2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 凄い老人としか言いようがないBuddy Guyの新作 | トップページ | Chick Coreaつながりで今日は"The Mad Hatter" »

2018年8月31日 (金)

これまた久しぶりに聞いた"Time Warp":Chick CoreaとBob Bergの共演がキモだよな。

"Time Warp" Chick Corea (GRP)

_20180830Chick CoreaがBob Bergと共演したアルバムはこれと"Enter the Sprit"ぐらいではないかと思うが,後者はChickは限定的な参加だけに,このアルバムは両者の本格的な共演を収めたという点では貴重である。まぁ,ライブではMichael Breckerに代わって,Three Quurtets Bandに参加したこともあるようだが,レコーディングそのものは限定的なはずである。

このアルバムはChick Corea「お得意」のコンセプト・アルバムらしく,ライナーにはストーリーが書かれているが,別に聞く方はそんなものがなくても,純粋に音楽だけで聞けると思える。まぁ,ストーリーと紐づいたであろうジャケは,全く私の趣味ではないので,これで購買意欲が上がらるはずもなく,実は入手したのははるか後年になってからで,中古でのゲットだったと記憶する。

まぁ,そうは言っても,ChickにBob Berg,それにJohn PatitucciにGary Novakでは,タイトな音が出てくるのは想定内であった。そして,まぁ大体想像通りの音で,安心感はあるなぁってところである。

昔になるが,私はかなりのChick Coreaの追っかけみたいなところがあり,若かりし頃の私であれば,いの一番に入手していたに違いないこうしたアルバムでさえも買わずにいたというのは。Chick Coreaのアルバムの出来に波があると考えるようになって,何でも買うっていう感じにはなれなかったからだと思う。ある意味,昔感じていたようなChick Coreaに対する熱が冷めたことは間違いない。それはChick Coreaの多作についていけないと感じたところもあっただろう。それでも,改めてこのアルバムを聞いてみると,もう少し熱量があってもいいようにも感じるが,甘くは流れないので,相応に楽しめる。

ここでのBob Bergは結構ソプラノも吹いているが,やはりテナーの方が私には好みだと思ってしまう。よりハードボイルドな感覚はテナーの方が味わえるってところである。私としては,コンセプト・アルバムとしての意義はほとんど感じないが,純粋に音楽だけで捉えれば,ちょっと甘めの星★★★★ぐらいってところだろう。結構かっこいいんだよね~。やっぱBob Bergですわ(笑)。

Personnel: Chick Corea(p), Bob Berg(ss, ts), John Patitucci(b), Gary Novak(ds)

« 凄い老人としか言いようがないBuddy Guyの新作 | トップページ | Chick Coreaつながりで今日は"The Mad Hatter" »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

音楽狂様 こんばんは。kimaです。
わたしもこの盤は時々聴きたくなるのですが、
昔出た5枚組のアンソロジー、Music Forever & Beyondの5枚目がこのカルテットのスタンダード集でしたね。おそらくtimewarpと同じセッションじゃないかと思うのですが、最後のstoryだけオリジナルで、それがえらくカッコよく、よく聴きます。
あとこのカルテットのブートなど、あるようで無いような。何かご存知でしたら教えて頂けると嬉しいです。gary novakとchickの組み合わせ、どういうわけか好きなのです。

ki-maさん,おはようございます。返信が遅くなり大変申し訳ありません。出張やら何やらで記事の更新もできていません。

"Music, Forever & Beyond"のことはすっかり失念していました。改めて聞いてみることにします。お尋ねのブート音源ですが,YouTubeにこのメンツでの映像がありましたので,お知らせしておきます。まぁ,こういうのがブートの元ネタになるってことですよね。
https://www.youtube.com/watch?v=KutuNRbCXf4

音楽狂様
コメントありがとうございます!
お忙しいところ無理言いましてすみません。
YouTube、あるある、ありますね。
ここはチェックしませんでした。
ありがとうございました!

ki−maさん,こんばんは。お役に立てて幸いです。

Bob BergとChick Coreaがやった音源はほかにもありますが,そっちはリズムがGomez〜Gaddですね。“Friends”のJoe FarrellをBob Bergに置き換えた感じですが,ちょっと合ってない気がします。それに比べるとご紹介した演奏の方がいいと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/67113411

この記事へのトラックバック一覧です: これまた久しぶりに聞いた"Time Warp":Chick CoreaとBob Bergの共演がキモだよな。:

« 凄い老人としか言いようがないBuddy Guyの新作 | トップページ | Chick Coreaつながりで今日は"The Mad Hatter" »

Amazon検索

2017年おすすめ作