最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

Ray Lamontagneの新作は穏やかな響きって感じか。

"Part of the Light" Ray Lamontagne (RCA)

_20180729このブログには,アルバムに関して記事を必ずしもアップしている訳ではないのだが,私はRay Lamontagneという歌手を結構贔屓にしていて,出したアルバムは全部買っているはずである。これまた私が絶対的に贔屓にしているRachael Yamagataのアルバムにも参加したことがあるので,やはり通じるところがあるのだろう。

Ray Lamontagneはロック色を強めたアルバムもあった(と記憶する:笑)が,今回のアルバムは実に穏やかな感じがする。だが,この世知辛い世の中において,この穏やかな響きは貴重に思える。そして,この人の声,そしてソング・ライティングはやはり魅力的である。そして,ほぼ固定メンツで作り上げた音楽には安定感がある。そうした中で”As Black as Blood Is Blue"のような曲は,ロック・タッチのイントロにびっくりさせられるが,歌自体は,当然ハード・ロックのようにはならない。

米国においてはそこそこ人気もあると思われるRay Lamontagneだが,日本でこの人の名前を聞くことは実に稀なのはなんでなのか。やっぱりこの時代にこういう音楽はフィットしないということなのかもしれないが,私のようなオッサンには訴求力高く迫ってくる。改めて,彼のアルバムを聞き直したくなった私である。そんなこともあって,ちょっと甘めの星★★★★☆としてしまおう。

尚,このアルバム,最初に届いた時は,プレス・ミスで後半が再生できないディスクが届いたのだが,私が仕入れた海外のセラーは,交換に迅速に応じてくれて,非常に好感度が上がってしまった。ネット・セールスってのはこういう対応が必要だよなと改めて思ったことを付記しておこう。

Recorded between June 19 and July 7 and between September 23 and October 2, 2017

Personnel: Ray Lamontagne(vo, g, synth), Dave Givan(ds), John Stirratt(b, g, vo), Seth Kauffman(g, b, synth), Carl Broemel(g, vo), Bo Koster(synth, org, p, el-p), Kevin Ratterman(synth, perc)

2018年7月30日 (月)

てっきりブートだと思っていたらオフィシャル音源だったNeil Young,1973年のライブ。

"Roxy: Tonight's the Night Live" Neil Young (Reprise)

 _20180728ジャケだけ見てると,ブート音源のリリースかと思わせるものなのだが,れっきとしたオフィシャル盤であった。思い込みはいかんねぇ(苦笑)。

"Tonight's the Night"がリリースされたのは1975年のことだが,音源としてはこのライブが行われる前にはレコーディングされていたものであり,それをライブの場で再現したものと言ってよいだろう。

この時期のこのメンツの演奏である。Neil Youngが好きな人間が痺れない訳はないのだ(きっぱり)。そして,ライナーには"Tonight's the Night"の録音の様子が書かれていて,なぜこのバンドがSanta Monica Flyersと呼ばれるかについても書いてあるのが面白い。いずれにしても,"Tonight's the Night"の曲を,当時オープンしたばかりのL.A.のRoxyで演奏したライブは,長年のファンも納得間違いなしの素晴らしい発掘音源である。星★★★★★。

ところで,アルバムのジャケには,Neil Youngがテレキャスを抱えている姿が写っているが,バタやんみたいな抱え方だなぁ,なんて思って笑っている私はやはりアラカンである(爆)。でも多分,私自身もテレキャスを弾く時はこんな感じになっているはずだな(苦笑)。尚,Neil Youngが"My name is Glenn Miller."とかしょうもないジョークを言っているが,完全にすべっているのはご愛敬。

Recorded Live at Roxy on September 20-22, 1973

Personnel: Neil Young(vo, g, p, hca), Ben Keith(pedal steel, vo), Nils Lofgren(p, g, vo), Billy Talbott(b), Ralph Molina(ds, vo)

2018年7月29日 (日)

Jimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤だが...。う~む。

"Off the Top" Jimmy Smith (Elektra/Musican)

_20180722_4ラックを漁っていたらこんなものが出てきた。そう言えば持ってたなぁと思いつつ,久々のプレイバックである。本作はJimmy SmithとGeorge Bensonの初共演盤であり,本来オルガン・プレイヤーには不要なはずのベースとしてRon Carterが参加しているのがミソってところか。そこに加わるのは共演経験も多いStanley TurrentineとGrady Tateである。これがシナジーを生むのか,生まないのかが最注目点であろう。

冒頭のタイトル・トラックはなかなかいい感じである。Jimmy Smithらしいソロが展開されていて,いいねぇと思わせるが,次の"Endless Love"でずっこける。あのDiana RossとLionel Richieの"Endless Love"である。これは誰しもが認めるいい曲だが,それがJimmy Smithに合うかと言えば,全然そんなことはないのである。それに続くGeorge Bensonのオリジナル"Mimosa"も軽過ぎである。この辺りはある意味,イージーリスニングかと思わせ,全然Jimmy Smithの本来のイメージと違うだろうと言いたくなる。

LP時代で言えば,B面に移って,Jimmy Smithのオリジナル,"I'll Drink to That"で印象は持ち直すのだが,それでもゴリゴリした感じが希薄で,やっぱり軽い。次の"Theme from M.A.S.H."でも,残りのトラックでも印象は変わらない。これがレーベルの特性によるものなのか,あるいはスーパースター,George Bensonの顔を立て過ぎた結果なのかは微妙だが,はっきり言ってしまえば,これはリスナーがJimmy Smithの音楽に求める音ではない(きっぱり)。

むしろ,ボートラとして収録されているKenny Burrellたちとやった”Keep on Comin'"からの曲の方が,はるかにJimmy Smithらしい。それでも,そっちもライブ音源ゆえに,風呂場で聞いているような過剰エコーなのだが...。にもかかわらず,ボートラの方がJimmy Smithらしいと思えるのは,やはりギターの違いか。Jimmy Smithに合うのはKenny Burrellであって,George Bensonではないってことだ。星★★☆。

Recorded on June 7, 1982 and Live on September 3, 1983

Personnel: Jimmy Smith(org, synth), George Benson(g), Ron Carter(b), Grady Tate(ds), Stanley Turrentine(ts), Errol "Crusher" Bennett(perc), Kenny Burrell(g), Mike Baker(ds), Johnny Griffin(ts)

2018年7月28日 (土)

Nicolette Larsonの人徳を感じさせるトリビュート・ライブ。

”A Tribute to Nicolette Larson: Lotta Love Concert" Various Artists(Rhino)

_20180722_3Nicolette Larsonが亡くなったのは1997年の12月16日のことであった。それから約2か月後,サンタモニカで開催されたトリビュート・ライブの模様は,開催から約8年を経過して,このアルバムとしてリリースされた。

Nicolette Larsonはこのアルバムでも冒頭を飾る"Lotta Love"のようなヒット曲もあるが,彼女のバッキング・ヴォーカルに支えられた人々は多数存在して,このライブは,彼らが彼女の夫,Russ Kunkelともども演奏した曲を収めている。Nicolette Larson自身のキャリアは,決して華々しいものであったとは思えないが,彼女の訃報に接して,これだけの人たちが集うところに,私は彼女の人徳を強く感じて,ついつい涙腺が緩んでしまう。

このオールスター・トリビュートで歌われる曲でNicoletteの曲は"Lotta Love"だけで,それ以外は参加したミュージシャンの持ち歌である。それでも,彼らのNicollete Larsonを想う気持ちが強く感じられるように聞こえてしまうのは,私の感傷が先走っているかもしれない。しかし,どの歌も,相応に感動を呼ぶものだと思える。そして,ライナーに寄せられたミュージシャンたちのコメント(おそらくはライブの場で語られたものであろう)は涙なしには見られない。本当に人から好かれるミュージシャンであり,人間だったということの証がここにある。Carol Kingのコメントをここに書いておこう。

"When you lose a light in this sometimes dark world, it is disturbing. When you lose a light like Nicolette - it is incredibly sad."

