最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 追悼,Aretha Franklin | トップページ | 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」:まさにノンストップ・アクション »

2018年8月18日 (土)

"Young, Gifted and Black"とはまさにArethaのためにある言葉であった。

Aretha_albums

"Young, Gifted and Black" Aretha Franklin(Atlantic)

Aretha Franklinの訃報に接してから,彼女の音源ばかりを聞いていた私である。と言っても,それほど多くの音源を保有している訳ではないが,Filmoreのライブ完全版を聞いた後,取り出したのがこれであった。

彼女がどうして"Rock & Roll Hall of Fame"の殿堂入りを果たしたかは,このアルバムの彼女のオリジナル"Rock Steady"を聞けばわかるはずである。ソウルでありながら,もはやロックと言っても過言ではない彼女の歌いっぷりを聞けば,殿堂入りは当然である。

そして,何とも言い得て妙なアルバム・タイトルではないか。若くて,才能があって,そして黒人というタイトルは,黒人の米国におけるポジションを高めるのに貢献したはずだと当然思いたくなる。これを聞いて,"I Never Loved a Man the Way I Love You"を聞き,そして"Amazing Grace"の完全版でのArethaの完璧なるゴスペル歌唱を聞いて,神の元へ召されたArethaを追悼した私であった。まさに人類は偉大なる才能を失ったと思わされたアルバム群。

改めてではあるが,R.I.P.

« 追悼,Aretha Franklin | トップページ | 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」:まさにノンストップ・アクション »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67070276

この記事へのトラックバック一覧です: "Young, Gifted and Black"とはまさにArethaのためにある言葉であった。:

« 追悼,Aretha Franklin | トップページ | 「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」:まさにノンストップ・アクション »

Amazon検索

2017年おすすめ作