最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Dr. Lonnie Smith:こちらもライブに向けての予習ってことで。 | トップページ | Jimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤だが...。う~む。 »

2018年7月28日 (土)

Nicolette Larsonの人徳を感じさせるトリビュート・ライブ。

”A Tribute to Nicolette Larson: Lotta Love Concert" Various Artists(Rhino)

_20180722_3Nicolette Larsonが亡くなったのは1997年の12月16日のことであった。それから約2か月後,サンタモニカで開催されたトリビュート・ライブの模様は,開催から約8年を経過して,このアルバムとしてリリースされた。

Nicolette Larsonはこのアルバムでも冒頭を飾る"Lotta Love"のようなヒット曲もあるが,彼女のバッキング・ヴォーカルに支えられた人々は多数存在して,このライブは,彼らが彼女の夫,Russ Kunkelともども演奏した曲を収めている。Nicolette Larson自身のキャリアは,決して華々しいものであったとは思えないが,彼女の訃報に接して,これだけの人たちが集うところに,私は彼女の人徳を強く感じて,ついつい涙腺が緩んでしまう。

このオールスター・トリビュートで歌われる曲でNicoletteの曲は"Lotta Love"だけで,それ以外は参加したミュージシャンの持ち歌である。それでも,彼らのNicollete Larsonを想う気持ちが強く感じられるように聞こえてしまうのは,私の感傷が先走っているかもしれない。しかし,どの歌も,相応に感動を呼ぶものだと思える。そして,ライナーに寄せられたミュージシャンたちのコメント(おそらくはライブの場で語られたものであろう)は涙なしには見られない。本当に人から好かれるミュージシャンであり,人間だったということの証がここにある。Carol Kingのコメントをここに書いておこう。

"When you lose a light in this sometimes dark world, it is disturbing. When you lose a light like Nicolette - it is incredibly sad."

このCDからの売り上げは,Nicolette Larsonの小児科基金,UCLAの小児科病院等に寄付されるとのことである。Nicolette Larsonは亡くなっても,その精神と,子供たちをいたわる気持ちは永遠ということである。そうした事実に触れ,本当に惜しい人を亡くしたと改めて思う。ということで,こうしたアルバムには採点は不要である。本人はいなくても,Nicolette Larsonの人となりに触れられる素晴らしいライブ・アルバム。そして,ジャケを飾る彼女の写真が素晴らし過ぎて,また涙を誘う。

Recorded Live at Santa Monica Civic Auditorium February 21 & 22, 1998

Personnel: Carol King(vo, p), Bonnie Raitt(vo, g), Valerie Carter(vo), Rosemary Butler(vo), Dan Forgelberg(vo, g), Joe Walsh(vo, g), Little Feat<Paul Barrere(vo, g), Fred Tackett(g), John Cleary(key, fl), Kenny Gradney(b), Richie Hayward(ds, vo), Sam Clayton(perc, vo)>, Michael Ruff(vo, p), Jackson Brown(vo, p, g), Emmylou Harris(vo, g), Linda Ronstadt(vo), David Crosby(vo, g), Stephen Stills(vo, g), Graham Nash(vo, g, hca), Jimmy Buffett(vo, g), Waddy Wachtel(g), Steve Farris(g), Craig Doerge(p), John Giluten(org), Leland Sklar(b), Freebo(b), Russ Kunkel(ds), Lenny Castro(perc), Mary Kay Place(vo), Sherry Kondor(vo)

« Dr. Lonnie Smith:こちらもライブに向けての予習ってことで。 | トップページ | Jimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤だが...。う~む。 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66974757

この記事へのトラックバック一覧です: Nicolette Larsonの人徳を感じさせるトリビュート・ライブ。:

« Dr. Lonnie Smith:こちらもライブに向けての予習ってことで。 | トップページ | Jimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤だが...。う~む。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作