このCDからの売り上げは,Nicolette Larsonの小児科基金,UCLAの小児科病院等に寄付されるとのことである。Nicolette Larsonは亡くなっても,その精神と,子供たちをいたわる気持ちは永遠ということである。そうした事実に触れ,本当に惜しい人を亡くしたと改めて思う。ということで,こうしたアルバムには採点は不要である。本人はいなくても,Nicolette Larsonの人となりに触れられる素晴らしいライブ・アルバム。そして,ジャケを飾る彼女の写真が素晴らし過ぎて,また涙を誘う。

Recorded Live at Santa Monica Civic Auditorium February 21 & 22, 1998

Personnel: Carol King(vo, p), Bonnie Raitt(vo, g), Valerie Carter(vo), Rosemary Butler(vo), Dan Forgelberg(vo, g), Joe Walsh(vo, g), Little Feat<Paul Barrere(vo, g), Fred Tackett(g), John Cleary(key, fl), Kenny Gradney(b), Richie Hayward(ds, vo), Sam Clayton(perc, vo)>, Michael Ruff(vo, p), Jackson Brown(vo, p, g), Emmylou Harris(vo, g), Linda Ronstadt(vo), David Crosby(vo, g), Stephen Stills(vo, g), Graham Nash(vo, g, hca), Jimmy Buffett(vo, g), Waddy Wachtel(g), Steve Farris(g), Craig Doerge(p), John Giluten(org), Leland Sklar(b), Freebo(b), Russ Kunkel(ds), Lenny Castro(perc), Mary Kay Place(vo), Sherry Kondor(vo)

2018年7月27日 (金)

Dr. Lonnie Smith:こちらもライブに向けての予習ってことで。

"All in My Mind" Dr. Lonnie Smith(Blue Note)

_20180722_2_2先日はライブ前の予習ってことでMarc Ribot率いるCeramic Dogのアルバムを取り上げたが,今回はDr. Lonnie Smithである。本作はNYCのJazz Standardでのライブなので,Blue Note東京で予定されているライブでも近い雰囲気が味わえるのではないかという期待もあってのことである。リリースは半年以上前だが,まだ今年に入ってのことだから,新譜扱いともさせて頂こう。

正直言って,私はオルガン・ジャズはJimmy Smithぐらいしか真っ当に聞いていないので,Dr. Lonnie Smithについてもこのブログで取り上げたこともないし,そもそもアルバムだってほぼ未聴のはずである。まぁ,今回は縁あっての参戦となるが,このアルバムを聞いていると,冒頭のWayne Shorter作"Juju"から快調である。全編を通して,その快調さは維持されると言っていいが,ここではバックを務めるJonathan KreisbergとJohnathan Blakeの貢献度も大きい。Jonathan Kreisbergのフレージングは非常にキレがよく,魅力的に響いているし,どんなビートにも対応するJohnathan Blakeのドラミングも聞きどころ大である。

いろんな曲をやっているが,Paul Simon作の”50 Ways to Leave Your Lover"のような曲もやってしまうところも面白い。同じ曲をやっても,Brad Mehldauとは全然違う(当たり前だっ!)。

オルガン,ギター,ドラムスという典型的オルガン・トリオの編成で,やっぱりオルガン・ジャズってこういう感じだよねぇって響きを出してくるところが何とも微笑ましいが,多分,ライブの場でも相応のノリを示してくれるに違いないと期待させてくれる佳作。星★★★★。

尚,タイトル・トラックにヴォーカルで加わるAlicia Olatujaは,以前,Billy ChildsがLaura NyroトリビュートのライブでCotton Clubに連れてきた人である。その時に私は「世の中にはこんなに歌のうまい人がまだいるのか!というのが正直な感想であった。この人,とにかくうまい。ファルセットだろうが,地声だろうが,ほとんど乱れるところがなく,これは発見だよなぁと思っていた私である。」と書いているが,ここでもディープなゴスペル・ライクなヴォーカルを聞かせている。やっぱりうまいわ。

Recorded Live at Jazz Standard in NYC

Personnel: Dr. Lonnie Smith(org, key, vo), Jonathan Kresberg(g),  Johnathan Blake(ds),  Joe Dyson(ds), Alicia Olatuja(vo)

2018年7月26日 (木)

Marc Ribotのライブの戦利品。

_20180726_2

昨日,Marc RibotのCeramic Dogのライブに行ったのだが,絶対こいつら変態やっ!と思わせるに十分なライブであった。久しぶりにロックを感じさせる人たちの演奏を聞いたって気がする。

やってる音楽は変態でも,終わった後のサイン会の所作は極めて普通。ミュージシャンの鑑だよねぇ。ってことで,今日は戦利品のみだが,ドラマーのChes SmithのECMのアルバムは持って行けばよかったなぁって反省する私。

2018年7月25日 (水)

"Some Other Time":今にして思えば不思議なメンツによるアルバムであった。

"Some Other Time: A Tribute to Chet Baker" Richie Beirach / Randy Brecker / Michael Brecker / John Scofield / George Mraz / Adam Nussbaum (Triloka)

_20180722_2私がこのアルバムを購入したのはNYC在住中もしくはそれに向けての渡米直前のことであったと思うが,購入した動機はこのメンツにほかならない。リズム・セクションはさておき,Brecker Brothersとジョンスコが揃ってChet Bakerトリビュートってどうなってしまうのかという興味もあった。しかし,音楽監督をRichie Beirachが務めていることから,彼の持つリリカルなサイドからのトリビュートとなるであろうことは想定できた。

これはあくまでも,Richie Beirachが主導して作ったコンセプト・アルバムとして捉えるべきものである。曲もChet Bakerゆかりの曲ばかりやっている訳ではなく,半数はRichie Beirachのオリジナルで占められているところにもそうした特性が表れているし,曲ごとに編成も変えている。だから,Brecker Brothersが共演することはないし,Michael Breckerがジョンスコとやり合うようなことはないのである。全曲に参加しているのはRichie Beirachだけということで,これはあくまでもRichie Beirachの思惑が反映されたアルバムなのである。

