最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 英国出張中に見た映画:最後は「ガール・オン・ザ・トレイン」 | トップページ | 久しぶりに聞いた"Tattoo You" »

2018年5月28日 (月)

Morton Feldman:これぞミニマルの極北って感じ。

"Morton Feldman: For Benita Marcus" Marc-André Hamelin(Hyperion)

_20180527今まで私はMorton Feldmanが書いた曲を聞いたことはないと思うが,先日デリバリーされたこの作品を聞いて,これこそミニマルの極致だと感じてしまった。Steve ReichやTerry Rileyがミニマルと言われるのとは異なる意味でのミニマルである。それは音数も決して多くないのだが,延々とピアノ・ピアニシモのような音量で,淡々とピアノが演奏されるのである。

これって一聴しただけで,ピアニストには異常な集中力を求めるのではないかと感じさせるに十分である。作曲者のMorton Feldmanは「静かな音が興味を引く唯一のもの」と語っていたそうだが,まさにその通りだとしか思えない静謐な音楽が延々と続けられる。

ECMレーベルは「沈黙の次に美しい音」というのが売り文句であるが,ここでのMorton Feldmanの音楽はよく聞いていないと,ほぼ沈黙に近いと言っても過言ではない。実を言うと,最初はオーディオ・セットが壊れたと思ったぐらいである。

Morton Feldmanはもともとは図形楽譜を始めたらしいが,解釈の自由度を許容するであろう図形楽譜とは対極的な位置づけにあるように思える。ピアニストはピアノ・ピアニシモでがちがちに締め上げられる感じだし,聞いているこっちもそうなのだ。世の中にはこういうのもあるのねぇと感心した訳だが,鑑賞音楽としてのハードルは相当に高いとは言っておこう。こっちの集中力も続かないので,これは聞き流すのが一番ということで,これはもはやアンビエントだな。ということで,私のような凡人には採点不能だが,決してひどいということではなく,まだその本質を理解できていない。一生掛かっても無理かもしれんが(爆)。

Recorded June 6 & 7, 2016

Personnel: Marc-André Hamelin(p)

« 英国出張中に見た映画:最後は「ガール・オン・ザ・トレイン」 | トップページ | 久しぶりに聞いた"Tattoo You" »

現代音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66765172

この記事へのトラックバック一覧です: Morton Feldman:これぞミニマルの極北って感じ。:

« 英国出張中に見た映画:最後は「ガール・オン・ザ・トレイン」 | トップページ | 久しぶりに聞いた"Tattoo You" »

Amazon検索

2017年おすすめ作