2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Stan Getzの"Apasionado"を改めて聞いて反省する。 | トップページ | Arturo Sandoval@Blue Note東京:まさにエンタテインメントですな。 »

2018年9月13日 (木)

ECM豊作の秋ってところか。

先週のNYC弾丸出張から帰国した後,体調をおかしくしたりして,音楽について書いている暇も余裕もない。日本は自然災害にも襲われており,不謹慎な投稿は控えないといかんという気持ちもある。被災された皆さまには,ご無事と早期の復興をお祈りするばかりである。

その一方で,ECMレーベルを好む人間にとっては,この秋口は非常に芳醇な季節となること必定である。私が現在のECMにおけるピアノの2トップと思っているTord GusravsenとMarcin Wasilewskiの各々のトリオ・アルバムがリリースされたのである。まだ両方ともちゃんと聞けていないが,一聴でもどちらも素晴らしい出来と思えるものとなっていると思える。特にMarcin Wasilewskiのアルバムは印象が強烈で,今から記事にするのが楽しみである。それにしても,凄い人たちである。

« Stan Getzの"Apasionado"を改めて聞いて反省する。 | トップページ | Arturo Sandoval@Blue Note東京:まさにエンタテインメントですな。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67159856

この記事へのトラックバック一覧です: ECM豊作の秋ってところか。:

« Stan Getzの"Apasionado"を改めて聞いて反省する。 | トップページ | Arturo Sandoval@Blue Note東京:まさにエンタテインメントですな。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作