そうした意味で,このメンツを見て,彼らの共演による演奏を期待したリスナーにはフラストレーションの残るものと言えるかもしれない。しかし,演奏を聞いてみれば,全編を通して,Chet Bakerの音楽に対するリスペクトを感じさせるなかなかの演奏が揃っていて,編成もこれが最適なのかなって思わせる組合せにしてある。久しぶりに聞いてみても,これは結構よく出来たトリビュート・アルバムではないかと思えてきた私である。Beirachのオリジナル"Sunday Song"なんて,Michael BreckerとBeirachのデュオでやっているのも面白いしねぇ。ってことで,星★★★★。

因みに,このアルバムをリリースしたTrilokaレーベルにはJackie McLeanのアルバムもあったなぁなんてことを考えると,そっちも久しぶりに聞いてみるかって気になっている私である(笑)。

Recorded on April 17 & 18, 1989

Personnel:Richie Beirach(p), Randy Brecker(tp, fl-h), Michael Brecker(ts), John Scofield(g), George Mraz(b), Adam Nussbaum(ds)

2018年7月24日 (火)

Marc Ribotでもやってること違い過ぎ(笑):Robert PlantとAlison Kraussの"Raising Sand"

"Raising Sand" Robert Plant and Alison Krauss(Rounder)

_20180721_4_2昨日,Lucinda Williamsのアルバムを取り上げて,オルタナ・カントリーっぽいアルバムはなかったかなんて思って取り出してきたのがこのアルバムである。Led ZeppelinのRobert Plantがカントリー畑のAlison Kraussとアルバムを出すということでも驚きだったが,その出来のよさに改めて驚かされるアルバムである。

どこから聞いてもアメリカっぽい音がしているが,Robert Plantはもともとブルーズを歌っていたらしいから,アメリカ音楽に対する素養はあったのかもしれないが,それにしても,Led ZeppelinのRobert Plantとの歌唱とは当たり前ではあるが,全く違う。とにかく渋い。渋過ぎる。選曲もTom Waitsやら,Everly Brothersやら,Gene Clarkやら,Towns Van Zantやらと,好き者が見たらそれだけでも嬉しくなるような名前が並んでいる。2曲目に入っている"Killing the Blues"はどこかで聞いたことがあるなぁと思って,何だったっけなぁと思っても思い出せず,ネットで調べてみれば,あぁ,Mud Acresの"Woodstock Mountains"に収録されていたかぁなんて発見もあった。アルバムに関する記憶は曖昧でも,この曲は知っているという感覚は生きていたということで,嬉しいような,悲しいような...(苦笑)。

こんなアルバムに仕上げたのは,プロデューサーとしてのT Bone Burnettの手腕と言ってもよいが,素晴らしい歌唱,演奏に,2曲では名手Norman Blakeがギターで華を添える(特に最後の曲の音は,これぞNorman Blakeって感じがする)って,何て素敵なアルバムなんだと思ってしまった。この渋くも素晴らしい音楽には星★★★★★しかないが,こういう作品はもっとまめにプレイバックしないといかんと思ってしまった。反省,反省。

それにしても,本作でT Bone Burnettともどもギターを弾いているのはMarc Ribotなのである。先日取り上げたCeramic Dogのアルバムでは,越境超越型音楽とギターを聞かせたMarc Ribotがここでは楚々としたバッキングを聞かせることが何とも驚きである。どこまで何でもできるのよ?と半ば呆れてしまうが,これもMarc Ribotの個性の一つと捉えるべきなのだろう。恐るべし,Marc Ribotである。

Personnel: Robert Plant(vo), Alison Krauss(vo, fiddle), T Bone Burnett(g, b), Marc Ribot(g, banjo), Norman Blake(g), Riley Baugus(banjo), Mike Seeger(autoharp), Patrick Warren(p, key), Dennis Crouch(b), Jay Bellrose(ds)

2018年7月23日 (月)

先日取り上げたCharles Lloyd作に参加のLucinda Williamsの旧作を。

"West" Lucinda Williams(Lost Highway)

_20180721_3先日,このブログでも取り上げたCharles Lloyd and the Marvels + Lucinda Williamsの"Vanished Gardens"は素晴らしいアルバムであった。そこに半数の5曲で参加したLucinda Williamsのアルバムって1枚だけ持っていたなぁってことで,久々に取り出してきた。正直言って,どうして私がこのアルバムを購入する気になったかは全く記憶にない(爆)。だが,よくよく見れば,Hal WilnerとLucinda Williamsの共同プロデュースではないか。そういう要素もあったのかもしれないなぁなんて思った私である。いずれにしても,これを聞くのも相当に久しぶりの「はず」である(苦笑)。

Charles Lloydのアルバムに比べると,やや声のトーンが高いような気もするが,スモーキーな感じであることには変わりはない。そして,ゆったりとしたトーンで演奏される曲群は,よくよく歌詞を読んでみると,結構切ないものが多いが,それにしてもいい曲を書く人だねぇと思わせる。そして,典型的なカントリー的な感じではなく,やはりこれはロック寄りのオルタナ・カントリーである。

Charles Lloydのアルバムでも共演しているBill Frisellがここでもギターを弾いているが,だとすれば,LloydにLucinda Williamsを紹介したのはビルフリってことになるのかもしれない。どういう経緯だったとしても,Lucinda Williamsへの私の関心を改めて高めたのだから,Charles Lloydのアルバムには副次的効果があったってことである。

まぁ,かなり渋いアルバムではあるし,私はこの手の音楽において,女声よりも男声の方を好む傾向があるので,あまりちゃんと聞いてなかったようにも思えるが,これは聞き直してよかったと思えるようなアルバムであった。星★★★★。

Personnel: Lucinda Williams(vo, g), Rob Burger(p, org, el-p, accor), Doug Pettibone(g), Bill Frisell(g), Tony Garnier(b), Jim Keltner(ds, perc), Jenny Scheinman(vln), Rob Brophy(vla), Tim Loo(cello), Hal Wilner(turntable, sample), Gary Louris(vo), Gia Ciambotti(vo)

2018年7月22日 (日)

来日ライブ目前:Marc Ribot Ceramic Dogを予習する。

"YRU Still Here?" Ceramic Dog (Northern Spy)

_20180721_2来日して,フジロックにも出演するMarc Ribotのバンド,Ceramic Dogのアルバムである。私は彼らに合っているのかよくわからないヴェニューであるBlue Note東京でのライブに参戦することになっているので,それに向けての予習として,このアルバムを聞いている。

Marc Ribotという人は,Tom WaitsやJoe Henryのバックで渋いギターを聞かせることもあるが,基本的には尖ったイメージが強い。なんてったって,Lounge LizardsではArto Lindsayの後任である(笑)。John Zornとの共演も多いしねぇ。そんなMarc Ribotがバンドとして展開するこのCeramic Dogを私は初めて聞いた訳だが,基本はロックだが,様々なジャンルを包含した面白い音楽である。時にファンク,時にパンクって感じが強い。そこにワールド・ミュージック的なフレイヴァーを感じさせたり,Marc Ribotのイメージに合致したノイズをアドオンするってところである。

こうした音楽をライブの場ではどういう感じでやるのか,実に興味深いが,やっぱりBlue Noteって感じではないなぁ(笑)。このジャケだし(爆)。Marc Ribotのアクティビストらしい歌詞も感じられ,やっぱり激しいわ。怒ってるねぇ。一体どういう客層が集まるのか? 本当にいいのか,Blue Note?(笑)

