2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2016年おすすめ作

無料ブログはココログ

« 英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」 | トップページ | 英国出張中に見た映画:3本目はこの夏公開の"Battle of the Sexes" »

2018年5月17日 (木)

Brad Mehldauの新譜のリリースを前に,古い音源を。

"Live in Boston" Joshua Redman Quartet (Warner Brothers Promotional CD)

_20180513_3"After Bach"が3月にリリースされたばかりのBrad Mehldauだが,トリオによる新作,"Seymour Reads the Constitution!"のリリースが間もなくとなっている。また,その後には奥方Fleurineの新作にも参加しているので,それに向けた心の準備(笑)を整えなければならない。

その前に,古い音源も久しぶりに聞いてみるかってことで,Warnerがプロモーション盤として5,000枚限定で発行したライブ音源を紹介しよう。これは1994年のNew England Conservatoryでの演奏を収めたもので,考えてみればもう四半世紀近い時間が経過している。メンツは当時のJoshua Redman Quartetであるが,今にして思えば,Redman, Brad Mehldau,Christian McBrideにBrian Bladeって凄いメンツである。全3曲,Redmanのオリジナルであるが,2曲は"Mood Swing"からなので,文字通りプロモーション的な色彩が強い。それでも,ライブだけあって,3曲で演奏時間は40分を越えるので,聞きごたえは結構ある。

だが,これだけのメンツである。レベルは高い演奏であるが,Brad Mehldauは現在のような個性を表出するところまでは行っていない感じ,と言うよりもリーダーを立てた助演に徹しているという感覚が強いが,それでも比較的コンベンショナルなセッティングの中で,既にピアニストとしての実力は十分に発揮していると思う。それでも主役はどうやってもJoshua Redmanなのだが。

まぁ,正直言ってしまうと,このCDを探すのは今となっては結構大変だと思うが,あるところにはあるはずである。気長に探して頂ければと思うが,値を吊り上げるセラーもいるので,購入は自己責任でどうぞ(笑)。私は結構早い時期に入手しておいてよかったわ~。

Recorded Live at Jordan Hall at New England Conservatory on December 3, 1994

Personnel: Joshua Redman(ts), Brad Mehldau(p), Christian McBride(b), Brian Blade(ds)

« 英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」 | トップページ | 英国出張中に見た映画:3本目はこの夏公開の"Battle of the Sexes" »

Brad Mehldau」カテゴリの記事

ジャズ(2018年の記事)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198475/66717142

この記事へのトラックバック一覧です: Brad Mehldauの新譜のリリースを前に,古い音源を。:

« 英国出張中に見た映画:2本目は「バリー・シール:アメリカをはめた男」 | トップページ | 英国出張中に見た映画:3本目はこの夏公開の"Battle of the Sexes" »

Amazon検索

2017年おすすめ作