最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« たまにはこういうのも:Sonny Stittの"Personal Appearance" | トップページ | Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。 »

2018年5月14日 (月)

Ralph Townerファンも納得のECMのセッション・アルバム"If You Look Far Enough"

"If You Look Far Enough" Arild Andersen / Ralph Towner / Nana Vasconcelos (ECM)

_20180513_2このアルバム,名義としてはArild Andersenのリーダー作ということになるが,私はこのアルバムを,Ralph Townerのところに格納している。それぐらい,Ralph Townerの活躍ぶりが目立つセッション・アルバムである。

最近はめっきり減ったが,昔のECMレーベルにはこういうレーベル所属のミュージシャンの組合せによるセッション・アルバム的なものが結構存在した。これもそうした一枚だが,他のミュージシャンのアルバムで,かなりの割合でRalph Townerが参加しているのは,ECMでは,私が認識する限りはこれとJan Garbarekの"Dis"ぐらいしかないのではないか。だからこそ,Ralph Townerファンの私にとっては極めて重要なアルバムと言ってよい。まぁ,途中はAndersenとNanaのデュエットが続くが,アルバム構成上そうなったと思えば,全然問題ない。

本作はプロデューサーとしてArild Andersenがクレジットされているが,Manfred Eicherはミキシングに関わっていて,これがまた,全編いい音で捉えられているって感じである。やはりRalph Townerの12弦ギターの響きはここでも超絶魅力的。

冒頭の"If You Look"と"Far Enough"は1988年にノルウェイの映画音楽として録音されていたもののようで,それを改めてここに入れたようであるが,この2曲はアンビエントな雰囲気が漂っていて,ちょっと感じが違うが,アルバムのバランスは崩していない。そもそもエピローグのようにさえ響く"Far Enough"に続いて最後に収められるのがPaul Simonのアルバム,"One Trick Pony"から"Jonah"というのは意外。それをAndersenがベース・ソロでダメ押しのエピローグ(笑),いや,むしろアンコールのように演じてアルバムは幕を閉じる。

改めて聞いてみると,もう少しRalph Townerの出番を増やしてもらった方が,Townerファンの私としては嬉しかったのだが,それはないものねだりってことで。いずれにしても,いいアルバムである。星★★★★。

Recorded in 1988,July 1991 & February 1992

Personnel: Arild Andersen(b), Ralph Towner(g), Nana Vasconcelos(perc), Audun Kleive(snare-ds)

« たまにはこういうのも:Sonny Stittの"Personal Appearance" | トップページ | Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。 »

ECM」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

このアルバムの記事を私が書いたのが12年も前で、たぶんコメントの手直しでブログにあげたのかもしれず、もっと前にさかのぼるかもしれません。確かに当時はECMのミュージシャンを組み合わせた面白いアルバムが多かったですけど、ここでの組み合わせの妙というか、タウナーも全曲参加ではないですが、ナナ・ヴァスコンセロスの参加も含めていいと思います。

TBさせていただきます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

おっしゃる通り,Nanaは効いてますよね。でもやっぱりこれはTownerがいいっすねぇ。でも今回聞いてよくプロデュースされた感じがありました。Eicherプロデュースならこうなってなかったかも知れませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66715168

この記事へのトラックバック一覧です: Ralph Townerファンも納得のECMのセッション・アルバム"If You Look Far Enough":

» If You Look Far Enough/Arild Andersen [ジャズCDの個人ページBlog]
今日はアリルド・アンデルセンのアルバム。北欧のトラディショナルも数曲演奏していま [続きを読む]

« たまにはこういうのも:Sonny Stittの"Personal Appearance" | トップページ | Stuffのデビュー・アルバム,と言うより,我々の世代には「軽音楽をあなたに」だな(笑)。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作