だが,この人たちの場合,こういうレコーディングより,ライブの方が更に激しく,更に面白い可能性も高く,実はちょっとビビりながらも,期待もしている私である。まぁ,アルバムとしては星★★★★ってところだろうが,ライブでの暴れっぷりを期待している。

Personnel: Ceramic Dog<Marc Ribot(g, requinto, farfisa, b, e♭ horn, vocoder, vo), ShahzardIsmally(b, moog, perc, vo), Ches Smith(ds, perc, electronics, vo)> with Rea Dubach(vo), Lukas Rutzen(vo), Curtis Fowlkes(tb), Maurico Herrera(conga), Briggen Krauss(sax), Neel Murgai(sitar), Doug Wieselman(sax, fl)

2018年7月21日 (土)

Lucinda Williamsを迎えたCharles Lloyd & the Marvelsの第2作:これがまた渋い。

"Vanished Gardens" Charles Lloyd & the Marvels + Lucinda Williams(Blue Note)

_20180721Charles Lloyd & the Marvelsが第1作,"I Long to See You"をリリースした時,私は絶賛を惜しまなかったし,2016年の最高作に選んでもいる。あれは本当に素晴らしいアルバムであった。Marvelsとのレコーディングはスペシャル・プロジェクト的なものなのかとも思わせたが,その後,Greg Leisz抜きのクァルテットでも来日しているので,ちゃんと活動するんだと思っていた。そこへ,今回はなんとLucinda Williamsをゲストに迎えた第2作がリリースされた。

Lucinda Williamsと言えば,フォークもしくはオルタナ・カントリーの文脈で語られることの多い人だが,この人の持つヴォイスが,Charles Lloyd一党の生み出す音と絶妙なコンビネーションを示している。アメリカーナな路線を歩むCharles Lloydにとっては,素晴らしい共演者に巡り合ったものだと言わざるをえない。ここでは全10曲のうち,偶数曲にLucinda Williamsが参加しているが,聞いて頂ければわかるが,まさに絶妙なブレンディングである。

ここで何よりも驚かされるのは,80歳を越えたCharles Lloydの吹きっぷりである。この歳にしてこの吹奏かっ!と言いたくなるようなフレージングを連発しており,この人,まさに人間のレベルを越えているとさえ思いたくなるような演奏を聞かせる。それを支えるMarvelsの演奏は,まさにアメリカを感じさせるものである。サウンドとしてはビルフリのギターがアメリカ的な感覚を生み出しているのだが,そこに加わるGreg Leiszのペダル・スティールがまた完璧なコンビネーションである。Reuben RogersとEric Harlandは決して押し出しは強くないが,こういうのを適切なバッキングと言いたくなるようなサポートぶりである。

そして,Lucinda Williamsである。この声こそ,Charles Lloydにとっては天からの授かりものに思えたのではないかと思えるほどの素晴らしいコンビネーションを生み出している。アルバムとしての感動度としては私は"I Long to See You"の方が上だったと思うが,それでも,本作も前作と同等に評価したくなるような作品である。

ジャズに留まらず,フォーク,ロック,ブルーズ等のジャンルにおいてアメリカ音楽を好むリスナーから幅広く受け入れられるに相違ない作品。最後の2曲である"Monk's Mood"(この曲は日本公演でも素晴らしかった)と,Jimi Hendrix作の"Angel"で感動はピークを迎えるはずである。星★★★★★。

Recorded on April 14, 15 & September 9,10,2017

Personnel: Charles Lloyd(ts, a-fl), Bill Frisell(g), Greg Leisz(pedal steel, dobro), Reuben Rogers(b), Eric Harland(ds), Lucinda Williams(vo)

2018年7月20日 (金)

更新が滞ってしまった...。

ちゃんとブログは運営していかなきゃなぁと思いつつ,諸事情あって更新が滞ってしまった。出張続き,休暇も含めてゴルフ続きという理由はあったものの,やはり昔ほどの「毎日更新」していた頃の情熱はなくなってきたってことかもしれない。

まぁ,素人のブログなんだから適当にやってりゃいいのだが,もう少しちゃんと記事はアップしないとね。ってことで,反省,反省。ってことで,本日は反省の弁のみ(爆)。

2018年7月16日 (月)

初めて聞いたMaterialの"One Down":無茶苦茶カッコいいじゃん。

"One Down" Material(Celluloid)

One_down先日,私はこのアルバムを縁あってApple Musicでストリーミングで聞いたのだが,それが私にとってのこのアルバムの初聞きであった。Materialについては,だいぶ前に彼らのデビュー・アルバム"Memory Serves"を取り上げたことがある(記事はこちら)が,その当時としては尖がったグループであったことは間違いないとしても,その後を追い掛けることは当時の私にはなかった。だから,このアルバムについても未聴のままだったわけだが,そのストリーミングを聞いた時,おぉっ,これはカッコいいと思ってしまった私である。挙句の果てにCDまでゲットしてしまった(笑)。

これはMaterial版ファンク&ソウルって感じの演奏,歌唱が収められており,これがなかなか楽しめるのである。驚いたことにと言うか,今は亡きWhitney Houstonのメジャー・デビュー前の歌唱も入っており,その伴奏にはなんとArchie Sheppというどういう組み合わせやねん?と言いたくなるような"Memories"なんて,今にして思えば「へぇ~」と言わざるを得ない。また,Fred Frithのノイジーなギターで始まる"Time Out"なんてPrinceのようにさえ聞こえる。こういう音楽をMaterialとしては指向していたのかってこともわかって,実に興味深いアルバムである。まぁ,Nile Rogersがギターで参加する曲はまるでChicそのものだが(笑)。

そのほかにいろいろなヴォーカリストが参加して,賑々しいアルバムであるが,この段階では既にドラマーであったFred Mahrは脱退していたようで,彼の名はボートラとして入っている"Bustin' Out"に認められるだけである。その後,Materialのメンバーはプロデューサーとしても活躍するが,既にFred Mahrはこういう路線とは違うものを目指していたということであろう。

_20180715しかし,リリースから35年以上経っている割に,今の耳で聞いてもこれはカッコいいと思ってしまうのは私が同時代人だからなのかもしれない。それでも結構楽しめてしまうということで星★★★★。私としてはファーストよりもこっちの方が楽しめるかもしれないなぁ。

残念ながら私がネットでゲットした中古盤はジャケ違いであるが,そっちの画像も貼り付けておこう。

Personnel: Bill Laswell(b), Michael Beinhorn(synth), Fred Mahr(ds), Nona Hendryx(vo), B.J. Nelson(vo), R. Bernard Fowler(vo), Noris Night(vo), Whitney Houston(vo), Nicky Skopelitis(vo, g), Thi-Linh Le(vo), Jean Karakas(vo), Nile Rogers(g), Fred Frith(g), Ronnie Drayton(g), J.T. Lewis(ds), Tony Thompson(ds), Yogi Horton(ds), Raymond Jones(el-p), Oliver Lake(as), Archie Shepp(ts), Daniel Ponce(perc)

2018年7月13日 (金)

長年保有していても,ほとんど聞いてないJack DeJohnetteのアルバム。

"Music We Are" Jack DeJohnette(Golden Beams)

_20180708_3長年,保有していてもちっともプレイバックしないアルバムってのはいくらでもある(爆)のだが,発売から既に10年近くが経過している本作もそうした一枚だが,ちょいとした気まぐれで取り出してきてみた。

Jack DeJohnetteを支えるのは,Wayne Shorter Quartetでもバンド・メイトのDanilo PerezとJohn Patitucciなので,おかしなことにはならないはずだという思いでこのディスクを購入したはずだ。正直なところ,初めて聞いた時にピンと来なかったという印象が強く,そのため「放置」に近い状態が続くという感じである。それでもって,今回久しぶりに聞いてみてどうだったか?

