最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 目立たないが,晩年のWoody Shawが聞けるナイスなワンホーン・ライブ盤。 | トップページ | ぶちかましのHerbie Hancock(笑)。 »

2018年5月21日 (月)

Jerry Bergonziの吹くスタンダード。しみるねえ。

"Standards Band" Dave Santoro (Double-Time)

_20180516主題からすれば,Jerry Bergonziのリーダー作のように思えてしまうが,これはベーシスト,Dave Santoroをリーダーとするスタンダード集である。しかし,リーダーには悪いが,これはJerry Bergonziのテナーを聞くためにあるアルバム。

Dave SantoroがJerry Bergonziとやったスタンダード作は都合3枚あるが,それに限らず,SantoroとBergonziの共演作は多い。このブログでもピアノレスでやったSantoroのリーダー作"Live"も取り上げている(記事はこちら)。付き合いも長いのだろうが,いいコンビネーションを聞かせる人たちである。

そして,お題はタイトルの通り,スタンダードである。Jerry BergonziはNuttree Quartetにも"Standards"ってアルバムがあるが,スタンダードだけを吹くってのはどちらかと言えば少数派と思える中で,Bergonziらしい音色,フレージングでここに収められた曲を聞くのは何ともおつだ。刺激的とは言えないかもしれないが,たまに聞きたくなるアルバムである。まぁ,それでも"On Green Dolphin Street"とか"I Love You"では結構いじっているが(笑)。

スタンダードと言っても,超有名と言うよりも,若干渋い選曲かなというのも味わい深い。聞けば聞くほど味わいが増すスルメ盤ってところだろう。星★★★★。

しかし,このジャケは何とかならなかったのかねぇ...(苦笑)。

Recorded on November 29, 1998

Personnel: Dave Santoro(b), Jerry Bergonzi(ts), Bruce Barth(p), Tim Melito(ds)

« 目立たないが,晩年のWoody Shawが聞けるナイスなワンホーン・ライブ盤。 | トップページ | ぶちかましのHerbie Hancock(笑)。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66727168

この記事へのトラックバック一覧です: Jerry Bergonziの吹くスタンダード。しみるねえ。:

« 目立たないが,晩年のWoody Shawが聞けるナイスなワンホーン・ライブ盤。 | トップページ | ぶちかましのHerbie Hancock(笑)。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作