2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Brad Mehldauの新譜,"Seymour Reads the Constitution!"を早速聞く。 | トップページ | Jerry Bergonziの吹くスタンダード。しみるねえ。 »

2018年5月20日 (日)

目立たないが,晩年のWoody Shawが聞けるナイスなワンホーン・ライブ盤。

"In My Own Sweet Way" Woody Shaw (In & Out)

_20180516_2不幸な亡くなり方をしたWoody Shawであるが,彼の残したアルバム群にはほぼはずれがなく,どれを取ってもレベルの高いハード・バップを聞かせてくれる。時が時であれば,はるかに大きな名声を得ていたはずだが,時代がそれを許さなかったというのは何とも皮肉なことである。それでも,70年代後半から80年にはDown Beatの読者投票でトランペット部門の1位になっているから,全く陽が当たらなかったという訳でもないのが救いである。

本作は彼が亡くなる直前か,亡くなった直後ぐらいにリリースされたスイスでのライブ盤で,録音は亡くなる約2年前。ライブ盤ではあるが,聴衆の拍手等はかなり抑えられている。ドイツのIn & Outレーベルから出ているからなのか,とにかくあまり注目されないのがもったいないアルバムである。なんと言っても,Woody Shawのワンホーンが楽しめるという点がポイントが高い。

スタンダードでも,メンバーのオリジナルでも,テンポが速かろうが,遅かろうがここでのWoody Shawのラッパを聞いたらついつい感動してしまう。特にWoodyに捧げられたと思われる"Just a Ballad for Woody"におけるバラッド表現を聞いていると,目頭が熱くなる思いだ。ミュートで演じられる"In My Own Sweet Way"もリリカルでいいのである。バックを務めるトリオも控えめな助演に徹し,ここでのWoody Shawの魅力を際立たせている。こういう演奏を生で聞けたスイスの聴衆は幸せだと言いたい。

もっと世の中に知られてよいアルバムとして,星★★★★☆としよう。

Recorded Live in Zurich and Bern on February 7 & 8, 1987

Personnel: Woody Shaw(tp), Harold Henke(p), Neil Swainson(b), Tommy Deutsch(ds)

« Brad Mehldauの新譜,"Seymour Reads the Constitution!"を早速聞く。 | トップページ | Jerry Bergonziの吹くスタンダード。しみるねえ。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66727345

この記事へのトラックバック一覧です: 目立たないが,晩年のWoody Shawが聞けるナイスなワンホーン・ライブ盤。:

« Brad Mehldauの新譜,"Seymour Reads the Constitution!"を早速聞く。 | トップページ | Jerry Bergonziの吹くスタンダード。しみるねえ。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作