やっぱりピンと来ない(苦笑)。いきなりピアニカを多重録音した"Tango African"からして,「う~む」となってしまう。その後聞き続けても,どうも捉えどころがないというか,こ。のアルバムのポイントがどこにあるのか絞り切れない状態が続くのである。DeJohnetteが吹くピアニカは,Astor Piazzolaの世界をなぞったもののようにも聞こえる部分もあるし,静謐なパートでは,現代音楽あるいはアンビエントな世界さえ感じさせる。

そんな感じなので,私は大いに戸惑うのである。このメンツである。ドラムスをBrian Bladeに代えれば,The Children of the Lightってことになるが,そのトリオの演奏が一筋縄でいかないことはライブでも実証されていた(記事はこちら)が,本作での演奏はそれほどの自由度を感じさせる訳でもないし,ジャズ的なスリルを強く感じさせる訳でもない。リズムがスリルを感じさせる"Cobilla"のような曲はあるが,こういうタイプの演奏を多くのリスナーは期待するのが普通ではないかと思うのだ。なので,アルバム全体としては私としてはかなりフラストレーションがたまる状態が続いてしまうのである。

Jack DeJohnetteはライナーに次のように書いている。"What I like most about doing this project is the love and care and spiritual passion that everyone put in to making this an incredibly enjoyable experience." それはやっている彼らにとってはそうかもしれないが,聞いてるリスナーにはそうでもなかったという例と言っておこう。そういう意味で私は本作は失敗作だと思う。私のしょぼいシステムで聞いても,音がいいのはよくわかるが...。星★★。

Recorded on February 22-24, 2008

Personnel: Jack DeJohnette(ds, pianica), John Patitucci(b, el-b), Danilo Perez(p, key)

2018年7月12日 (木)

亡き父が買うCDとしては意外な"Harlequin"

"Harlequin" Dave Grusin & Lee Ritenour(GRP)

_20180708_5_2一時期のGRPレーベルというのは,まさに飛ぶ鳥も落とす勢いであり,それこそImpulseレーベル等も参加に収めていたのも懐かしい。フュージョンやスムーズ・ジャズ系の音源はそれこそ本当にたくさん出ていたが,一定のレベルは常に維持していたと思う。本作はそのレーベル・オーナーの一人であるDave Grusinと,レーベルを代表するミュージシャンであったLee Ritenourの双頭リーダー作である。

 私は,GRPレーベルのアルバムは結構保有しているが,このアルバムは自分で買ったものではない。なぜか亡き父の遺品である。私の父はそもそもモーツァルト好きの人であり,ジャズも聞かなかった訳ではないが,どちらかと言えば,スイング/トラッド系のアルバムを買っていた。そんな父に私が,父の日にジャズ・アルバムを何枚か送るようになったのはいつ頃のことだったか。それ以降は,モダン,あるいはコンテンポラリーなジャズも結構聞くようになっていて,Brian Blade Fellowshipのファースト・アルバムやKenny Kirklandのアルバムを気に入っていたのも懐かしい。だが,フュージョンに手を出すとはとても思えず,なぜこのアルバムを保有していたのかは,全く謎である。私が認識している限り,父が保有していた典型的なフュージョン・アルバムはこれだけなのである。本来なら私自身が買っていても全然不思議はないし,その後のRitenourのGRPでのアルバムもほとんど買っていることからすれば,これを買っていなかったことの方がはるかに不思議なのだ。

そんなこともあり,それを実家から私が持ち帰り,私の家に置いているわけだが,実は持ち帰ってから一回も聞いていなかったなぁってことで,プレイバックをしてみた。

結論からすれば,典型的なフュージョンと言えるが,Lee Ritenour個人のアルバムであったらもう少しスピード感のある曲を入れたかもなぁと思わせる。ある意味これはナイトキャップにも適するであろう大人なアルバムである。私としてはその後"GRP Super Live"でも演奏した"Early A.M. Attitude"は非常に馴染み深かったが,それ以外の曲はおそらくちゃんと聞いた経験はないと思う。このアルバムがリリースされて,33年目にこうして聞いているってのも不思議な感じがするが,これはまぁ父に感謝せねばなるまい。

Dave GrusinとLee Ritenourはその後も共演を続け,2015年には一緒にブルーノート東京に出演しているが,その時のGrusinの元気な演奏ぶりからはとても当時81歳だったとは思えなかった。それを遡ること約30年であるから,裏ジャケに写るご両人も当然若いよなぁ。そんな二人の演奏は,Ivan Linsを3曲でヴォーカルに迎えていることが特徴となるが,私としてはインストだけで行っても全然問題なかったのではないかと思っている。もちろん,華を添える効果はあるが,Ivan Linsの世界が強くなり過ぎる面もあるように感じる。まぁ,Ivan Linsがいい曲を書いているのは事実なので,ここはこれでよしとしよう。元祖スムーズ・ジャズって感じで星★★★★。

Recorded in January thru March, 1985

Personnel: Dave Grusin(p, key),Lee Ritenour(g), Jimmy Johnson(b), Abraham Laboriel(b), Carlos Vega(ds), Harvey Mason(ds), Paulinho Da Costa(perc), Alex Acuna(perc), Ivan Lins(vo), Regina Werwick(vo), Carol Rogers(vo), Marietta Waters(vo)

2018年7月11日 (水)

"Captain Marvel"と言ってもStan Getzの方ね(笑)。

"Captain Marvel" Stan Getz (Columbia)

_20180708_2_2映画「アベンジャーズ」シリーズの次作において,登場が確実視されているキャラクターが「キャプテン・マーベル」だが,「アベンジャーズ」に登場する前に,自身を主人公とする映画の公開も決まっているのだから,Marvelも商売がうまいよねぇ(笑)。しかも,それを演じるのがBrie Larsonってのはある意味凄いキャスティングだ。

しかし,ジャズ界において"Captain Marvel"と言えば,本作ということになるが,改めてアルバムのジャケ(特に裏ジャケ)を見てみると,若干はコミックの「キャプテン・マーベル」を意識していないような気がしないでもない。だが,本作の重要性はそんなことではなく,あくまでもStan GetzがChick Coreaのレパートリーを中心に,超豪華と言ってよいメンツでレコーディングしたということにあることは言うまでもない。後にライブでもAirtoを抜いたメンツで再演されるプログラム(ライブ盤に関する記事はこちら)であるが,曲目を見れば,Stan Getz版Return to Foreverと呼んで問題ないことは,ジャズ・ファンならば一目瞭然である。即ちECMでの"Return to Forever"と,ポリドールから出た"Light as a Feather"のほぼ合体形+αなのだから,それだけでも「おぉっ!」となるわねぇ。

