最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Fred Herschとクラリネットのデュオの旧作を今更ながら...。 | トップページ | 久しぶりに聞いたJ.J. Johnsonのアルバム »

2018年6月25日 (月)

日本対セネガル戦を振り返る。

Photo

勝ち点3同士の日本対セネガルの試合は,決勝トーナメント進出を占う上で,非常に重要な一戦となった。結論から言えば,勝つチャンスは間違いなくあった。しかし,先制された後,乾のゴールで追いつき,勝ち越された後,本田のゴールで追いつく展開は,今までの日本代表と異なる部分を感じさせ,収穫も感じさせるドローだった。

セネガルのカウンターとそのスピードは確かに脅威であり,危ないシーンも何度かあった。だが,細かいパスへの対応能力には限界もあり,そこをついていけば,勝機はあると思いながら試合を見ていた。ただ,日本代表には相変わらずつまらないパスやクリアのミスもあれば,特に前半はプレスもかけられないほど,翻弄されている印象があったのは確かである。1点目の失点は原口の明らかなクリア・ミスに,GK川島の判断ミスが重なったものであり,早い時間の失点にがっくりきたのも事実である。

しかし,前半のうちに乾のゴールで追いついたのは,本当によかったと思う。だが,後半も攻勢に出ていた日本代表に対し,一瞬の隙をついて2点目を入れられたときは,正直敗戦を覚悟していた。間違いなく,後半に入って香川の活動は目立たくなっていたし,原口も疲労していた。そこに交替で入れた本田で追いついてしまうという展開を誰が想像しただろうか。西野監督の采配が当たったと言えばその通りであるが,正直これは今までの日本代表ではなかったことなのだ。

今までの日本代表は,勝ち越しや逆転を許すと,途端にダメダメになるというパターンを繰り返してきたことを考えると,今回の日本代表は,周囲からボロクソに言われていたのを精神のてこにして強くなっているとしか思えない。正直言って,私も本田は日本代表に必要なのかと思っているクチだが,コロンビア戦,セネガル戦での貢献を考えれば,好き嫌いは別にしても,本当にこの人は何かを「持っている」としか言いようがない。

だが,この試合で2得点の起点になったのはあくまでも乾であって,私はMVPは乾とするべきと持っている。本当に乾の左サイドからゴール右端に突き刺すゴールは,何度見ても素晴らしいし,彼の得意技と言ってもよいだろう。

ポーランド戦はそれこそ引き分けでもいい訳だが,ここを勝ちに行く姿勢を示して,最低でも勝ち点1を得れば,日本代表は決勝トーナメント進出なのである。ポーランドはそれでもFIFAランキング上位国として真っ当な勝負を仕掛けてくるだろうが,モチベーションは相当影響するはずである。よって,次戦ポーランド戦は日本代表有利だと思って,28日の試合に臨むこととしよう。

まぁ,決勝トーナメントに進出したとしても,次の相手はベルギーかイングランドという鬼のような相手であるが,勝ち残ることにまずは価値がある。ってことで,今日も頑張れニッポン!で締めておこう。こうなったら勝って1位通過だ!

« Fred Herschとクラリネットのデュオの旧作を今更ながら...。 | トップページ | 久しぶりに聞いたJ.J. Johnsonのアルバム »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66867809

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対セネガル戦を振り返る。:

« Fred Herschとクラリネットのデュオの旧作を今更ながら...。 | トップページ | 久しぶりに聞いたJ.J. Johnsonのアルバム »

Amazon検索

2017年おすすめ作