最近のトラックバック

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 才能のかたまりだったPaul Butterfield Better Days。 | トップページ | 4,000件目のエントリーは"Bitches Brew"にしよう。 »

2018年5月 7日 (月)

Uncle Tupelo: オルタナ・カントリーとカントリー・ロックは何が違うねん?(笑)

"Anodyne" Uncle Tupelo(Sire)

_20180504このアルバムを聞くのも久しぶりである。Uncle Tupeloはその後,袂を分かってSon VoltとWilcoの2バンドに派生していくわけだから,その後のことを考えれば,大きな意義があったバンドだったと言えるだろう。

Uncle Tupeloはオルタナ・カントリーだと呼ばれるのが一般的だが,このオルタナ・カントリーってのが実はよくわからない。誤解を恐れずに言えば,私は典型的なカントリーっていうのは,日本で言えば演歌と通じるものだと思っている。一種特殊な発声法はほかの音楽と違うし,明らかにロックとは違うのだ。その昔,Eaglesはカントリー・ロックだと言われたのだが,あれがカントリー風味を持つロックだったとすれば,オルタナ・カントリーは,出自はカントリーのミュージシャンがオルタナ・ロックやパンクの影響を受けた音楽って感じだろうか。だが,今の耳で聞けば,カントリー・ロックだろうが,オルタナ・カントリーだろうが,いいものはいいし,そんなに大きな違いを感じさせるものでもないってのが実感だ。

ここでも,冒頭の"Slate"などはカントリー・フレイヴァーが強いが,ロック色の強い曲は,それこそカントリー・ロックと呼んでも全然問題ないではないかと思わせる。そうしたジャンル分けはさておき,このアルバムの優れたところは,曲が粒揃いだということだろう。Jay FarrerとJeff Tweedyという2トップによるソング・ライティングの質が高く,彼らがその後もバンドを継続していたらどうなるかと想像してみたくなる。だが,この二人の仲たがい具合は半端なものではなかったようだから,再結成などありえない話のようだ。

だが,このアルバム・リリースまではちゃんと均衡を保っていて,その後破たんするとは思えない音楽が聞ける。逆に言えば,バンドとして最終作となった本作は彼らの最後の輝きと言ってよいものだったのかもしれない。と言っても,これ以外彼らの音源は聞いたことがないので,比較はできないが,そのうちApple Musicで聞いてみることにしよう。いずれにしても,私にとってはカントリー・ロックの快作という評価は揺るがない。星★★★★☆。

Personnel: John Farrar(vo, g, mandolin), Jeff Tweedy(vo, g, b), Max Johnston(fiddle, lap-steel, dobro), John Stirrat(b), Ken Coomer(ds), Doug Sahm(vo, g), Lloyd Maines(pedal-steel)

« 才能のかたまりだったPaul Butterfield Better Days。 | トップページ | 4,000件目のエントリーは"Bitches Brew"にしよう。 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66682081

この記事へのトラックバック一覧です: Uncle Tupelo: オルタナ・カントリーとカントリー・ロックは何が違うねん?(笑):

« 才能のかたまりだったPaul Butterfield Better Days。 | トップページ | 4,000件目のエントリーは"Bitches Brew"にしよう。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作