最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« VARは是か非か。 | トップページ | Utopiaボックスがようやく到着。 »

2018年7月 4日 (水)

惜しかった!頑張った!! ありがとう,日本代表!!!

Photo

ワールドカップ決勝トーナメントの日本対ベルギーの戦いは実に素晴らしい一戦であった。前半,ベルギーに押し込まれ,防戦一方となる時間もあった日本がなんとか0対0でしのぎ,後半の3分,7分と原口,乾が立て続けにゴールした時は,私は早朝にもかかわらず,大いに興奮させられたし,新たなジャイアント・キリングかとマジで思わせた。原口のゴールも,乾のゴールも実に見事なものであり,特に乾の無回転ミドルはまさにビューティフル・ゴールと言ってよいものであった。

Photo_2このまま行けるのではないかと思わせたところでの,フェルトンゲンのヘッドがふらふらと上がって,入ってしまったあの一点目が痛かった。ある意味あんなへなちょこゴールをされるぐらいなら,ドカンと一発突き刺された方が諦めもつくというものである。あれはかなり精神的なダメージを与えたはずであるし,ベルギーには活力を与えてしまった。

そして,ベルギーの選手交代の妙と言うべきか,高さを誇るフェライニのヘッドによる同点ゴールは,まさに狙い通りの得点であった。それでもその段階では同点であったし,本田のFKは惜しくもセーブされたものの,アディショナル・タイムでの大きな得点機であった。そして,4分のアディショナル・タイムも残り30秒となったところで,日本はコーナーキックを獲得したのだが,残り時間を考えて点を取りに行ったというその気持ちは理解できない訳ではない。しかし,その後,ベルギーにこれ以上はないというカウンターを完璧に決められ,何とも憎らしいことにゴール前でルカクがスルーし,これも交代で入ったシャドリが決勝点をあげるという結果を生んでしまった。

Photo_3結果論になるが,あのCKをショート・コーナーを使って,時間ギリギリになるまでボールを保持し,最終的にシュートで終えていれば,得点,あるいは延長戦という可能性もあったように思えるだけに,あの時間帯でのコーナーキックの判断の是非は問われても仕方がない部分はある。だが,勝利を目指してのCKであり,かつベルギーの残り30秒からのカウンターが本当に完璧だったことを考えると,残念だったが,負けは負けである。

私はポーランド戦の戦術に関しては徹底的に批判したが,ベルギーとは正々堂々戦って欲しいと,このブログにも書いた。そして彼らは正々堂々と戦い,正々堂々と散った。まさにこれこそポーランド戦では感じることができなかったスポーツマンシップである。このゲームは大きな感動を多くの人に与えたはずだし,日本代表が一皮むける契機になるのではないかと期待できる試合であった。

本当に惜しかった。でも日本代表はよく頑張った。乾,原口,酒井宏樹の涙を見て,朝から私はもらい泣きをしていたが,大会前に,これほどの日本代表の戦いぶりを誰が想像しただろうか。今回の頑張りは胸を張るべき戦いぶりであった。だから,彼らには顔を上げて,堂々と帰国,あるいは,自分の所属チームに帰って行って欲しい。そして,4年後には今回のメンバーから大幅に入れ替えが起こるだろうが,これまで長きに渡って主将としてチームを支えた長谷部は代表引退だそうである。長谷部のこれまでのリーダーシップと精神力には頭が下がる思いだ。そして,今回,献身的な守備でルカクを抑えた昌子は4年後もディフェンスの柱として活躍し,柴崎は今回にも勝る的確なロング・パスやスルー・パスを連発していることを確信している。そうした中で,おそらく日本が強化すべきは,オフェンス時のスピードのギアを一段上げる能力だろう。それができるのは今のところ,今回は代表からもれた浅野ではないかと私は思っている。日本にもスピード・スターは必要なのだと強く感じさせたのは事実であるが,そうした今後の日本代表の姿を想像する楽しみも,彼らは与えてくれたと思う。

いずれにしても,ベルギー戦での日本代表の戦いぶりに改めて大きな拍手を送るとともに,声を大にしてありがとう!と言いたい。

« VARは是か非か。 | トップページ | Utopiaボックスがようやく到着。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66898397

この記事へのトラックバック一覧です: 惜しかった!頑張った!! ありがとう,日本代表!!!:

« VARは是か非か。 | トップページ | Utopiaボックスがようやく到着。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作