最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 更新が滞ってしまった...。 | トップページ | 来日ライブ目前:Marc Ribot Ceramic Dogを予習する。 »

2018年7月21日 (土)

Lucinda Williamsを迎えたCharles Lloyd & the Marvelsの第2作:これがまた渋い。

"Vanished Gardens" Charles Lloyd & the Marvels + Lucinda Williams(Blue Note)

_20180721Charles Lloyd & the Marvelsが第1作,"I Long to See You"をリリースした時,私は絶賛を惜しまなかったし,2016年の最高作に選んでもいる。あれは本当に素晴らしいアルバムであった。Marvelsとのレコーディングはスペシャル・プロジェクト的なものなのかとも思わせたが,その後,Greg Leisz抜きのクァルテットでも来日しているので,ちゃんと活動するんだと思っていた。そこへ,今回はなんとLucinda Williamsをゲストに迎えた第2作がリリースされた。

Lucinda Williamsと言えば,フォークもしくはオルタナ・カントリーの文脈で語られることの多い人だが,この人の持つヴォイスが,Charles Lloyd一党の生み出す音と絶妙なコンビネーションを示している。アメリカーナな路線を歩むCharles Lloydにとっては,素晴らしい共演者に巡り合ったものだと言わざるをえない。ここでは全10曲のうち,偶数曲にLucinda Williamsが参加しているが,聞いて頂ければわかるが,まさに絶妙なブレンディングである。

ここで何よりも驚かされるのは,80歳を越えたCharles Lloydの吹きっぷりである。この歳にしてこの吹奏かっ!と言いたくなるようなフレージングを連発しており,この人,まさに人間のレベルを越えているとさえ思いたくなるような演奏を聞かせる。それを支えるMarvelsの演奏は,まさにアメリカを感じさせるものである。サウンドとしてはビルフリのギターがアメリカ的な感覚を生み出しているのだが,そこに加わるGreg Leiszのペダル・スティールがまた完璧なコンビネーションである。Reuben RogersとEric Harlandは決して押し出しは強くないが,こういうのを適切なバッキングと言いたくなるようなサポートぶりである。

そして,Lucinda Williamsである。この声こそ,Charles Lloydにとっては天からの授かりものに思えたのではないかと思えるほどの素晴らしいコンビネーションを生み出している。アルバムとしての感動度としては私は"I Long to See You"の方が上だったと思うが,それでも,本作も前作と同等に評価したくなるような作品である。

ジャズに留まらず,フォーク,ロック,ブルーズ等のジャンルにおいてアメリカ音楽を好むリスナーから幅広く受け入れられるに相違ない作品。最後の2曲である"Monk's Mood"(この曲は日本公演でも素晴らしかった)と,Jimi Hendrix作の"Angel"で感動はピークを迎えるはずである。星★★★★★。

Recorded on April 14, 15 & September 9,10,2017

Personnel: Charles Lloyd(ts, a-fl), Bill Frisell(g), Greg Leisz(pedal steel, dobro), Reuben Rogers(b), Eric Harland(ds), Lucinda Williams(vo)

« 更新が滞ってしまった...。 | トップページ | 来日ライブ目前:Marc Ribot Ceramic Dogを予習する。 »

SSW/フォーク」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

閣下、トラバをありがとうございました。
いいな、マーク・リボ。笑

ロイド翁!すごいですよね。この意欲!!80超えとは思えぬ、攻めの路線ですよね。
仰せのとおり、ラスト2曲のインパクトは強烈ですよね。
しかも、ヴォーカル入りでジミヘンの曲に挑戦、ってのが素晴らしい。
どうでしょ。この勢いでフジロックとかにも参加してもらいたい。

毎日、毎日暑いですが、どうか、ご自愛くださいませ。
こちらからもトラバいたします。

Suzuckさん,こんばんは。TBありがとうございます。

まぁ,フジロックはないとしても,Lucinda入りで来日してくれませんかねぇ。聞いてみたいですよねぇl。

いずれにしても,80過ぎてこういうのをやってるっていうのは間違いなく凄いですし,私もかくありたいと思います(笑)。

だいぶ遅れましたけど、聴きました。ECMではできないことを次々と綾たしいアルバムでやって行っている感じで、こういうのもいいなあと思います。ギターの2人はいい味出してますし、半分の曲にヴォーカルが入っているのも、ジャズの地平をまた広げているような気がしています。

TBさせていただきます。

910さん,おはようございます。TBありがとうございます。

Chrles Lloydがどうしてアメリカーナな方向へ行ったのかは,本人にしか説明できないでしょうけれども,この方向性は私にとっては歓迎すべきものとなっています。

Lucinda Williamsとの共演はライブでの邂逅の結果を受けてのものであったと思いますが,このコンビネーション,非常によかったと思います。年齢が年齢だけに,今後どれだけっていう不安はありますが,まだまだ続けて欲しい人だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66963731

この記事へのトラックバック一覧です: Lucinda Williamsを迎えたCharles Lloyd & the Marvelsの第2作:これがまた渋い。 :

» アメリカの心 『Vanished Gardens / Charles Lloyd [My Secret Room]
80歳を超えても、勢力的に活動しているテナー・サックス奏者、チャールズ・ロイド。 [続きを読む]

» Vanished Gardens/Charles Lloyd [ジャズCDの個人ページBlog]
輸入盤新譜が久しぶりに届いて2日目。このThe Marverlsというバンド、チ [続きを読む]

« 更新が滞ってしまった...。 | トップページ | 来日ライブ目前:Marc Ribot Ceramic Dogを予習する。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作