2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これがNik Bärtsch's Roninの第1作。 | トップページ | Kurt Rosenwinkel@Cotton Club参戦記 »

2018年9月 6日 (木)

Baldwin & Lepsって言っても好き者にしか通じないよねぇ(苦笑)。

"Baldwin & Leps" (Vanguard)

_20180902何とも印象的なジャケットである。そして「ブラックホークの99枚」にも選ばれていることで,好き者は知っているが,関心のない人にとってはなんじゃそれは?にしかならないアルバムである。一度,日本でもCDでリリースされたことがあるが,それも20年前。そちらは入手は決して容易ではあるまい。かく言う私も入手は苦労したが,ゲットしたのは今はなき町田の「オスカー」だったか...。

アルバム・ジャケからもわかる通り,ギターとヴァイオリンのデュオである。このアルバムは今やCDBabyで"From the Street to the Studio"というタイトルで入手可能で,そこでの解説によれば,Michael Bladwinがギターとリード・ヴォーカル,Ricahrd Lepsがヴァイオリンとハーモニー・ヴォーカルということである。ジャケにも何も書いていないが,バックにはリズムやストリングスが入る曲もある。とにかく音以外は謎なのだが,"From the Street to the Studio"というタイトルからすれば,もともとはストリート・ミュージシャンだった2人にレコーディングのチャンスが与えられたということであろう。

だが,その後,消息を絶つというのは,このアルバムがリリースされた時代(1971年)でさえ,大して売れそうにないなぁという音を聞けば納得がいってしまう。しかし,このせかせかした時代にこういう音楽で和むということは,ある意味価値があるのではないかと思う。リズムが入ったイントロはいかにもCSN&Y的に響くところも時代を感じさせるが,私のようなオッサンにはこれぐらいの感覚のアルバムもたまに聞きたくなるのは,渋いシンガー・ソングライター好きの性ってやつである。

Michael_baldwin_and_richard_lepsそうは言いながら,私がこのアルバムをプレイバックする回数は実はそれほど多くない。それはMichael Baldwinのハイトーンの声が若干私の好みとは違う(むしろRichard Lepsの声の方が好みなのだ)ことが大きいが,それでもこれはこれで保有していて損はないアルバムだと思う。不朽の名作とは思えないが,これも時代を映す鏡である。星★★★★。ついでに現在入手可能なヴァージョンのジャケも掲載しておこう。これでは購入意欲は上がらないが(爆)。

Personnel: Michale Baldwin(vo, g), Richard Leps(vln, vo)

« これがNik Bärtsch's Roninの第1作。 | トップページ | Kurt Rosenwinkel@Cotton Club参戦記 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67122573

この記事へのトラックバック一覧です: Baldwin & Lepsって言っても好き者にしか通じないよねぇ(苦笑)。:

« これがNik Bärtsch's Roninの第1作。 | トップページ | Kurt Rosenwinkel@Cotton Club参戦記 »

Amazon検索

2017年おすすめ作