最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Kurt Rosenwinkel@Cotton Club参戦記 | トップページ | Stan Getzの"Apasionado"を改めて聞いて反省する。 »

2018年9月 8日 (土)

古希を過ぎてもいまだ現役のJeff Beckの99年作"Who Else!"

"Who Else!" Jeff Beck(Epic)

_20180902_270歳を過ぎても現役を続け,現在も尖ったギターを聞かせてくれるJeff Beckである。昨今のアルバムはストリーミングで聞けばいいやってレベルの聞き方になってしまった私であるが,このアルバムぐらいまでは結構ちゃんと聞いていたかなぁって気がする。

私は「ギターの鬼」としてのJeff Beckが好きなので,基本的にインスト・アルバムを中心に買っている。そんな私がJeff Beckのアルバムはもう買わなくてもいいかなぁなんて思ったのは"Emotions & Commotions"であったが,それまではインスト中心のアルバムはせっせと買っていた。Ronnie Scott'sでのライブなんて,映像にびっくりさせられていたしねぇ。

そんな聞き手である私にとっても,このアルバムは舞の海ではないが,ギターの「技のデパート」のような感じで,久しぶりに聞いても,おぉ~っと何度も唸ってしまった。電車で聞いていたら確実におかしな目で見られていたであろう反応をしてしまった(爆)。とにかくハード・ボイルド。恐るべきギター・フレーズの数々である。もちろん,"Blow by Blow"や"Wired"を凌駕するとは言わないが,これはこれでJeff Beckの変らぬ尖り具合を大いに楽しめるアルバム。現在のJeff Beckのライブの演奏のひな型になっているのはこの辺りだったのかもなぁと改めて感じた一枚。

ライブ音源である"Brush with the Blues"を聞いて何も感じなければ,Jeff Beckとは一生縁はないと思ってよい。星★★★★☆。いやはや凄いよねぇ。

Personnel: Jeff Beck(g), Jennifer Batten(g), Steve Alexander(ds), Randy Hope-Taylor(b), Tony Hymas(key), Pino Palladino(b), Manu Katche(ds, perc), Jan Hammer(key, ds), Clive Bell(fl), Bob Loveday(vln), Mark John(g), Simon Wallace(synth)

« Kurt Rosenwinkel@Cotton Club参戦記 | トップページ | Stan Getzの"Apasionado"を改めて聞いて反省する。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67122696

この記事へのトラックバック一覧です: 古希を過ぎてもいまだ現役のJeff Beckの99年作"Who Else!":

« Kurt Rosenwinkel@Cotton Club参戦記 | トップページ | Stan Getzの"Apasionado"を改めて聞いて反省する。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作