最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« Ralph Townerファンも納得のECMのセッション・アルバム"If You Look Far Enough" | トップページ | 英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」 »

2018年5月15日 (火)

Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。

"Stuff" Stuff(Warner Brothers)

_20180513_2_3最近は昔の音源が廉価CDで購入できるようになっているが,この時代の音源は正直言って買わなくてもストリーミングでも全然問題ない(爆)。しかし,ついつい買ってしまうのが我々の世代の性って気もする。

Stuffについては,彼らのベスト盤"Right Stuff"をかなり前にこのブログに書いたことがある(記事はこちら)。そこにも書いているのだが,実は彼らの演奏で私の耳に最も心地よいのはこのファースト・アルバムではないかって気がすることもあって,廉価で出た時に本作と,第2作"More Stuff"を購入したのであった。

なぜ,このファーストが心地よいのかと言えば,それは我々の世代がおそらく耳にする機会が多かったNHK-FMの番組「軽音楽をあなたに」の影響ではないかと思う。そのオープニングに使われていたのが,本作の2曲目"My Sweetness"であったはずである。学校から帰ってきてちょいと休憩しながらラジオをつけて聞いていたのが「軽音楽をあなたに」っていう私の同年代は多いはずである。だから,ここで聞かれるRichard TeeのRhodesの響きに郷愁を覚えることは,まぁ年代が近ければ相当にあるはずと思う。

アルバムとしてプレイバックする機会は今となっては少ないが,それでも2曲目に"My Sweetness"がかかると,ついつい懐かしくなってしまうのである。歴史的に見れば,スタジオ・ミュージシャンに注目させたという点では評価されていいものと思うが,そんなことよりも,このレイドバックした表現を単純に楽しめばいいのではないかと思う。いずれにしても,スタジオ・ミュージシャンの集まりでありながら,個性的なサウンドを聞かせていたと思う。

いずれにしても懐かしいねぇ。星★★★★。こういう記事を書いているところに自分の加齢を感じるが,まぁしょうがないってことで(苦笑)。

Personnel: Cornell Dupree(g), Eric Gale(g), Richard Tee(p, el-p, org), Gordon Edwards(b, perc), Steve Gadd(ds, perc), Christopher Parker(ds, perc)

« Ralph Townerファンも納得のECMのセッション・アルバム"If You Look Far Enough" | トップページ | 英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

洗剤の箱のようなジャケットですが、私も同世代、このアルバムから浮かんだのは、NHKFM「軽音楽をあなたに」
まだ明るい4時過ぎから、抑制の効いた水野美希さんのDJで「今日はMike Mainieri特集です」!
いい番組でした。部活サボって聴いたものでした。

最近購入した、アルゼンチンのグループAca Seca Trioの久しぶりの新譜が良かったですょ。

Used to Be Namy Hayさん,こんばんは。

「洗剤の箱のようなジャケット」って言われてみればその通りですねぇ。笑ってしまいました。やっぱり「軽音楽をあなたに」ですよねぇ。これで大体年がばれるっていことですね。

全然関係ないですが,Aca Seca Trioって赤坂トリオ?って思ってしまいました。あぁ,勘違い。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66716087

この記事へのトラックバック一覧です: Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。:

« Ralph Townerファンも納得のECMのセッション・アルバム"If You Look Far Enough" | トップページ | 英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」 »

Amazon検索

2017年おすすめ作