2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Adam Rogers DICEライブの戦利品。 | トップページ | Billy Bragg & Joe Henry:音楽版ロード・ムービーって感じのアルバム。 »

2018年6月 4日 (月)

私にとってのMe'Shell Ndegéocelloの最高傑作はこれだ!

"Peace Beyond Passion" Me'Shell Ndegéocello(Maverick)

_20180602_4Me'Shell Ndegéocelloは結構な数のアルバムをリリースしており,その度に私もこのブログでも取り上げてきたつもりである。そうは言いながら,最新のカヴァー・アルバムはストリーミングで一回聞いただけで,記事にもしていないので,偉そうなことは言えない。

しかし,これまでも繰り返し書いてきたのだが,私にとって,彼女の2作目である本作のインパクトは超強烈なものだったと思うし,これが彼女にとっての最高傑作であるという評価には何の変わりもない。とにかく,世の中こんなにカッコいい音楽があるのかとさえ思ったのも懐かしい。このアルバムがリリースされて,もう20年以上経過しているが,そうした感覚には今でも同様である。そして,音楽として全く古びた感じがしない。

これは多分,私の音楽的な嗜好とのマッチングということもあるだろうが,どこから聞いてもいけている。それはプロデュースをしているのが,Scritti Polittiにも参加していたDavid Gamsonだということもあるかもしれないが,ここでの音楽はScritti Polittiよりもはるかにファンク度が高い。そして,このファンク・フレイヴァーに溢れた音楽に,Me'Shell Ndegéocelloのディープな声が何ともマッチしているのが最高にいいのである。

そして,よくよくクレジットを眺めると,おぉっ,こんなところにこんな人がって感じの発見も多い。まじで最高なのだ。私はこのアルバムには星★★★★★以外の評価はできない。それぐらい痺れる音楽(きっぱり)。

Personnel: Me'Shell Ndegéocello(vo, various instruments), David Gamson(prog), Wah Wah Watson(g), Wendy Melvoin(g), David Fiuczynski(g), Federico Gonzalez Pena(el-p, perc), Billy Preston(org), Oliver Gene Lake(ds), Daniel Sadownick(perc), Luis Conte(perc), Joshua Redman(sax), Bennie Maupin(b-cl), Paul Riser(strings arr)

« Adam Rogers DICEライブの戦利品。 | トップページ | Billy Bragg & Joe Henry:音楽版ロード・ムービーって感じのアルバム。 »

ソウル/R&B」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66786378

この記事へのトラックバック一覧です: 私にとってのMe'Shell Ndegéocelloの最高傑作はこれだ!:

« Adam Rogers DICEライブの戦利品。 | トップページ | Billy Bragg & Joe Henry:音楽版ロード・ムービーって感じのアルバム。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作