2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« これまた久々のEric Dolphy: "The Illinois Concert" | トップページ | 「ハン・ソロ」は製作の必然性が問われる部分が大きいと思えた。 »

2018年6月30日 (土)

日本対ポーランド戦についての思い。

Photo

日本代表の決勝トーナメント進出は非常にめでたいことだ。そのことに異議はない。下馬評を覆した日本代表には改めて敬意を表したい。だが,雌雄を決するポーランド戦の内容については,私は全く納得していない。

今回の試合にはいろいろなシナリオがあった。日本が勝つか引き分けるのが最も確実な決勝トーナメントへの進出方法である。敗戦したとしても,コロンビア〜セネガル戦の結果次第では進出の可能性があることはわかっているから,それに応じた戦い方もあるのもわかる。だが結果によりグループ首位通過と2位通過では,今後に大きな違いがあることも事実であった。

だが,最初の勝つか引き分けというシナリオは,ポーランドに先制を許した段階で崩れた。そもそもあのFKからの失点が全くいただけない。大迫がゴール前につめ、酒井高徳もマークに入っていながら,上の写真のように簡単に振り切られ,完全に相手DFベドナレクをフリーにしてしまったあのディフェンスはなんだ?セットプレーへの対応が課題でありながら、あれでは問題である。この段階では,コロンビア対セネガルがスコアレスのままだったので,日本は絶対に点を取りに行かなくてはならない状況だった。

しかし,その後,日本は足が止まり,前線にボールがフィードできないばかりか,攻めなければならない時間に,逆にポーランドに押し込まれていたのが次なる問題だ。天候や連戦による疲労もあるだろうが,全く攻撃になっていなかったのは明らかだ。

そしてコロンビアが1点先制した後の,パス回しで時間稼ぎをした姿には,私はスポーツマンシップの欠如を強く感じた。今回の日本代表は逆境をはね返す強さを持っていることが,彼らに対する評価を上げた要因であるにもかかわらず,あのやり口は何なんだ。「試合に負けて,勝負に勝った」と言えば聞こえはいいが,これからサッカーを目指す青少年に対してさえ悪影響しか及ぼさないあのやり方は,どうしても褒められないし,何の感動もなかった私である。

西野監督の采配はあれはあれで仕方がない部分もあるし,1位通過したいコロンビアだってセネガルに得点機を与えないため,ボール回しに徹していたかもしれない(そっちは見ていないからわからないが...)。ポーランドも勝ち点3があればいいと思ったのか攻め手を緩めたのも事実だ。だとしてもである。私は今回の試合にはどうしても後味の悪さを感じたし,あのやり方は日本らしくないとしか言いようがない。"Samurai Blue"というニックネームが空々しく響き,フェアプレー・ポイントで薄氷の一次予選通過というのが,まさにジョークとしか思えない。あの戦い方はフェアプレーから乖離したものであり,単なる勝利至上主義だ。

次戦は更なる強豪ベルギーが相手である。次からはノックアウト方式なのだから,今回のような「せこい」戦い方は許されない。日本代表が最初の2戦から,ポーランド戦前半までのような正々堂々とした戦いを挑む姿が見たい。

ベルギー戦では今回のことは水に流して応援するが,午前3時キックオフはきついよなぁ。延長だ,PK戦だってなると,終了時間は更に遅くなる訳だが,いずれにしても予選リーグ通過チームとして,敗退したセネガルのためにも全力で戦って欲しいものである。

« これまた久々のEric Dolphy: "The Illinois Concert" | トップページ | 「ハン・ソロ」は製作の必然性が問われる部分が大きいと思えた。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66881312

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対ポーランド戦についての思い。:

« これまた久々のEric Dolphy: "The Illinois Concert" | トップページ | 「ハン・ソロ」は製作の必然性が問われる部分が大きいと思えた。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作