最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Tord Gustavsenによるピアノ・トリオの新作は期待通りの出来。そして彼の信仰心を感じさせる。 | トップページ | Barre Phillips,最後(?)のソロ・アルバム。 »

2018年9月20日 (木)

NY弾丸出張中に見た映画。

Jennifer_lawrence

先日の2泊4日のNY弾丸出張は体力的にも非常に厳しかったが,往復の機内でも実はあまり寝ていないというのが実態であった。寝てないんだったら,何してんのよ?って聞かれれば,当然機内エンタテインメントで映画を見ていた。その全てについて書いていると大変なので,忘れないうちにまとめて書いておこう。今回見た映画は以下の8本であった。我ながらよくやるわ。

  1. 15時17分,パリ行き("The 15:17 to Paris")
  2. デッドプール2("Deadpool 2")
  3. デス・ウイッシュ("Death Wish")
  4. トレイン・ミッション("The Commuter")
  5. 名探偵コナン ゼロの執行人
  6. レッド・スパロー("Red Sparrow")
  7. のみとり侍
  8. 空飛ぶタイヤ

日本映画が3本も入っているのが珍しいが,ちょっと今回はどれもイマイチだなぁって気がする。一番期待したのはClint Eastwood監督による「15時17分,パリ行き」であったが,実際の面々に演技をさせることはさておき,これはドラマとして,背景を描くことに多くを割いたことにより,本来の題材である列車テロのシーンが,それだけ?みたいになってしまうのが何だかなぁって感じである。昨今,Eastwoodは実話をテーマにした映画を結構撮っているが,これは一番の失敗作に思える。これは正直言って,シナリオの問題が大きかった。

「デッドプール2」は,X-MenをパロディにするのはMarvelとしてありだと思うが,正直言って何が面白いのかよくわからない展開で,コメディとアクションを両立させるのは,実は難しいのではないかとずっと思っていた。「デス・ウイッシュ」は懐かしや「狼よさらば」のリメイク作である。オリジナルでCharles Bronsonが演じた役は,今度はBruce Willisが演じる。いつもバリバリのアクションをこなすBruce Willisが銃も撃ったことのない外科医を演じるってのは,どうなのかねぇ。また,悪役側の粘着質さが嫌らしくて感じが悪いが,まぁ,こんなもんかって感じである。

「トレイン・ミッション」はこの手の映画に盛んに出ているLiam Neesonの映画であるが,映画の内容はさておき,知っている場所でのロケーションが出てきて,そちらに反応していたと言うのが実態。これもストーリーはかなり無茶苦茶な映画であるが,まぁいいや。「名探偵コナン」シリーズは,興行収入もよく,人気であるが,今回の一作もなかなか面白いと思わせたが,アニメらしいありえなさもあって,昔の「ルパン3世」とかを思い出して笑いながら見ていた私である。まぁ,それでも,大人が見ても結構楽しめてしまうのが,このシリーズのいいところである。

「レッド・スパロー」はこれって今の時代の話なのかと思わせる部分もあったが,何はなくともJennifer Lawrenceってこんなに別嬪だったかと,ずっと思っていた私である。私がそう思ったのはこういう感じというのを上下に1枚ずつ画像をアップしておくが,今までの彼女のイメージと全然違ったと言っておこう。また,この映画には,懐かしやCharlotte Ramplingが出ていたのには驚いたが,まだまだ現役で頑張っているのねぇ。素晴らしいことであるが,今回の鬼教官みたいな役はやっぱりはまるねぇ。

「のみとり侍」は裸もぼんぼん出てくる艶笑映画であるが,こういうのを誰が見るのかわからない機内エンタテインメントでやってしまうことには,批判もあるだろうなぁと思いつつ,気楽に見られるという点ではいいが,やっぱりこういうのを機内で見ていると人の目は気になるねぇ(爆)。そして「空飛ぶタイヤ」だが,池井戸潤らしいストーリーだなぁと思いつつ,あの自動車会社があそこで,あの銀行があれでと思って見ていると,露骨だなぁと思ってしまう。まぁ,でも実態もこの映画に近い部分もあったのかと思うと,困ったもんだなぁと思ってしまう。ただねぇ,このキャストはどうなのよって気はするが...。

ってことで,機内での時間を過ごすのに機内エンタテインメントは欠かせないものの,今回の目玉は「ハン・ソロ」だったように思う。でも劇場で見てしまっていたし,再見するほどの魅力も感じなかったので,上記のようなチョイスになったが,一本ぐらいこれはよかったってのが欲しいよねぇ。そんな中では,まぁ「レッド・スパロー」はJennifer Lawrenceに免じて許すって感じか。ただ,ちょいと長い(140分)のは気に入らないが。

でもまたすぐにNY便に乗ることになっているので,次はもう少し渋い映画をチョイスするかな(爆)。

Jenniferlawrenceinredsparrowmoviedh

« Tord Gustavsenによるピアノ・トリオの新作は期待通りの出来。そして彼の信仰心を感じさせる。 | トップページ | Barre Phillips,最後(?)のソロ・アルバム。 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67172628

この記事へのトラックバック一覧です: NY弾丸出張中に見た映画。:

« Tord Gustavsenによるピアノ・トリオの新作は期待通りの出来。そして彼の信仰心を感じさせる。 | トップページ | Barre Phillips,最後(?)のソロ・アルバム。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作