最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« ぶちかましのHerbie Hancock(笑)。 | トップページ | The Children of the Light@Blue Note東京: これほど自由度の高い演奏はなかなか聞けない。 »

2018年5月23日 (水)

Fred Hersch Trioの新作はまたもライブ盤。今度はベルギーでの演奏。

"Live in Europe" Fred Hersch Trio(Palmetto)

_20180520ここのところ,順調なペースで新作をリリースするFred Hersch。当ブログで彼の"Open Letter"を取り上げたのが昨年の9月である。その後,Anat Cohenとのデュオ作をリリースしているが,早くも届けられたトリオによるライブ盤である。

トリオによる前作もVanguardでのライブだったが,こうしたライブ盤のリリースの連発は,Keith Jarrettのトリオとかぶる部分を感じる。これがたまたまなのか,意図的なのかはわからない。しかし,前作ではオリジナルを前半に固めるという構成が取られていたが,今回もそうした構成に近い。1曲目こそThelonious Monkの"We See"で幕を開けるが,その後のオリジナル3曲は,アブストラクトな感覚を与えて,特に新曲である2曲目"Snape Maltings"と3曲目"Scuttlers"は,演奏後の拍手からすると,やや聴衆に戸惑いを与えているようにさえ聞こえる。"Whirl"で演じられた"Skipping"も出だしはアブストラクトではあるが,徐々にメロディアスに転じていき,そこからのJohn Taylor,Sonny Rollins,Tom Piazzaに捧げたオリジナル3曲で,一般的に期待されるHersch Trioの演奏になっていくという感じだろうか。そして,ピークをCotton ClubのライブでもやったWayne Shorter作の2曲,"Miyako"~"Black Nile"のメドレーに持って行った感覚が強い。

このトリオによるコンビネーションも高度化することにより,前半に演じられる曲でも,演奏の密度は高いが,ちょっとテンションが高過ぎるかなぁって気がしないでもない。そうした中で,John Taylorに捧げられた"Bristol Fog"で美的な部分が顔を出し始めると,こっちも安心してしまう。またRollinsに捧げた"Newklypso"(Rollinsのニックネームの"Newk"とカリプソをかけたものだろう)で,それっぽいスウィング感を提示しつつ,前曲とこの曲でベース,ドラムスの活躍の場面を演出するところに,Fred Herschの気配りのようなものさえ感じる。

そして,しっとりとしながら,そこはかとなくブルージーな"Big Easy"に続いて演じられる"Miyako"~"Black Nile"のメドレーは,やはり彼らはこうでなくてはならんと思わせるに十分である。これこそ私はこのアルバムの白眉だと思うし,コットンクラブで演じられた同じメドレーに思いを馳せてしまったのであった。あのライブもやはりこのメドレーは演奏の白眉であったことは記事にも書いた通り(記事はこちら)であるし,その感覚が蘇ってきた私である。

最後はHerschのソロで"Blue Monk"で締めるが,テーマをなかなか提示しないで弾くのはなかなか珍しいと思う。だがどうだろう。正直に言ってしまうと,トリオとしてのここ2作の路線は,彼らの音楽的成熟度を示してはいるが,2012年の傑作"Alive at the Village Vanguard"には及ばないのではないかと感じてしまう。よく出来たアルバムであり,凡百のアルバムとは比較にならないクォリティは確実に確保しているのは事実なのだが,ファンは強欲であり,より優れた演奏(あるいはHerschへの期待を体現する演奏)を求めてしまうのである。

これが現在進行形のFred Herschだとすれば,次はどういう路線に行くのだろうか?Keith Jarrettはソロ・ライブの前半はそれこそ現代音楽的アプローチとも言える演奏を行うことが多いが,後半ではよりメロディアスに弾いているように思うが,Herschもそうした感じを狙っているのかと思えないこともない。いずれにしても,Herschの演奏はいつも同様高く評価したいのだが,今回は前作の"For No One"のような曲がないこともあり,敢えて星★★★★としよう。

Recorded Live at Recorded Flagery Studio 4, Brussel on November 24, 2017

Personnel: Fred Hersch(p), John Hébert(b), Eric McPherson(ds)

« ぶちかましのHerbie Hancock(笑)。 | トップページ | The Children of the Light@Blue Note東京: これほど自由度の高い演奏はなかなか聞けない。 »

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

新譜」カテゴリの記事

コメント

Fred Hersch Trio の高揚感たっぷりのハイレベル演奏でしたね。私の印象ではトリオのメンバーが楽しんでいるように聴き取れました。
 こんなにハイにならなくても私にとっては、M5."Britol Fog"のような曲で十分なのですが・・・・と、今後の流れはどうなるのでしょうね。

風呂井戸さん,こんばんは。TBありがとうございます。

レベルの高い演奏ではあるのですが,もう少し美感があってもいいかなっていうのが正直なところです。それでも,これだけ高いレベルのピアノ・トリオはなかなかない訳で,リスナーなんてわがままだなぁと思ってしまいます。いずれにしても,次回の来日はトリオだと思いますので,それを楽しみに待ちたいと思わせるには十分なアルバムだったと思います。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

