた。

いずれにしても,こういう音源も隠れていたのだから,まだまだジャズの巨人たちの未発表音源(特にライブ)なんていくらでもあるのかもしれないなぁと思ってしまった。実にいい演奏である。星★★★★☆。

ところで,このアルバムの最後にはChick Corea作の"Fiesta"という曲が入っているのだが,これは明らかに"La Fiesta"と異なる別曲に聞こえるのだが,これは一体どういうことなのか?う~む...。

Recorded Live at the Left Bank, Baltimore on May 20, 1975

Personnel: Stan Getz(ts), Richie Beirach(p), Dave Holland(b), Jack DeJohnette(ds)

« またも素晴らしい作品をリリースしたMarcin Wasilewski。痺れた。 | トップページ | 安定のJLFだが,このジャケはなんとかならなかったのか? »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67123487

この記事へのトラックバック一覧です: これも当時は未発表音源の発掘だったStan Getzのライブ。:

« またも素晴らしい作品をリリースしたMarcin Wasilewski。痺れた。 | トップページ | 安定のJLFだが,このジャケはなんとかならなかったのか? »

Amazon検索

2017年おすすめ作