最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Nicolette Larsonの人徳を感じさせるトリビュート・ライブ。 | トップページ | てっきりブートだと思っていたらオフィシャル音源だったNeil Young,1973年のライブ。 »

2018年7月29日 (日)

Jimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤だが...。う~む。

"Off the Top" Jimmy Smith (Elektra/Musican)

_20180722_4ラックを漁っていたらこんなものが出てきた。そう言えば持ってたなぁと思いつつ,久々のプレイバックである。本作はJimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤であり,本来オルガン・プレイヤーには不要なはずのベースとしてRon Carterが参加しているのがミソってところか。そこに加わるのは共演経験も多いStanley TurrentineとGrady Tateである。これがシナジーを生むのか,生まないのかが最注目点であろう。

冒頭のタイトル・トラックはなかなかいい感じである。Jimmy Smithらしいソロが展開されていて,いいねぇと思わせるが,次の"Endless Love"でずっこける。あのDiana RossとLionel Richieの"Endless Love"である。これは誰しもが認めるいい曲だが,それがJimmy Smithに合うかと言えば,全然そんなことはないのである。それに続くGeorge Bensonのオリジナル"Mimosa"も軽過ぎである。この辺りはある意味,イージーリスニングかと思わせ,全然Jimmy Smithの本来のイメージと違うだろうと言いたくなる。

LP時代で言えば,B面に移って,Jimmy Smithのオリジナル,"I'll Drink to That"で印象は持ち直すのだが,それでもゴリゴリした感じが希薄で,やっぱり軽い。次の"Theme from M.A.S.H."でも,残りのトラックでも印象は変わらない。これがレーベルの特性によるものなのか,あるいはスーパースター,George Bensonの顔を立て過ぎた結果なのかは微妙だが,はっきり言ってしまえば,これはリスナーがJimmy Smithの音楽に求める音ではない(きっぱり)。

むしろ,ボートラとして収録されているKenny Burrellたちとやった”Keep on Comin'"からの曲の方が,はるかにJimmy Smithらしい。それでも,そっちもライブ音源ゆえに,風呂場で聞いているような過剰エコーなのだが...。にもかかわらず,ボートラの方がJimmy Smithらしいと思えるのは,やはりギターの違いか。Jimmy Smithに合うのはKenny Burrellであって,George Bensonではないってことだ。星★★☆。

Recorded on June 7, 1982 and Live on September 3, 1983

Personnel: Jimmy Smith(org, synth), George Benson(g), Ron Carter(b), Grady Tate(ds), Stanley Turrentine(ts), Errol "Crusher" Bennett(perc), Kenny Burrell(g), Mike Baker(ds), Johnny Griffin(ts)

« Nicolette Larsonの人徳を感じさせるトリビュート・ライブ。 | トップページ | てっきりブートだと思っていたらオフィシャル音源だったNeil Young,1973年のライブ。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66975019

この記事へのトラックバック一覧です: Jimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤だが...。う~む。:

« Nicolette Larsonの人徳を感じさせるトリビュート・ライブ。 | トップページ | てっきりブートだと思っていたらオフィシャル音源だったNeil Young,1973年のライブ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作