2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2017年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Pat Martino@Cotton Club参戦記 | トップページ | この記事がアップされる頃は...。 »

2018年9月30日 (日)

ECM New Seriesから今日はMosolovのピアノ曲集。

"Alexandr Mosolov" Herbert Henck (ECM)

_20180923ここのところ,ボックス・セット聞きが続いていたので,ちょっと気分を変えよう。私はECM New Seriesについては長年手を出さずにいた。Steve Reichは基本的にNew Seriesに入ると思うが,最初はNew Seriesが存在していなかったはすであるから,普通にECMの作品としてリリースされていたと記憶する。昔からReichが結構好きだった私は,ECMのReich作品は買っていたものの,そのほかのNew Seriesについては,Andras Schiffが吹き込むようになるまで,ほとんど購入していなかったと言ってもよい。しかし,いつの頃からか,現代音楽のピアノ曲に関しては,ECM New Seriesからリリースされる音楽が素晴らしいと感じるようになって,今では現代音楽のピアノ曲に関しては,せっせと買うようになっているのだから,人間は変われば変わるものである。

そんなECM New Seriesにおいて,ピアノ曲のアルバムを最も吹き込んでいるのは,多分このHerbert Henckだろうと思う。カタログには8枚載っているが,Jean Barraquéのピアノ・ソナタだけは廃盤状態のようである。だが,私はそれ以外のアルバムは保有していて,直近で入手したHenckのアルバムの一枚がこれである。

不勉強にして,ここでHenckが取り上げたAlexandr Mosolovという作曲家については,初めて聞いたが,調べてみると,旧ソ連時代には反体制の疑いをかけられ,相当シビアな生活を強いられた人のようである。1900年に生まれて,ここに収められた曲は1920年代中盤に書かれているので,かなり若い時期の作品となる。だが,その後強制労働に送り込まれてしまったようなので,作曲家としてのキャリアは30年代以降停滞してしまうことになる。だが,20代半ばで書かれた音楽としては,構造がしっかりしたピアノ曲であり,そんなにアバンギャルドな感じはしないが,ロシア的な重量感はあるかなぁって気がする。

どちらかと言うと,私が好む現代音楽のピアノ曲は,もう少し「間」を重視した曲が多いので,本作に収められた曲は,ちょいとタイプが違うように思えるのだが,それでもこうして全く聞いたこともない(そして,自分では決して見つけることのない)ような音楽に出会えるのも,ECM New Seriesゆえってことになるだろう。それはそれでありがたいことである。星★★★★。

Recorded in March 1995

Personnel: Herbert Henck(p)

« Pat Martino@Cotton Club参戦記 | トップページ | この記事がアップされる頃は...。 »

現代音楽」カテゴリの記事

ECM」カテゴリの記事

コメント

現代曲と云うより、スクリャービンとかショスタコーヴィッチ好き向きのアルバムですね。私がそう。非常に美味しいアルバム。ヘンクが好みでゆっくり集めてますが、現代曲だけでなく、モンポウとかこんなのも大好きです。

http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/entry/2018/12/30/085331?_ga=2.1117686.616401475.1546125557-2081481174.1439592022

kenさん,こんばんは。

一般的な現代曲とは異なる響きでしたが,いかにもロシアって感じが面白かったです。正直,私の好みと若干違うんですが,こういう音楽に接することができるのもECMですよね。

ってことでよいお年をお迎え下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ECM New Seriesから今日はMosolovのピアノ曲集。:

« Pat Martino@Cotton Club参戦記 | トップページ | この記事がアップされる頃は...。 »

Amazon検索

2018年おすすめ作