そして,Chick CoreaのRhodesに乗って,テナー1本で演奏されるこれらの曲は,オリジナルとはまた異なった味わいがあって,非常に面白い。しかもGetzの演奏は快調そのもの。何を吹いてもいけるねぇ,とついつい思わせてくれるStan Getzである。

それにしても,このメンツがどういう理由で構成されたのかは,いまだによくわからないものの,これだけのメンツを集められてしまうところが,Stan Getzのまた凄いところと言えるかもしれない。まぁ,この頃は,Tony Williamsはさておき,Chick CoreaやStanley Clarkeはまだそれほどのビッグネームとは言えない頃であるから,難しくなかったのかもしれないが,今にして思えば,こういうメンツでレコーディングを行っていたStan Getzのある種の時代を見る目と言うのを感じる。星★★★★☆。

Captain_marvel尚,全然関係ないが,Brie Larsonが演じるCaptain Marvelのポスターが公開されているので,ついでに貼り付けておこう。脈絡なしでも"Captain Marvel"は"Captain Marvel"ってことで(爆)。

Recorded on March 3, 1972

Personnel: Stan Getz(ts), Chick Corea(el-p), Stanley Clarke(b), Tony Williams(ds), Airto Moreira(perc)

2018年7月10日 (火)

奥方Fleurineの新作にBrad Mehldauが4曲で客演。

"Brazilian Dream" Fleurine (Sunnyside)

_20180708Brad Mehldauは奥方Fleurineのアルバムにも結構ゲスト参加しているが,今回の新作も同様である。アルバム・リリース後のライブにもゲストで出ているから,随分奥さん思いだといつも感心してしまう。私が彼女のアルバムをこのブログで取り上げたのはもう10年以上前の"San Francisco"になる(記事はこちら)が,彼女のアルバムはそれ以来ってことになるのかもしれない。"San Francisco"でも感じられたブラジリアン・フレイヴァーが今回は更に強まって,タイトル通り完全にブラジル的なアルバムになっている。

今回,Brad Mehldauはrhodesとピアノで4曲に客演しているが,あくまでもバッキング中心の,楚々としたプレイぶりである。このアルバムにはクリポタことChris Potterも3曲で客演しているが,4曲目"Ausencia de Paixao(Passion)"において、テナー・ソロで場をかっさらうのとはちょっと違う(笑)。もちろん,Mehldauも6曲目"My King"や"Sparkling Gemstone"等でソロは聞かせるが,出しゃばった感じはない。だからと言って,決してクリポタが出しゃばっているという訳ではないので念のため。あくまでもおぉっ,クリポタ!と思わせるだけである(笑)。

今回はバックのミュージシャンも"Boys from Brazil"としてブラジル人で固めているが,彼らはFleurineのWebサイトの情報によれば,NYCをベースにして活躍している人たちのようである。そういう人たちのサウンドをバックにしたFleurineは,オランダを出自とするにしては,いい感じのブラジル感を醸し出している。私はブラジル音楽もそこそこ好きだが,そんな私でも非常に心地よく聞くことができるアルバムになっている。彼女はギターでここに収められたオリジナルを作曲したらしいが,かなりブラジルにはまっているってことなのだろう。

もちろん,リアルなブラジル音楽を聞くなら,私はMaria Ritaのアルバムを選ぶだろうが,それでもBrad Mehldauやクリポタの客演もあり,これは相応に評価してもよいと感じている。聞いてもらえばわかるが,ちゃんとブラジル音楽になっているのである。そうした点も加味して,甘いの承知で星★★★★☆としてしまおう。尚,レコーディング日の記載はあるが,年が書かれていない。多分2017年だろうということで下記のような記述にしておく。

Recorded on May 30 & 31, 2017(?)

Personnel: Fleurine(vo, g), Ian Faquini(g), Eduardo Belo(b), Vitor Goncalves(p, accor, rhodes),Rogerio Boccato(perc), Chico Pinheiro(g), Brad Mehldau(p, rhodes), Chris Potter(ts, ss, a-fl) with Strings and Horns

2018年7月 9日 (月)

Ry Cooderの新譜:どこまで渋いのか

"The Prodigal Son" Ry Cooder(Fantasy)

_20180707_2Ry Cooder,6年ぶりのスタジオ作だそうである。そうは言っても,2013年には素晴らしかったライブ盤をリリースしている(記事はこちら)から,そんなに久しぶり感はない。だが,今回はRy Cooderのオリジナル(息子との共作も含む)は3曲で,そのほかは古い曲が揃っている。それも教会で歌われていたような曲が多いようである。だからと言って,極端にスピリチュアルな感じはしないし,ゴスペル,ゴスペルした感じではない。

基本的にはRy Cooder自身と息子のJoachim Cooderのドラムスで演奏は構成され,そこに若干のゲストが加わるというかたちになっているが,親子でこういうアルバムを作ってしまうってのは,実に羨ましい感じがする。

Ry Cooderという人は,昔から様々な音楽的なフレイヴァーに深い理解を示すとともに,古い曲に光を当てる活動をしていたので,今回のアルバムに関しても,そうした彼の志向は何も変わっていない。そして,昔から渋いなぁと思わせる部分もあったが,それも変わらない。71歳になった現在,更に声は渋みが増し,味わいが更に深まったってところか。

まぁ,現代において,Ry Cooderのやっている音楽は,幅広いオーディエンスに訴求する訳ではなかろうが,こういう音楽を好む私のようなリスナーにとっては,まさに聞いているだけで極楽みたいに感じるものである。そして,Ry Cooderのスライドの腕には全く衰えはない。もちろん,Derek Trucksのような切れ味はないが,Ry Cooderならではの音色は健在である。やっぱりいいねぇ。

ということで,実はこのアルバムも買うか買うまいか,あるいはストリーミングでよしとするか悩んでいたが,これは買って正解と言えるアルバムであった。星★★★★☆。この渋さを理解するのに最適な映像がYouTubeにアップされているので,貼り付けておこう。

尚,ライナーにも書かれているが,長きに渡って,Ry Cooderのアルバムに参加し,ここにも参加しているTerry Evansは今年1月に亡くなっており,これが彼にとっての遺作となるだろう。R.I.P.