音楽狂さん、こんにちは。
コメント頂戴しありがとうございました。
ハーシュトリオはジャケットのデザインに表れている通り「これ」というカラーでは表せない演奏で、ストレートにリスナーに入ってこない分かりづらさがあると感じてます。

フレッド・ハーシュが最高なのはなんといってもソロ!と個人的には思っているので、トリオが相対的にもう1歩感(VSハーシュソロ比較で)がつきまとってしまうのは仕方ないとは思ってます。

もしかしたらレーベルをECMあたりにしてみたら、物凄い深遠な作品が生まれそうな気もしてますが・・。

こちらもURLリンク貼らせていただきます。
https://musicpromenade.blogspot.com/2018/05/fred-hersch-trio-live-in-europe.html

とっつぁんさん,こんばんは。リンクありがとうございます。

最近のFred Herschは高みに向かっているという気がしていて,それはソロでも感じられるところではあります。確かにこのトリオ作はテンションが高く,我々がFred Herschに期待する路線からは若干離れつつある部分も感じるのですが,これだけの表現力を有するトリオもそうはない訳で,そのバランスが難しいかなって気がします。

いずれにしても,私はFred Herschのやることは,基本的には全面支持なんですが,聴衆に寄り添う部分がもう少しあってもいいかもしれませんね。

Fredの自伝を読むと分かりますが、彼はリズムというものを最も大切にしているようです。その美しいメロディラインのセンスよりもリズムを大切にするのでしょうね、トリオフォーマットでは。今のトリオは最高に息が合っているし、subtlety からrobustなところまで表現出来ているので、これだけリズム重視でライブ出来るのは素晴らしいと思います。今回はベース、ドラム共に秀逸の演奏と思います。これはECMでは出来ないという感じで私は捉えています。

カビゴンさん,こんにちは。

私もこのトリオの表現力や演奏能力には異論はありません。ただ,リスナーが彼らに求めるものが必ずしも彼らの演奏の方向性と合致しない部分が出てきているような部分があるのではないかと思います。少なくとも私にはそう感じられる部分が多少なりともあります。

それでもやはりこのレベルの高さには脱帽せざるをえませんが,結局音楽には聞く側の好き嫌いが多少なりとも反映してしまうところが難しいところですね。

もしかしたら、ここで聴けるFred Herschの演奏が、Fred Herschの素晴らしさの本質ではないのかもしれないですが、
それでも、ここで聴ける、このパリッとしたFred Herschの演奏を聴く楽しさを実感している。というのが偽らざるところです。

今後のFred Herschレギュラートリオの変化を垣間見ているのか、はたまた、ここだけでの特別な演奏なのか、実に気になります!!

TBありがとうございます。相変わらずのコメント内逆TBさせていただきます。
https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64515051.html

oza。さん,こんばんは。リンクありがとうございます。

多分ですが,Fred Herschはソロでもアブストラクトな演奏を聞かせるようになっていますので,これが多分現在のHerschトリオの進行形の姿なのではないかと思います。

ただ,聴衆の反応を聞いていると,実は多くの人がより美的な部分を求めているようにも感じています。それは私の感情を音に投影しただけなのかもしれませんが。1曲でももう少し親しみやすい曲を入れてもよかったようにも感じられますね。

でもよく出来ていますし,Fred Herschの健康状態が,ここまで復活したことを喜ぶべきなのだと思います。

ハーシュのアルバムをあまり追いかけてはいませんが、半年遅れで買ってみました。個人的には自由度の高い演奏が好きなのと、類似のトリオサウンドってなかなか見当たらないところを見ると、またそのトリオのあうんの呼吸を感じてしまい、自分の中ではけっこう評価は高かったでした。

TBさせていただきますが、また不調につき、後から追いかけます。

910さん,こんばんは。TBありがとうございます。

私も彼らのクリエイティビティは否定しませんし,いい演奏もあると思いますが,もろ手を挙げて最高!って言えなかったっていうのが実感です。それでもやっぱりレベルは高いと思うのですが,これだったら,Anat Cohenとのデュオの方が好きっていうのが本音なんですよねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66739743

この記事へのトラックバック一覧です: Fred Hersch Trioの新作はまたもライブ盤。今度はベルギーでの演奏。:

» フレッド・ハーシュ・トリオFred Hersch Trio「LIVE IN EUROPE」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
[My Photo Album (瞬光残像)]  Spring/2018 (我が [続きを読む]

» Live In Europe/Fred Hersch Trio [ジャズCDの個人ページBlog]
このアルバム、半年ほど前の4月28日には出ていたんだけど、買いもらしてました。実 [続きを読む]

« ぶちかましのHerbie Hancock(笑)。 | トップページ | The Children of the Light@Blue Note東京: これほど自由度の高い演奏はなかなか聞けない。 »

Amazon検索

2017年おすすめ作