Personnel: Ry Cooder(vo, g, mandolin, banjo, b, key), Joachim Cooder(ds, perc), Robert Francis(b), Aubrey Haynie(vln), Terry Evans(vo), Arnold McCuller(vo), Bobby King(vo) 

2018年7月 8日 (日)

Antonio Sanchezはビッグバンド化しても素晴らしいが,私としてはコンボの方がいいと思う。

"Channels of Energy" Antonio Sanchez(CAM Jazz)

_20180707リリースされてから待てど暮らせどちっともデリバリーしないAmazonからHMVに発注替えをして,今頃になってこのアルバムが到着した。本作がリリースされたのは3月下旬だったはずだから,約3カ月半遅れとなってしまって,なんだか新譜として紹介するのもしまりがない(爆)。

それはさておきである。Antonio Sanchezのアルバムはどれも出来がよく,興奮度も高い音楽だと思っている。これまでのアルバムについても,私はかなり高く評価してきたつもりである。そんな彼の音楽はビッグバンド化しても,優れたものになるだろうという予測は簡単につく。本作もアレンジと指揮は名手,Vince Mendozaであるから,作品としての成功は約束されたようなものである。本作も聞いてみれば,モダン・ビッグバンドのアルバムとしてはよく出来たものという評価は可能だと思う。WDR Big Bandの面々のソロも立派なものである。

それはそうなんだが,私がビッグバンドのアルバムをあまり聞かないこともあるだろうが,私はここで演奏されている曲については,コンボで演奏したものの方が興奮度が高かったように思えるのである。私がAntonio Sanchezに求めるものは,演奏の熱量ということもあるが,それがビッグバンド化によって,やや薄まった感覚がある。これはあくまでも好みの問題ではあるが,私としてはこのアルバムに満足はしながら,Antonio Sanchezの本質はこれではないだろうと思ってしまった。

ただ,実によくアレンジされていて,2枚組で80分を越えるヴォリュームも一気に聞かせる力は十分にあるし,Antonio Sanchezのプッシュも効いている。結局どのような編成でも叩けるというドラマーとしての多才ぶりは十分に捉えられているが,でもやっぱり,私はコンボでの熱い演奏の方が好みだな。ということなので,完全に個人的な好みの問題ではあるが,星★★★★ってところに落ち着かせよう(苦笑)。

Recorded on December 5-10, 2016

Personnel: Antonio Sanchez(ds), Vince Mendoza(arr, cond), Johan Horfen(as), Karolina Strassmayer(as), Oliver Peters(ts), Paul Heller(ts), Jens Neufang(bs), Wim Both(tp), Rob Bruynen(tp), Andy Haderer(tp), Ruud Bruels(tp), John Marshall(tp), Lorenzo Ludeman(tp), Martin Reutner(tp), Jan Schneider(tp), Ludwig Nuss(tb), Shannon Barnett(tb), Andy Hunter(tb), Mattis Cederberg(b-tb), Paul Shigihara(g), John Goldsby(b), Omer Klein(p, el-p)

2018年7月 7日 (土)

Utopiaボックスがようやく到着。

“The Road to Utopia: Complete Recordings 1974-82” Todd Rundgren/Utopia (Friday Music)

C98715bcc57b47108e608eac94ad2483Amazonで早々と予約していながら,入手困難でキャンセルされたボックス・セットをHMVで再注文したものが,発送のタイミングもあって,ようやくデリバリーされた。

まだディスクは聞いていないものの,正直言って,私は彼らの音楽にこれまで数多く接してきた訳ではない。実のところ,これまで購入したことがあるのは”Ra“だけなのだが,そのオープニング・トラックのカッコよさはまさに強烈なレベルだったと思っている。

ということで,”Ra“を含め,彼らの音楽に改めて触れることを楽しみにしている私である。

それにしても,最近のAmazonは実にけしからん。このボックスのキャンセルもそうだが,Antonio Sanchezの新譜もいつまで経っても入荷せず,結局こちらからキャンセルするなど,デリバリーが全くなっていない。CDを売るよりも,デジタル・シフトを消費者に押し付けているのではないかと思いたくもなる今日この頃。マーケットプレースの業者の方が良心的だと言っておこう。

2018年7月 4日 (水)

惜しかった!頑張った!! ありがとう,日本代表!!!

Photo

ワールドカップ決勝トーナメントの日本対ベルギーの戦いは実に素晴らしい一戦であった。前半,ベルギーに押し込まれ,防戦一方となる時間もあった日本がなんとか0対0でしのぎ,後半の3分,7分と原口,乾が立て続けにゴールした時は,私は早朝にもかかわらず,大いに興奮させられたし,新たなジャイアント・キリングかとマジで思わせた。原口のゴールも,乾のゴールも実に見事なものであり,特に乾の無回転ミドルはまさにビューティフル・ゴールと言ってよいものであった。

Photo_2このまま行けるのではないかと思わせたところでの,フェルトンゲンのヘッドがふらふらと上がって,入ってしまったあの一点目が痛かった。ある意味あんなへなちょこゴールをされるぐらいなら,ドカンと一発突き刺された方が諦めもつくというものである。あれはかなり精神的なダメージを与えたはずであるし,ベルギーには活力を与えてしまった。

そして,ベルギーの選手交代の妙と言うべきか,高さを誇るフェライニのヘッドによる同点ゴールは,まさに狙い通りの得点であった。それでもその段階では同点であったし,本田のFKは惜しくもセーブされたものの,アディショナル・タイムでの大きな得点機であった。そして,4分のアディショナル・タイムも残り30秒となったところで,日本はコーナーキックを獲得したのだが,残り時間を考えて点を取りに行ったというその気持ちは理解できない訳ではない。しかし,その後,ベルギーにこれ以上はないというカウンターを完璧に決められ,何とも憎らしいことにゴール前でルカクがスルーし,これも交代で入ったシャドリが決勝点をあげるという結果を生んでしまった。

Photo_3結果論になるが,あのCKをショート・コーナーを使って,時間ギリギリになるまでボールを保持し,最終的にシュートで終えていれば,得点,あるいは延長戦という可能性もあったように思えるだけに,あの時間帯でのコーナーキックの判断の是非は問われても仕方がない部分はある。だが,勝利を目指してのCKであり,かつベルギーの残り30秒からのカウンターが本当に完璧だったことを考えると,残念だったが,負けは負けである。

私はポーランド戦の戦術に関しては徹底的に批判したが,ベルギーとは正々堂々戦って欲しいと,このブログにも書いた。そして彼らは正々堂々と戦い,正々堂々と散った。まさにこれこそポーランド戦では感じることができなかったスポーツマンシップである。このゲームは大きな感動を多くの人に与えたはずだし,日本代表が一皮むける契機になるのではないかと期待できる試合であった。

本当に惜しかった。でも日本代表はよく頑張った。乾,原口,酒井宏樹の涙を見て,朝から私はもらい泣きをしていたが,大会前に,これほどの日本代表の戦いぶりを誰が想像しただろうか。今回の頑張りは胸を張るべき戦いぶりであった。だから,彼らには顔を上げて,堂々と帰国,あるいは,自分の所属チームに帰って行って欲しい。そして,4年後には今回のメンバーから大幅に入れ替えが起こるだろうが,これまで長きに渡って主将としてチームを支えた長谷部は代表引退だそうである。長谷部のこれまでのリーダーシップと精神力には頭が下がる思いだ。そして,今回,献身的な守備でルカクを抑えた昌子は4年後もディフェンスの柱として活躍し,柴崎は今回にも勝る的確なロング・パスやスルー・パスを連発していることを確信している。そうした中で,おそらく日本が強化すべきは,オフェンス時のスピードのギアを一段上げる能力だろう。それができるのは今のところ,今回は代表からもれた浅野ではないかと私は思っている。日本にもスピード・スターは必要なのだと強く感じさせたのは事実であるが,そうした今後の日本代表の姿を想像する楽しみも,彼らは与えてくれたと思う。

いずれにしても,ベルギー戦での日本代表の戦いぶりに改めて大きな拍手を送るとともに,声を大にしてありがとう!と言いたい。

2018年7月 3日 (火)

VARは是か非か。

今回のワールドカップにおいては,VAR(Video Assistant Referee)の導入は大きな改革の要素だと思える。その一方で,これによってゴール前の微妙な判定が覆えることも多々あるように思え,レフェリーの価値や質の低下を招く可能性も否定できないだろう。また,VARによって,試合の流れが分断されることが多く見られるのも事実なのだ。まぁ,新しい仕組みには,往々にして負の要素がつきまとう訳で,今回は今回として,次回からはゴール時の得点判定は残しつつ,その他の判定については,バレーボールやテニスのようにチャレンジ方式を採用してはどうだろう?そうすれば,何でもかんでもVARっていうことにはならないし,主審の恣意的な判断は排除し,チャレンジ対象となったプレーに関してはVARの判断を絶対的なものとすればいいと思える。

ほかの競技で採用されている方式をうまく取り入れることも知恵だと思うのはきっと私だけではないはずだ。FIFAもどうすれば運用がスムーズになるのかを考えることも必要だと感じる今大会。

2018年7月 2日 (月)

話題沸騰。John Coltraneの未発表音源の発掘。

"Both Directions at Once: The Lost Album" John Contrane(Impulse)

_20180701John ColtraneはPrestige,Atlantic,Impulseとレーベルを渡り歩いたが,巨人としての地位はやはりImpulseレーベルにおける諸作によって確立したと言っても過言ではないだろう。そんなImpulseレーベルにおける完全未発表音源が発見されたとすれば,それはまさに大きなニュースである。このアルバムのリリース情報が世の中に出回った時に,私はたまたまNHKの「ニュースウォッチ9」を見ていたのだが,まさかNHKのニュースでこのアルバムに関する情報が報じられるとは予想していなかった。裏を返せば,それだけのビッグ・ニュースということになるが,世間一般の人がそのニュースを聞いてどう思ったのかってのは極めて興味深い。

それはさておきである。6/29に全世界同時リリースというのが,このアルバムに対する世の中の期待値,あるいはその位置づけを裏付けているようにも思える。そしてこのアルバムを最初に聞いたのはテナーの聖地,新橋のBar D2においてであったが,家に帰って冷静に聞いた後の感触を書いてみたい。

ライナーにはJohn Coltraneの息子,Ravi Coltraneが"To my ears, it was a kicking-the-tires kind of session."と述べているという記述がある。それはそうなのかもしれないし,ちゃんとアルバムとしてのリリースを意図したものだったのかは,マスター・テープが失われているので,何とも言えない。だが,このレコーディングにプロデューサーであるBob Thieleがいたかどうかは全くの謎であり,このアルバムの位置づけは実はよくわからない。Raviが言うように,リハーサル的なものだった可能性も,リリースを意識した録音だった可能性の両方が存在する。

そして,音源を聞いてみると,誰がどう聞いてもColtraneのサウンドが聞こえてくるわけだが,"Nature Boy"はさておき,オペレッタ「メリー・ウィドウ」から"Vilia"のような曲をやっているのが,ほかの曲から浮いた感じがしたのは事実である。この辺りをどう評価するかは各々の聞き手に委ねられるということだろうが,この曲,”Live at Birdland"のCDのボートラとしても,本作と同日の録音が収録されているようだ。私個人としてはちょっとイメージが違うってところだろうか。

だが,全編を通して聞けば,Coltraneクァルテットは快調そのものである。本作はJohnny Hartmanとのアルバムの前日だが,以前はこの頃,あるいは"Ballads"吹き込みの頃のColtraneが,マウスピースの不調に悩まされていたというような情報があったが,それはガセネタだったのではないかと思いたくなるような吹きっぷりなのである。実際にColtraneがインタビューでそう語ったという話もあるのだが,演奏を聞いている限り,そんなことはないように思える。マウスピースの件が事実だとしても,この頃には既に復調していたということなのかもしれない。

いずれにしても,世に出ただけで感謝すべきアルバムであり,多少の瑕疵には目をつぶって,歴史的価値を重視して星★★★★★としてしまおう。久しぶりに,このクァルテットのスタジオ音源を集成したボックスが聞きたくなった。

Recorded on March 6, 1963

Personnel: John Coltrane(ts, ss), McCoy Tyner(p), Jimmy Garrison(b), Elvin Jones(ds)

2018年7月 1日 (日)

「ハン・ソロ」は製作の必然性が問われる部分が大きいと思えた。

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー("Solo: Star Wars Story")」('18,米,Lucasfilm/Disney)

Photo監督:Ron Howard

出演:Alden Ehrenreich,Joonas Suotamo, Woody Harrelson, Emilia Clarke, Donald Glover

米国内での興行の不振が伝えられる「スター・ウォーズ」の派生作品である。この映画の興行が盛り上がらない理由としては,このフランチャイズのファンたちが受け入れるか,受け入れないかという観点で,オリジナル・シリーズとの連続性が十分,あるいは必然的でないがゆえに,反発を食らったことが大きいのではないかと思われる。それがおそらく好意的に迎えられた「ローグ・ワン」との大きな違いだろう。「ローグ・ワン」はフランチャイズの間を埋めるストーリーとしてあってもよいもの,そして納得感のある作品であるのに対し,本作は別になくてもいいというのが決定的な違いである。

私のようにこのフランチャイズは結構好きでも,決して熱烈なファンではない人間にとっては,スター・ウォーズ・フリークの反応はよく理解できないところがある。それぞれの価値観があることはよいとしても,価値観の押しつけはあまり好ましいことではないと思える。それが悪い方向に出たのが,「最後のジェダイ」でのRoseを演じたKelly Marie Tranに対する誹謗中傷であろう。ファン心理は否定しないが,何をやってもいいってものではない。だが,そうした心理が「興行」に反映したのがこの映画と言ってもよいだろう。

ただ,この映画,見てもらえばわかるが,「スター・ウォーズ」から独立したかたちで見れば,そこそこ面白い映画に仕上がっているのは事実である。だが,「スター・ウォーズ」に引っかけたかたちで捉えなければならない観衆の立場からすれば,そもそもフランチャイズと切り離して考えることなど不可能なのである。ただ,シナリオをLawrence Kasdanが担当し,監督をRon Hawardが務めた割には,納得感がある出来とは言えないのが辛い。無理にエピソードを詰め込み過ぎたシナリオの問題が大きいと言ってもよいだろう。

ということで,私は「ローグ・ワン」は非常によく出来ていたと思ったが,本作はそれなりのアクション映画としての評価が精いっぱいってところだろう。私としては,無理やりこうした派生作品を作る必然性がないというのが本作への偽らざる評価である。結局のところ,批判されるべきは,映画そのものと言うよりも強欲なディズニーだろう。星★★★。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

Amazon検索

2017年おすすめ作